マッチングアプリで付き合うのは「有り!」出会いのコツを徹底解説

マッチングアプリで出会った人と付き合うことが不安だと感じている方は多いと思いますが、そんなこと悩む必要ありません!いまやマッチングアプリで付き合うのはポピュラーな方法なんですよ♪

マッチングアプリで付き合うって…有り?

キャッチ画像294931

マッチングアプリで出会いを探したり、付き合ったりする男女が増えていると聞くけど、これって本当にアリなの…?

そんな風に悩んでいる方は男女を問わずに多いです。そこで今回は、マッチングアプリで付き合うまでの流れや、早く出会いをゲットするためのコツなどを徹底解説していきます。

彼氏や彼女が欲しいけど、なかなか付き合うまでいかない。そんな方はぜひ、こちらの記事を参考にしてマッチングアプリを活用した出会いに挑戦してみてください。

【結論】マッチングアプリで付き合うのは断然、有りです!

キャッチ画像294932

今は3人に1人がマッチングアプリ登録している時代です

マッチングアプリで付き合うなんて、本当にできるの?と疑問に思う方も多いはずです。でも実は、今やアプリやネットを使って出会いを探すのはひとつの出会いの方法として当たり前になってきています。

3人に1人がアプリに登録しているというデータもあり、結婚や恋愛を考えている男女にとっては欠かせないツールとなっているんです。イベントの開催などが減少しているご時世だからこそ、気軽に出会いを探せるマッチングアプリが人気を集めているんですね。

他の方法よりも手取り早い!

マッチングアプリで付き合う方法がなぜ人気なのかというと、やっぱりその手っ取り早さが最大の魅力と言えるでしょう。目的別に相手を探したり、写真で好みの異性を探したりが、その場でできるというのは大きなメリットですよね。

家に居ながら、少しの隙間時間で出会いを探せるので、外出しにくい時期でも安心して異性との出会いを探すことができます。仕事などで忙しい男女にとっても、この手軽さが人気となっているんです。

みんながやってる!人気おすすめマッチングアプリ3選

マッチングアプリで付き合う相手を探したいなら、ファーストステップのアプリ選びがとても重要です。今回は初めてアプリを使う方にも人気の、おすすめマッチングアプリを3つご紹介します。

ハッピーメール

キャッチ画像294933

累計登録数2500万を突破(2021年現在)し、日本最大級の会員数を誇る「ハッピーメール」。創設21年以上の健全な運営実績で、アプリ内で異性と出会えた確率は74.5%の高確率!初めてマッチングアプリを利用する人にも、「使いやすい」と評判のマッチングアプリです。

女性は会員の半数が20代で、30代・40代が残り半分ずつという好バランス。男性は20代~40代がバランスよく在籍していて、幅広い年齢層に支持されています。

マッチングなしで自由にメッセージを送れるアプリなので、サクッと出会いを探したい男女にもおすすめ。24時間365日対応の安心サポート体制で運営しているので、マッチングアプリに不安を感じている方でも本気で付き合う相手を探しやすいアプリとなっています。

基本的に女性無料で利用できるアプリですが、男性は事前にポイントを購入して利用する有料制サービスとなっています。ただし新規登録で最大120ポイントのプレゼントがあるので、まずはこのポイントでアプリの雰囲気をチェックしてみるのもおすすめです。

キャッチ画像294934
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

PCMAX

キャッチ画像294935

創設15年以上の運営実績で、会員数1500万人突破(2021年現在)しているマッチングアプリ「PCMAX」。このアプリの特徴はアクティブ会員数の多さで、写真の投稿数は1日に32000件、出会いの募集書き込みは月間85万件と出会いやすさが魅力のアプリなんです。

「お食事・飲み」や「真剣な恋人」など、目的のジャンルで気になる相手を気軽に探すことができます。またマッチングなしでメッセージを送れるタイプのアプリなので、異性にアプローチしやすいのも特徴。マッチングアプリ初心者でも感覚的に使いやすいシステムです。

もちろん24時間365日体制で、監視・友人サポートなどの安心サービスもしっかり搭載。初めての利用でも安心して使い始めることができます。

女性は基本的なサービスを無料で利用できますが、男性はポイントを購入して利用する有料制サービスとなっています。ただし新規登録時に年齢確認をすることで無料ポイントのプレゼントがあるので、こちらを利用して気になる相手を探してみるのも良いですね。

キャッチ画像294936
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
PCMAXアプリの効率のよい使い方 | WEB版との違いを徹底比較!

