マッチングアプリの通話攻略法!鉄板の話題と誘うときの注意点

マッチングアプリで出会った相手とデートを成功させる秘訣は”通話”にあった!?事前に通話しておくことでたくさんのメリットがあるんです。

マッチングアプリは通話するべき!成功する話題の出し方とは

キャッチ画像296101

マッチングアプリはメッセージでのやりとりがメインですが、デート前には必ず通話するべき!メッセージ後にすぐ会うよりも、素敵な恋ができる可能性がぐっと高くなるからです。
最近は通話機能付きのアプリも増えているので、プライベートな連絡先を交換することなく通話を楽しめます。

ただ一方で、「話題が思いつかない」「会話が盛り上がらない」など、通話に関しての悩みも少なくないでしょう。そこで今回は、マッチングアプリでの通話を成功させるポイントを解説していきます!記事を参考に、気になる相手と盛り上がってみてくださいね。

マッチングアプリの通話機能を使うメリット

マッチングアプリで通話機能を使うことは、恋活・婚活を有利に進める上で実にさまざまなメリットがあります。「通話は抵抗がある…」と思っていると、実は損してしまうかも!

相手との距離感が縮まりやすい

マッチングアプリで知り合った人とのやりとりは、メッセージが基本。メッセージ機能は手軽に会話ができるメリットがありますが、相手との距離が縮まりにくいツールでもあります。

というのも、わたしたち人間は視覚・聴覚・触覚といった五感からの情報を無意識に重視しているからです。文章だけのやりとりでは相手の人となりがわからず、なかなか距離を縮めることはできないのです。

極端な言い方をすると、相手を「人間」として感じにくいツールというわけですね。
通話ならお互いの声を聞けるため、メッセージよりも相手に親近感を覚えやすく、距離も早く縮まりやすいのです。

相手のことを判断しやすい

キャッチ画像296102

相手のプロフィールとメッセージのやりとりだけでは、その人との相性を見極めるのは困難です。
あなたの周りにも、LINEやメールでの印象と、実際に会話しているときとの印象が異なる人っていませんか?メッセージでは冷たい印象の人も、実際に話してみるとよく笑う明るい人だったというケースはよくあります。

通話機能を利用すれば、相手の性格や人となりを把握しやすく、会話のテンポなどから自分との相性を見極めることもできるでしょう。また、相手の表情や仕草なども確認できるので、ビデオ通話機能を使うのもおすすめです。

デートが成功しやすくなる!

通話越しとはいえ、一度でも会話した相手には心を開きやすくなります。「完全なる初対面」を脱した状態で会えるので、デートの成功確率も高まるでしょう。

もしも通話中に「なにかが違う……」と感じたら、その相手とはデートしても上手くいかない可能性が高いので、そのままフェードアウトするのもOK。デートにこぎつける前にお別れする分、相手に対して時間的・金銭的な負担をかけずにすみます。

通話機能あり!人気のおすすめマッチングアプリ3選

キャッチ画像296103

「通話したほうが良いのはわかるけど、実際に会うまでLINEは教えたくない」と思う場合も多いですよね。そんなときにおすすめなのが、通話機能付きのマッチングアプリです。

通話機能付きのアプリなら、LINEや電話番号など個人的な連絡先を知られる心配は一切なし!すべての操作がアプリ上で完結するので、気軽に通話を楽しめますよ。
今回は通話機能付きアプリのなかでも、とくに評判の良いアプリを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

Pairs(ペアーズ)

キャッチ画像296104

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額1,320円(税込)~
累計登録数 1,000万人
年齢層 20代〜30代メイン
運営会社 株式会社エウレカ

Pairs(ペアーズ)は、20〜30代を中心とした若者から圧倒的な人気を誇るマッチングアプリです。会員数がとにかく多く、現時点で累計会員数は1,000万人を突破!全国各地にユーザーを抱えており、地方でもたくさんの出会いをゲットできます。

Pairs(ペアーズ)で通話をするには、「ビデオデート」という機能を利用します。カメラをオンにしてオンラインデートをすることもできますし、オフにすれば電話として通話だけを楽しむことができます。ビデオデートの良いところは、初めての通話は15分までと制限があるところ。時間制限があることで、手軽に通話を誘うことができますよね!

