マッチングアプリで付き合う流れを解説!アプリ恋愛の攻略法とは

マッチングアプリで付き合う男女は多い♡

キャッチ画像296371

現在、マッチングアプリを使って付き合いを始めるカップルは急増中ですよね!
忙しい現代人が、毎日の中で出会いを探すならマッチングアプリを使うのは効率的だからです。

それに、マッチングアプリって他の出会い方よりもカップルになりやすい理由があるんです。
まだマッチングアプリを使ったことがないなら、一度は試してみるべきかも!

今回はそんな、マッチングアプリを使って付き合うまでの流れを解説していきます。また、つまずきやすい問題点やその改善方法も紹介していくので、参考にしてみてください。恋人がいないなら、アプリで作るのがおすすめですよ〜!

マッチングアプリでカップルが成立しやすい理由

目的が同じだから恋愛関係に進展しやすい

マッチングアプリは、お互いに恋人を探している人同士が登録しているので、交際に至る可能性がが非常に高いんです。職場や趣味のサークルなどで出会っても、結婚していたり恋人がいたり、独身だったとしても「恋人は今いらない…」なんて人もいるので効率が悪いですよね。
マッチングアプリなら、初めから恋人や結婚相手を探している人と出会えるので進展も早いです!

登録人数が多い=出会いのチャンスが多い

キャッチ画像296372

マッチングアプリで出会える異性の人数は、他の出会い方の倍あります。会員数が多いマッチングアプリを選べば、その分だけ出会いの数やチャンスはもっと多くなるでしょう。

友達の紹介や合コンなどの場合は、一回に知り合える人数にも限度がありますし、一人一人と話しながら条件を確認していくので、見極めるのにも時間がかかってしまいますよね。その点マッチングアプリを使えば、まずプロフィールを確認することができるので効率的なのは間違いありません。

本当に付き合えた!の口コミ多数【おすすめマッチングアプリ】4選

マッチングアプリと一言に言っても色々な種類があり、使ったことのないとどれを使っていいか迷ってしまいますよね。そんなときは、ここから紹介していくアプリを試してみるのがおすすめです。どのマッチングアプリも知名度、人気度は抜群なので初めての利用でも安心です。

まず登録してみるなら「Pairs(ペアーズ)」

キャッチ画像296373

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額1,320円(税込)~
アプリ評価 iPhone/4.2|Android/3.3
累計登録数 1,500万人
年齢層 20代〜30代メイン
運営会社 株式会社エウレカ

 Pairs(ペアーズ)は、現時点で累計会員数が1500万人を突破している超大手マッチングアプリ。とにかく会員数が多い人気のアプリなので、地方でも出会いがあると評判は高いです。
特に20代~30代前半の会員が多いため、恋人を見つけるにはぴったりのアプリでしょう。

またPairs(ペアーズ)を使うなら、コミュニティ機能を利用するのがおすすめです。アプリ内には約10万ものコミュニティが存在しているので、趣味や価値観が合う人を探しやすいのがメリット!最初から話が弾む相手なら、より関係はスムーズに進展するはずです。

キャッチ画像29637420代女性
初めてマッチングアプリを使うので、広告でよく見かけていたPairs(ペアーズ)を試しに使ってみることにしました。facebookの友達は表示されないって書いてあったし、知り合いにもバレづらいかなと思って。私は地方在住なので、使ってる人数少なくて微妙なんじゃないかと心配してたんですけど、バッチリ今の彼氏と出会うことができましたよ!