マッチドットコム

キャッチ画像294937

世界25カ国で展開し、国内だけでも登録数187万人(2021年現在)を超える「マッチドットコム」。このアプリ最大の特徴は男女ともに月額制の有料アプリという点です。性別を問わずに料金を支払って利用するので、それだけ婚活に対する本気度の高い会員が集まっているんですね。

婚活アプリや婚活サイト感覚で利用している人も多く、身分証や収入証明書などの証明書が提出できるというのも大きな特徴のひとつ。

また独自のアルゴリズムによって、表示される写真を好みかどうか「はい」「いいえ」で答えるだけで、自分のタイプをより精査して異性を紹介してくれる「デイリーマッチ」機能も人気。

仕事などで忙しい方でも、デイリーマッチだけは毎日利用するようにすれば、どんどん好みの異性を表示してもらいやすくなるという訳です。

男女共に月額制のアプリですが、実は無料会員のままでもプロフィールの作成や検索が可能。有料会員になる前に、まずは気になる異性が在籍しているかを気軽にチェックしてみましょう。

キャッチ画像294938
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介 

【コレが定番】マッチングアプリで付き合うまでの流れって?

まずは「いいね」を送ってマッチング

キャッチ画像294939

マッチングアプリで付き合うまでの流れとしては、まず気になる相手に「いいね」を送るのがファーストステップになります。マッチングなしのアプリであればこのステップは飛ばしても構いませんが、マッチングシステムを採用しているアプリなら、まずはこのいいねで相手の心をつかむ必要があります。

自分がいいねした相手からいいねが返ってくると、マッチング成立。そこからメッセージのやり取りなどができるようになります。サクッと出会える相手を探すならマッチングなしのアプリでもOKですが、結婚を前提に付き合うと考えるなら、マッチングありのアプリを選ぶのがベターです。

メッセージのやりとりが始まる

マッチングが成立したら、やっとメッセージのやり取りが可能になります。まずは挨拶から始めて、お互いのプロフィールなどから気になる内容を深堀りしたり、恋愛や結婚におけるこだわりなどを探ったりとコミュニケーションのターンになります。

実際にデートとなった時に相手の情報はあればあるほど有利になるので、メッセージではできるだけ会話を盛り上げて、相手の好みや感性などをしっかりと探っておきたいところですね。

2週間以内にデートに誘う

キャッチ画像2949310

メッセージのやりとりで仲を深めたら、いよいよデートに誘う段階に入ります。期間の目安としてはメッセージを始めてから2週間以内くらいがベストです。短すぎても相手に不信感を与えてしまいますし、長すぎても付き合う前に関係性がグダグダになってしまいます。

デートは男性側から誘うケースが多いので、男性はここぞというタイミングをしっかりと見極めることが重要です。また女性は、相手との信頼関係をしっかりと築いてからデートに応じるようにしましょう。

初デート前にオンラインデートが入ることも

最近ではスマホなどでも気軽にテレビ電話が楽しめるので、実際のデートの前にオンラインデートを楽しむケースも多くなっています。顔を見ながらリアルに話をすることで、初デートに向けて安心感を高めるのがひとつの目的ですね。

マッチングアプリで付き合うとなると、ネット上でしか関わりのない人と会うのは不安と感じる女性も多いはず。オンラインデートを間に挟むことで、相手に対する信頼感を築けるのは大きなメリットになりますよね。