また、気まずくなってしまったら…話すのが緊張する…といった心配は大きく減らすことができます。2回目からは1時間と時間も延びるので、より相手との距離を縮めることができるでしょう。

キャッチ画像296105
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を徹底解説

マッチドットコム

キャッチ画像296106

基本料金 月額1,690円(税込)〜
累計登録数 187万人
年齢層 20代〜40代メイン
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社

マッチドットコムは、真面目に結婚相手を探したい人におすすめの婚活アプリです。現時点で国内の累計会員数は187万人と人気も抜群。会員の7割は結婚を希望していて、アプリ内で付き合ったカップルの44%は1年以内に結婚している実績もあります。

また、マッチドットコムは「デイリーマッチ」「つながり機能」「シナプス機能」という独自のマッチングシステムを導入しており、自分と相性の良い異性を毎日自動で紹介してくれます。自分から異性を探す必要がないので、仕事などで忙しい人も無理なく婚活できるでしょう。

マッチドットコムで通話機能を利用するときは、マッチトークを使います。マッチトークは、メッセージのやりとりをしたことがある相手で、なおかつお互いに許可をしないと通話することができないため、オンラインデートとしてよく利用されています
特に時間制限はなく、また追加料金が発生することもないので、実際に対面するデート前には、プレデートとして使ってみてくださいね!

キャッチ画像296107
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

マリッシュ

キャッチ画像296108

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額3,400円(税込)~
累計登録数 80万人
年齢層 30代〜50代メイン
運営会社 株式会社マリッシュ

マリッシュバツイチ・シンママ・シンパパなど再婚を応援するマッチングアプリ。婚姻歴のあるユーザーにも人気があります。再婚応援サービスとして、1日に取得できる「いいね数」が多い、ポイント購入時に優遇があるなどのお得な特典も満載です。現時点での累計マッチング数は600万を超えているので、業界内でも評価は高いです。

また、再婚への理解を示す方法として、プロフィールに「リボンマーク」をつけるシステムを導入しています。このマークは「バツイチの人とも出会いたい」という意思表示の意味。再婚への理解がある人が一目でわかるので、「離婚歴あるけど…大丈夫かな?」と気にすることなくアプローチできますよ。

マリッシュで通話機能を利用するときは、「あんしん電話」を使いましょう。純粋に通話機能のみのサービスのため、時間を気にせず相手と電話を楽しむことができます。

キャッチ画像296109

うまくいけば当日の可能性も♡相手を通話に誘うタイミングって?

「アプリで気になる人がいるけど、いつ通話に誘えば良いかわからない」と悩むときもありますよね。相手の都合やライフスタイルを完全には把握できない以上、通話に誘うタイミングは迷ってしまいます。そこでここからは、気になる相手を通話に誘う方法や、ベストなタイミングについて解説していきます。メッセージのやりとりで距離を縮めたら、思いきって誘ってみましょう!

断られにくいのは21時〜23時の時間帯

通話の誘いを断られにくい時間帯は、ズバリ21時~23時!この時間帯はほとんどの人が仕事から帰宅し、食事や入浴などを済ませている可能性も高いですよね。

また、はじめは10分程度の短い時間を提案するのもコツです。会話が盛り上がらなければサクッと切り上げる理由にもなるでしょう。もし会話が盛り上がったら「10分くらいって言ったんですけど、よければもう少し話したいです」といって相手を誘うのもありです。

メッセージのやり取りで盛り上がったタイミング

キャッチ画像2961010

あえて日程などは決めず、メッセージでのやりとりが盛り上がったタイミングで通話に誘うのもひとつの手です。会話が弾んでいるときは相手の気持ちも盛り上がっているはずなので、OKをもらえる確率がグッと高まります。

また、相手からポンポン返信がくる場合は、暇である可能性が大。逆に、返信が途切れがちなときは何か作業をしている可能性もあるので、また日を改めて誘うようにしましょう。

初デートの約束が決まってから

実際に会う約束を取り付けてから、デート前の挨拶的な意味合いで通話に誘うのもおすすめです。デートに応じているということは、すでにあなたのことをある程度気に入っているということですよね。この段階で通話を断られる可能性は限りなく低いでしょう。

「今度のデート」という共通の話題もあるので、当日の待ち合わせやお店などについて通話中に相談し合うのもありです。

間違えるとフェードアウトされます…。通話の注意点!