キャッチ画像296375
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を徹底解説

アラサーの恋活には「ゼクシィ縁結び」

キャッチ画像296376

登録料 無料
基本料金 月額2,640円(税込)~
累計登録数 140万人
年齢層 20代〜30代メイン
運営会社 株式会社リクルート

ゼクシィ縁結びは、婚活寄りの恋活をしたい20代後半~30代に人気のアプリです。結婚を意識した出会いが欲しい!と考えている男女が登録しているので、相手と気持ちの温度差が少なく付き合うことができるでしょう。結婚雑誌「ゼクシィ」のブランド効果から、会員の質がいいと業界内でも評価は高いです。累計会員数は現時点で140万人と、人気も安定しています。

また、ゼクシィ縁結びはマッチングした時点でコンシェルジュがデートの日取りを設定してくれるため、相手と会うまでの流れが他のアプリよりもスムーズなのも大きな特徴ですね。

キャッチ画像29637730代男性
ゼクシィ縁結びは運営会社が大手で、安心できそうなので使うことにしたんです。男女同額ってところも、女性の真剣度が高いかなと。価値観マッチという自分と価値観の合う相手をアプリが選んでくれるんですが、今の奥さんはその中にいたんですよね。

キャッチ画像296378
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
ゼクシィ縁結び利用者のリアルな口コミ評価|料金・利用者・使い方のすべて

真剣度の高さで選ぶなら「マッチドットコム」

キャッチ画像296379

基本料金 月額1,690円(税込)〜
アプリ評価 iPhone/3.4|Android/3.3
累計登録数 187万人
年齢層 30代〜40代メイン
運営会社 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社

マッチドットコムはアメリカで生まれた婚活アプリ。世界的にサービスを展開していて、日本でも現時点で187万の累計登録数があります。年齢層は20代後半~40代と結婚適齢期の男女がメインです。会員の7割は結婚を希望していて、アプリで付き合ったカップルの44%は1年以内に成婚している実績があります。

マッチドットコムはプロフィールを登録すると、毎日トップページに自分に合う相手が検出されます。もちろん、自分で条件を絞って探すこともできます。月額有料制ですが、相手検索と登録自体は無料でできるので、どんな相手がいるのか試しにチェックしてみるのもアリですよ!

キャッチ画像296371030代女性
私は再婚希望だったので、真剣な出会いを求めてマッチドットコムに登録しました。条件や価値観の合う人を慎重に探したいと思ったからです。他アプリと同時進行していたのですが、マッチドットコムはひとつの出会いを大切にしている会員が多いと感じました。結果的にこのアプリで知り合った彼と結婚前提にお付き合いをしています。

キャッチ画像2963711
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!
▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

年齢を重ねても出会いはある!「ラブサーチ」

キャッチ画像2963712

登録料 無料
基本料金 女性:無料
男性:月額2,000円(税込)~
累計登録数 160万人
年齢層 20代〜40代メイン
運営会社 株式会社オープンサイト

ラブサーチは、30代以降で真剣な出会いを求めている男女におすすめの婚活アプリです。
ブログやコミュニティなどの機能があるので、SNS的な使い方もできます。お誘い掲示板を使えば、初めて会うときは複数人で会う…ということも可能ですよ。本人確認などの安全対策も徹底されているため、安心して使えます。

会員の88%以上が4か月以内に異性と出会っている実績もあるので、期間を決めて試しに使ってみるのも悪くないでしょう。また他のマッチングアプリと違い、「いいね」不要でメッセージを送れるため、出会いに積極的な会員も多いです。

キャッチ画像296371340代男性
友達でラブサーチを使っている人がいて、評判が良かったんで使い始めました。同年代の女性が多いので、相手を探しやすかったです。若い子ばっかりのアプリだと、マッチングできないことも多かったので。とりあえずメッセージを送れるのも、僕は使いやすかったです。マッチング待ちするより、関係の進展もやっぱり早いですよね。

キャッチ画像2963714
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
ラブサーチ完全調査!口コミ評価と使い方、料金から出会いのコツまで

マッチングアプリで付き合うまでの平均期間はどれくらい?

キャッチ画像2963715

マッチングアプリで付き合うまでにかかる時間は、平均2〜3か月です。
アプリでの恋人探しは短期決戦であることを覚えておきましょう。

特に一番出会いが多いのは、最初の1か月!多くのアプリでは「新規会員」として検索上位に表示されることも多いです。新規会員は基本的に人気があるので、この期間に相手を見つけられるようにスタートダッシュを頑張ることが大切かもしれません。

実際に「付き合うまでの流れ」を徹底解説!