告白は3回目のデートがセオリー

キャッチ画像2949311

オンラインデートや実際のデートを繰り返して、少しずつ仲を深めていくことができれば、3回目のデートが告白をする最大のチャンスです。3回目のデートに応じてくれている時点で、相手はあなたに少なからず好意を持ってくれているはず。

出会いがマッチングアプリからであれば、お互い付き合うことを意識しているケースがほとんどだと思います。3回目のデートの帰り際、告白にベストなシチュエーションを演出して、自分の思いをストレートにぶつけましょう。

付き合うまでの時間が早くなるコツ7つ

「いいね」は自分から送る意識を持つ

キャッチ画像2949312

マッチングアプリで付き合うまでの時間を短くするためには、待ちの姿勢を卒業することが重要です。いつまでも受け身の姿勢のままでいると、マッチングアプリでの恋愛は動きにくいものです。

基本的に気になる人には、積極的にいいねを送る意識をつけてみてください。ただしやみくもにいいねを送ってしまうと、実際にマッチングした時に困るケースも。積極性を持つことは大切ですが、きちんと自分が興味を持てる相手に絞ってアプローチをするようにしてください。

マッチングしないときはプロフィールを変えてみる

どれだけいいねを送ってもなかなかマッチングできない…。そんな時は、プロフィールに何か問題がある可能性が非常に高いです。特に写真はプロフィールの顔でもあるので、写真を変えるだけでマッチング率が高まる可能性も

顔写真はできるだけ雰囲気が伝わりやすく、顔がわかりやすいものを選ぶようにしましょう。知り合いにバレるなどのリスクが気になりスタンプなどで顔を隠す人も多いですが、顔を隠してしまうだけでマッチング率はグッと下がることを覚えておきましょう。

また顔写真だけでなく、自己紹介文を変えることもいいね数やマッチング率に大き関りがあります。プロフィールの項目欄はなるべく埋めて、異性に自分の情報をしっかりと伝えましょう。人気の会員のプロフィール文と比較したり、他の人のプロフィールを参考にしたりするのもおすすめです。

趣味のコミュニティは多めに入っておく

キャッチ画像2949313

マッチングアプリで付き合うまでの時間を短縮するために活躍してくれるのが、コミュニティ機能です。コミュニティが使えるマッチングアプリを利用している場合は、できるだけ数多くのコミュニティに参加するようにしましょう。

自分と趣味の合う相手とはマッチングしやすいですし、話題も出しやすいのでデートに誘いやすくなります。つまりそれだけ、関係が進展しやすいということ。趣味や感性などピッタリくるコミュニティがあれば、遠慮せずにどんどん参加しましょう。

ログイン回数を増やす

マッチングアプリで付き合うためには、やっぱり本気度をアピールすることが大切です。特にログイン回数は、本気で出会いを探していることが周りに伝わりやすいものさしのひとつ。

ログイン回数が多いと、それだけ異性のユーザーに表示がされやすくなるので、忙しくてもできるだけこまめにログインする癖をつけると良いでしょう。

メッセージへの初返信は2時間以内で

キャッチ画像2949314

マッチングアプリでメッセージのやり取りをする際は、できるだけ返信を早くすることも重要です。特に初回の返信が遅すぎると、相手の気持ちが冷めやすくなってしまいます。マッチング成立後のメッセージは、できるだけ早く返すことを心がけましょう。

仕事などでどうしても連絡が遅くなってしまう場合は、メッセージに「仕事でメッセージを確認できませんでした」という分をプラスするのがポイント。早くメッセージを送りたかったという、気持ちのアピールに繋がります。

LINE交換は初デート時がベスト

マッチングアプリで付き合いたいという気持ちが強すぎるあまりに、すぐにLINE交換をお願いしてしまうのはよくあるパターンですよね。でもマッチングアプリのユーザーの中には、実際に会うまでは不安に感じている人も多いんです。

ですから、LINEの交換はできるだけ初デート時まで待つようにしましょう。それまではアプリ内のやりとりでメッセージをして、相手の不信感を取り除くように努めるのがベター。間違っても1通目から、「LINEで話しよう」なんて言うことのないように注意してください。

2回目のデートに繋がれば、ほぼ脈有り!