「通話で一気に距離が縮まった」という人もいれば、「通話後、相手と音信不通になってしまった…」という人もなかにはいます。通話はその人の人となりがわかりやすい分、対応を誤るとそのままフェードアウトされてしまう可能性も十分にあるのです。通話で相手を不快にさせないためのポイントは、チェックしておきましょう。

初会話の時間は、10分〜15分が目安

キャッチ画像2961011

はじめての通話では、だいたい10分~15分を目安にしましょう。メッセージで会話がどんなに弾んだとしても、通話となると勝手が違って、お互い戸惑う部分も多いもの。通話が長引くと、話題がなくなって気まずくなる可能性も高いため、最初は短時間がベストです。

また、自分が相手に好意を持っていると「もっと長く話していたい」と思うものですが、必ずしも相手も同じ熱量とは限りません。「少し気になるかも?」くらいの相手にぐいぐい迫ると、せっかくの恋のつぼみが花開かないまま枯れてしまう場合もありえます。相手との恋を大切に育てるためにも、まずは10分程度で様子を見るようにしましょう。

ビデオ通話の場合は事前に確認を取る

ビデオ通話する場合は、事前にしっかり確認を取るようにしましょう。間違ってもサプライズ感覚で、いきなりビデオ通話をつなぐような暴挙に出てはいけません!
とくに女性の場合はメイクやヘアセットなどの準備が必要なので、ビデオ通話はあらかじめ日程を決めてから行うのが鉄則です。

通話を断られたら即話題を変える

キャッチ画像2961012

通話を断られても、それだけでヘコむ必要はありません。世の中には通話を苦手とする人もいるので、「通話を断られる=脈なし」と判断するのは時期尚早です。

もし通話を断られたら、すぐに話題を変えて明るく振る舞いましょう。相手に「自分の気持ちを尊重してくれてる」という印象を与えることができ、対面のデートへつなげることもできます。

初めての通話なら押さえておきたい!基本の会話の流れ

いざ通話するとなると、一体なにを話せば良いんだろう…と困ってしまうこともありますよね。
話す内容に決まりはありませんが、自分の中で会話のテンプレートをある程度決めておくと安心です。初めて通話するときは、以下のステップで会話を進めるのがおすすめですよ!

お互いの第一印象を言い合う

通話をつなぎ、挨拶を済ませたら、まず最初はお互いの第一印象を伝え合いましょう。通話であれば「キレイな声ですね」「落ち着いた雰囲気ですね」、ビデオ通話なら「優しそうで安心しました」「キレイでびっくりしました」など。相手の話し方や雰囲気、容姿などを褒めるのが鉄則です。

あなたから褒めるワードを発すれば、自然とお互いを褒め合う流れになり、良い雰囲気で通話をスタートできるはず。あまり褒めすぎても嘘っぽくなるので、相手の印象をさらりと伝えてみましょう。

相手の趣味に関する話題を出す

キャッチ画像2961013

初めての通話では、相手の趣味・関心のある話題から会話をはじめるのがおすすめです。
人間は「自分の話を面白そうに聞いてくれる人」に好印象を持つものです。自分が面白いトークを展開するのではなく、相手に気持ちよく話をさせてあげることに意識を集中しましょう。

また、通話前にはプロフィールやつぶやきなどをもう一度確認しておくのも良いですよ。相手が発信した情報を踏まえた会話ができれば、「この人は自分のことをちゃんと気にかけてくれている」という印象を与えられます。

印象が良ければ、デートについての話題を出す

相手の印象が良ければ、デートについての話題を出すのもありです。直球でデートに誘うのも良いですし、話題のデートスポットや普段遊ぶ場所について聞いてみるのも良いでしょう。

また、「通話をしたら、実際にお会いしてみたくなりました」といったように、気持ちを素直に伝えると好印象。ただし、気持ちの押し付けにならないように、相手の反応を見ながらデートに誘いましょう。

通話後にはお礼のメッセージを送る

キャッチ画像2961014

通話を終えた後は、お礼のメッセージを送るのがマナーです。「今日はありがとうございました!とても楽しい時間を過ごせました。」など、簡潔な内容でかまいません。相手に好印象を持ったなら、次の通話やデートの誘いをするのもおすすめです。
お礼のメッセージは通話終了後に送るのが鉄則ですが、夜遅い時間帯の場合は翌朝以降に送信しましょう。

困ったらとりあえずコレ!盛り上がる定番の話題8選

アプリの通話でよくある失敗パターンとして、「会話の内容が思いつかず、沈黙の時間が長くなってしまった」ということが挙げられます。メッセージでやりとりしていたとはいえ、実際に話すとなると話題選びに困ってしまいますよね。こうした失敗を防ぐためにも、通話中の話題はあらかじめ決めておくのがおすすめです。

ここからは、初めて話す相手とも必ず盛り上がる、定番の話題を紹介していきます。
「初対面の人と話すのが苦手」「通話中、相手との距離を縮められない」と悩んだときは、参考にしてみてくださいね!

①共通の趣味は鉄板ネタです

共通の趣味に関する話題は、誰が相手でもハズレない鉄板ネタです。人間は、自分と共通点の多い相手に対して親近感をおぼえるもの。また、「趣味の合う恋人が欲しい」と考えている人は多いので、恋活・婚活アプリでは”同じ趣味”というだけでアドバンテージを取れます。

ここで注意したいのが、絶対に自分の知識をひけらかさないこと。恋人とは「あくまで楽しく趣味を共有し合いたい」と考えている人が大半なので、上から目線で語られると一気に冷められてしまいます。お互いの「ハマリ度」が異なる場合も、まずは相手のレベルに合わせましょう。

②休日の過ごし方

キャッチ画像2961015

「休日の過ごし方」も鉄板ネタのひとつなので、相手を選びません。また、休日を過ごす場所やシチュエーションにからめて、デートに誘うこともできるでしょう。

また、休日の過ごし方を聞けば、相手の人となりをチェックすることができます。一人で過ごすのか、友人と過ごすのか、心と体を休めることを重視するのか、勉強や自分磨きを欠かさないのか、など。休日の過ごし方には、その人の趣味趣向や性格、ライフスタイルなどが色濃く反映されるのです。

③お酒や食事の好みについて

“食”にまったく興味がない人はほとんどいません。お酒や食事の好みについて聞けば、自然と会話を弾ませることができるでしょう。また、食は生活と密接な関わりがあるため、最近話題のレストランや、よく行くカフェ、自炊の頻度など、話題をどんどん広げることができます。

お付き合いをする上で、食の好みや食への関心度はとても重要。「せっかくのデートなら美味しいものが食べたい」という人と、「ある程度美味しければなんでも良い」という人では、お互いに不満を抱えてしまうケースも少なくありません。あらかじめ食に関する認識を確認しておけば、相手との相性を見極めることにもつながります。

④旅行に行った場所or行きたい場所

キャッチ画像2961016

旅行は非日常を味わえる大きなイベントだからこそ、ついつい人に話したくなるもの。これまで行った旅行先や、次に行きたい場所について聞くと、多くの人は楽しそうに語ってくれます。
自分も行ったことのある場所なら話題を共有できますし、行ったことがない場所でも相手にどんどん質問できるので、高確率で会話が弾む鉄板トークです。

⑤好きな映画や本を聞く

映画鑑賞や読書を趣味としている人は多いので、好きな作品や気になる作品についてたずねてみるのもおすすめです。とくに映画は詳しくなくても「あの作品が話題ですね」「次回作は◯年後に公開らしいです」といったように会話が膨らみやすく、映画館デートにつなげることもできます。

⑥親密度が高ければ仕事の話もアリ

キャッチ画像2961017

相手とある程度親しくなっている場合は、仕事に関する話題を振るのもありです。
プライベートな話題だからこそ、仕事に関する考え方や悩みを共通することで相手との距離感を一気に縮めることができます。
「立派なお仕事ですよね」「おしゃれなイメージです」など、相手の仕事内容を褒めるような一言も忘れずに添えましょう。

⑦地元や出身地を質問

地元や出身地に関する話題なら、相手の年齢や職業に関係なく切り出すことができます。
その際、ただ出身地をたずねるだけでなく「海の幸が美味しいイメージです」「◯◯っていう観光スポットがありますよね」など、なんでも良いので自分の中にある印象を伝えるようにしましょう。

また、地元をピンポイントで特定するのは嫌がられる可能性が高いので、あくまで都道府県トークまでに留めるのがおすすすめです。

⑧本当に困ったら世間の旬ネタを出して

キャッチ画像2961018

話題が見つからなくて本当に困ったときは、世間の旬ネタで切り抜けましょう!
「◯◯に新しい商業施設ができる」「◯◯選手が新記録を打ち出したらしい」など、明るい話題を選ぶのがベターです。ただし、初手で切り出すのはちょっと不自然なので、あくまで会話が盛り上がらないときの最終手段にとっておきましょう。

ちなみに、この話題だけはNGです。

「通話後にいつもフェードアウトされてしまう泣」という人は、話題選びを間違っていないか振り返ってみましょう。以下のような話題は、異性に嫌われてしまう可能性が大です。