キャッチ画像2949315

初デートはあまり長すぎないようにセッティングをして、相手に少し物足りなさを感じさせると2回目のデートに繋がりやすくなります。2回目のデートが実現すれば、マッチングアプリで付き合うという夢が叶うまであともう一歩!

初デートはがっつきすぎず、スマートに終えられるよう意識しましょう。休みが合わせにくい相手であれば、仕事終わりのディナーなどでもOKですよ。

付き合うまでにいかないのはなぜ…?7つの理由

プロフィール写真に顔を載せてないから

キャッチ画像2949316

マッチングアプリで付き合うためには、アプリを上手に活用するテクニックも必要です。男性・女性を問わずに、プロフィールに顔写真を載せていない人は、マッチングできない率がグッと高くなってしまいます。

ペットや風景、食べ物の写真などは相手の雰囲気が全く伝わらず、どんな人かわかりにくいのでマッチングしにくいんですね。身バレ防止などでどうしても顔写真を載せたくない場合は、仲良くなったら写真を送りますなどの一文をプロフィールに記載しておくと良いでしょう。

顔写真の撮影の仕方が微妙だから

マッチングアプリのプロフィールにしっかりと顔写真を載せているのに、なぜか付き合うまではいかない…。そんな人に多いのが、撮影の仕方が微妙なケースです。

暗すぎてよくわからなかったり、大勢写っていて誰かわからなかったり。はっきりと顔がわからないとマッチング率は自然と低下してしまいます。顔写真を載せることに抵抗がないのであれば、明るい写真、笑顔の写真、雰囲気が伝わりやすいい写真を選ぶようにしましょう。

人気会員とばかりマッチングしようとしているから

キャッチ画像2949317

マッチングアプリでなかなか付き合うまでいかない人の中には、人気会員ばかりを狙っているケースも非常に多いですね。人気の会員はそれだけ多くのアプローチを受けているので、マッチングできる確率は一般の会員よりも低くなってしまうものです。

理想や条件にこだわり過ぎて人気の会員ばかりにいいねを送っていると、誰ともマッチングできない結果になってしまうことも。顔写真やスペックも大切ですが、コミュニティなどで趣味が合うか、プロフィールなどで性格が合うかをチェックしていいねを送るようにしてみてください。

メッセージ内容が馴れ馴れしいから

初めてのメッセージの内容がタメ口ばかりで、まるで友達に送っているかのような人もマッチングアプリで付き合うまでいかない傾向にあります。初メッセージで馴れ馴れしすぎると、相手からは、チャラい、常識がないといった悪いイメージを持たれてしまう可能性が大です。

初めてのメッセージは敬語が基本で、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。ただし固くなり過ぎな文章だと好印象を持たれにくいので、適度に絵文字や顔文字をプラスして、柔らかさを演出するのもおすすめです。

すぐにデートに誘っているから

キャッチ画像2949318

マッチングアプリで付き合うために、マッチングした相手を片っ端からデートに誘っている。こんな人も、付き合うまではいかないパターンの典型です。マッチングしてすぐにデートに誘ってくる人は、相手から見るとかなり怪しい目で見られるもの。

特に男性の場合は、女性からヤリモクと思われても仕方ありません。見知らぬ相手と2人きりで会うことに、少なからず不安を感じている人も少なくないので、デリカシーのない相手だなと次にいかれてしまいます。

恋活や婚活をするのであれば、デートはメッセージで仲をしっかりと深めてから。これがマッチングアプリの鉄則だと覚えておきましょう。

デート時の服装に問題があるから

マッチングしてデートしてまでの流れは良かったものの、デートが終わってから連絡が取れなくなってしまった。せっかくマッチングアプリでデートまでこぎつけたのに、付き合うまではいかなかった理由は、デート時の服装にあるかもしれません。