下ネタ

まだ付き合ってもいない異性に対して、下ネタを繰り出すのは絶対にNG!下ネタを発した時点で「軽い」「遊び目的」「常識がない」などネガティブな印象をもたれてしまいます。ほんの冗談のつもりでも、下ネタを織り交ぜるのはやめましょう。

今住んでいる場所など個人情報が漏れる話題

キャッチ画像2961019

住所や勤め先など、個人情報を聞くのもNG。あなたにそんなつもりがなくても、相手に余計な警戒心を抱かせてしまいます。直接的な質問だけでなく、最寄り駅や通勤ルートが特定できそうな話題も避けたほうが無難です。

相手と仲良くなるとついプライベートな話をしたくなりますが、少なくとも初回デートを終えるまでは個人情報に関する話題は控えておきましょう。

過去の恋愛ネタ

過去の恋愛ネタは「相手の恋愛観がわかる」「共通の話題になりやすい」といった側面もありますが、人によってはかなり嫌がられます。相手はあなたと恋愛をはじめようとしているのに、元カレや元カノについての話題は良い気分になるものではありません。
過去の恋愛について話すのは、もう少し関係性が深まってからにしましょう。

アプリでの恋活・婚活状況を聞く

キャッチ画像2961020

「今まで何人くらい会いましたか?」「他に何人とやりとりしてるんですか?」など、アプリでの恋活・婚活状況を聞くのは失礼にあたります。相手は今、まさにあなたとの関係性を深めようとしているのですから、他の人とのやりとりについてたずねるのはマナー違反です。気になるとは思いますが、そこはこらえましょう。

電話した相手が微妙だった場合はどうすればいい?

「メッセージでは良い感じだったけど、実際に話してみると微妙だった…」という経験は、アプリで恋活・婚活をしていれば誰しもあると思います。そんなときは、以下の対応を取るのがおすすめですよ。

急ぎの電話が入ったとその場を切り上げる

「もう通話を続けるのもツラい…」という状況なら、急ぎの電話が入ったと言ってひとまずその場を切り上げましょう。「上司から仕事の連絡が入った」「こんな時間に母から電話がきたので気になる」など、急いで折り返さざるを得ない状況を作るのがベターです。

通話後にお礼メッセージだけ送って、そのままフェードアウト

キャッチ画像2961021

無事に通話を切り上げることができたら、翌朝にお礼のメッセージを送ります。通話を切った直後に送ると辻褄が合わなくなるので、「翌朝、状況が落ち着いたからアプリが開けた」という”てい”を装います。

お礼のメッセージを送ったら、後はそのままフェードアウトしましょう。だんだんと返信の頻度を落としたり、仕事が忙しいことをアピールするなどしながら徐々にフェードアウトするのがおすすめです。

デートの約束をしている場合は断りのメッセージを

もしも相手とデートの約束をしていた場合は、お断りのメッセージを送りましょう。
通話で「ないな」と感じた時点で、実際に会ったところで、印象が好転することはめったにありません。理由をあえて言う必要はないので、「都合が悪くなった」と言ってそのままフェードアウトしましょう。

通話はまだちょっと…誘われたけど断りたいときに使える理由2つ

「相手のことは嫌いじゃないけど、通話はもう少し待って欲しい」という場合は、相手をムッとさせることなく穏便にお断りしたいものですよね。最後に、通話はまだちょっと…というときにおすすめの断り方を紹介します。

正直に「もう少しやりとりしてから」と伝える

キャッチ画像2961022

相手に誠意を伝えたいなら、あれこれ言い訳をするよりも「もう少しやりとりしてからにしたい」「人見知りしてしまう」など、素直に理由を伝えるほうが吉。その際、「今度はこちらから誘いますね」など、相手と通話したい意思を伝えることも大切です。

「今から話せない?」と誘われたなら、電話できる環境にいないことを伝える

相手から突然通話に誘われたけど、気持ちの準備ができていない…そんなときは、電話ができる環境ではないことにして、その場を切り抜けましょう。

たとえば「今日はまだ残業中で職場にいます」「実はいま急遽帰省しているんです」といったように、時間的にも状況的にも余裕がないことをアピールしましょう。

マッチングアプリの通話は話題次第で2人の関係が加速します!

キャッチ画像2961023

通話は、2人の関係性を一気に深める絶好のチャンス。相手の人となりや相性を見極めることもできるので、デート前に積極的に活用したいところです。
通話機能付きのアプリなら、個人的な連絡先を交換することなく安心して通話を楽しめますよね。「アプリで気になる人がいるけど、いまいち距離が縮まらない」というときは、通話機能を利用して親密度をアップさせましょう!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)