どれだけ相手と気が合っても、周りから見て恥ずかしいと思うような服装をしている相手と付き合おうと思う男女は少ないはず。デート時の服装は清潔感が基本で、できるだけベーシックな雰囲気のものを選びましょう。

ファッションに詳しくない場合は、相手の好みの服装を事前に聞いたり、服屋の店員さんやおしゃれな友人に相談してみるのがおすすめです。

デート場所が微妙だったから

キャッチ画像2949319

デートの雰囲気は悪くなかったのに、デート後から相手のメッセージがよそよそしくなった。2回目のデートが断られるという人は、デートの場所に問題があったのかもしれません。

会話も盛り上がったし、外見にも問題なかったと自信があるのなら、デートスポットのチョイスをミスしてしまった可能性が高いです。デートにふさわしくない食事場所や、スケジュールに問題があったケースも考えられます。

相手にデートの問題点を聞き出して、もう一度チャンスをくれるようお願いしてみるのが一番の解決策ですね。この時「デートに慣れていなくて」という一文をプラスするのをお忘れなく。

付き合う前に自然消滅しちゃう原因はメッセージにある!?攻略法4選

マッチングアプリで付き合うまでいかない原因は、やっぱりメッセージが大きいです。デートにまでたどり着けない場合は、失礼なメッセージを送っている可能性も。アプリでメッセージを送る際、気を付けたいポイント4つをチェックしてみましょう。

相手が年下でも敬語は崩さない

キャッチ画像2949320

マッチングした相手が年下だと、ついついすぐにタメ口で話してしまう人は少なくありません。でもマッチングアプリでの出会いは、見知らぬ相手とのやりとり。つまり相手に対する敬意が何よりも重要になるんです。

年齢だけで相手を下に見るのではなく、基本的に敬語の姿勢を崩さないように意識しましょう。それだけでも「きちんとした人だな」と好印象に思ってもらえるはず。相手から「タメ口で」などと言われたら、徐々に口調を崩すようにしてみてください。

メッセージは常に5行以内にまとめる

伝えたいことがありすぎて、ついついメッセージが長くなってしまう人も多いですよね。でもこれは相手にとってメッセージの負担を大きくしてしまう可能性が考えられます。メッセージは基本的に5行以内にまとめて、簡潔に伝えたいことが伝わる文章を目指しましょう。

やりとりをしていく中で相手が長文派であれば、合わせて少しずつ長くしていけばOK。最初のうちはだらだらとしたメッセージを送らないよう気を付けてみてくださいね。

質問はひとつのメッセージの中に1つまで!

キャッチ画像2949321

一度のメッセージの中で、質問をいくつも送ってしまう人は要注意です。質問を複数送られると、全部に答えるのは意外と面倒。さらに1通のメッセージで複数の話題が完結してしまうので、やり取りの回数が自然と減ってしまう傾向にあります。

マッチングアプリで付き合う相手を探すためにも、メッセージをやり取りする回数を多くすることはとても重要。できるだけやりとりを長く行うためにも、ひとつの話の中に質問は1つまでというルールを意識してメッセージを送ってみてください。

相手からの質問にはオウム返しすること

相手から何か質問をされたときは、アンサー+「〇〇ちゃん(君)は?」の一言を入れるのが基本です。オウム返しをすることで、話題も盛り上がり、やりとりも続きやすくなります。

質問に答えるだけで終わっていては、相手から「自分に興味ないのかな」と思われてしまう可能性も。マッチングアプリで付き合う相手を見つけるためにも、メッセージで使えるテクニックをしっかりと身に着けておきましょう。

マッチングアプリで付き合うのは有り!今は当たり前♡

キャッチ画像2949322

マッチングアプリで恋人を探すのは、男女を問わずに当たり前の時代になってきています。

場所や時間を問わずに異性との出会いを探せるアプリは、まさに現代人の恋愛において強い味方になってくれるツール。マッチングアプリで付き合うことに不安がある人も、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)