ここからは、実際にマッチングアプリを利用して付き合うまでの流れを解説していきます!
ちなみに、筆者もこの流れで恋人をゲットすることができました…泣!

アプリの出会いは人気のため、暗黙のルールが存在しています。この流れさえ覚えてしまえば、恋人を作るのはそう難しいことではありません。

①気になる人に「いいね」を送る

まず、マッチングアプリで条件検索やアプリのおすすめから気になる人がいたら、プロフィールを確認します。とりあえずはパッと見の印象で選んで、そこから相手のプロフィールを読みます。

基本的に「いいね」の数は、初月はボーナスでたくさんもらえることも多いです。いいなぁと思ったら深く考えずに、自分から「いいね」を送りましょう。女性は、男性から「いいね」がくる場合も多いので、そこから選ぶ人もいます。

②いいねが返ってくればメッセージがスタート

キャッチ画像2963716

相手から「いいねありがとう」を返してくれるとマッチング成立となり、相手とのトークルームが開設され、すぐにメッセージのやりとりができるようになります。

基本的に最初に「いいね」を送った側から「マッチングありがとうございます」と挨拶のメッセージを送るのが基本です。ただ、自分でもいいなと思う相手や人気会員相手の場合は、気づいたときに「いいねありがとうございます」のメッセージを送るのもアリです。

③メッセージのやりとりを1週間ほど続ける

ここからは、メッセージのやりとりをしながら、相手がどんな人なのかを互いに理解を深める期間です。マッチングが成立したからと、恋人同士になれるわけではありません。ここで彼氏・彼女面をすると引かれてしまうので注意しましょう。

基本的に敬語を使い、相手の名前にはさん付けをして丁寧な対応を心掛けるのが、関係を進展させるコツです。筆者は女性ですが、いきなりタメ語でメッセージを送ってくる男性には、失礼な人だと思って返信しないことも多かったです。

④「会ってみよう」とデートの約束をする

キャッチ画像2963717

メッセージのやりとりが始まれば、次はデートの約束です。やりとりを開始して、すぐにデートの話をするのはNGですが、しなさすぎるのも脈なしと思われ自然消滅してしまうこともあります。

できれば1週間~2週間以内には、「会おう」と誘うのがおすすめです。一緒に行ってみたいお店などの話をそれとなく出して、自然にデートに行く話題になるようにしてみましょう。もちろん、女性側から誘ってもOKです。

⑤リアルデート前にオンラインデートを入れる

最近は、オンラインデートの機能を使えるマッチングアプリが多いです。サイト内でテレビ電話を使い、顔を見ながら話せる機能ですね。特に女性はヤリモク男、男性は飯モク女などの餌食にならないために、2人で直接会うリアルデート前にオンラインデートを入れるのが暗黙のルールです。

初めて会ったときの「写真と違う…」という外見詐欺も防げるため、意外とオンラインデートは重要な項目です。ネット上であっても一度顔を見た相手には親近感も生まれるため、本番のデートが成功する可能性も高くなります。

⑥1ヶ月ほどデートを重ねる

キャッチ画像2963718

オンラインデートの後、話が弾めば自然にデートの約束になると思います。直接会うことができたらLINEなど直接の連絡先を交換し、マッチングアプリ以外でもやりとりをして仲良くなりましょう。

ただ、マッチングアプリではデートの同時進行はあるあるです。2回目、3回目のデートを重ねるまでは気を抜いてはいけません。2人の距離感や温度感を大事にしつつも、1か月ほどはデートとメッセージのやりとりを重ねていきましょう。

⑦3回目のデートで告白が一般的

アプリの出会いでは、一般的に男性から告白することが多いです。そのため、告白までのデート回数を多くしすぎても女性側が「この人、付き合う気あるのかな…?」と不安になってしまう場合も。

多くの場合は3回目のデートまでに付き合うかどうかを決めているカップルが多いです。
お互い、マッチングアプリと出会った相手と3回以上会うとなると「付き合いたい」と思っている意思表示と見てよくなります。

3回目のデートのときには、告白する気持ちでデートプランを考えておきましょう。
もちろん、女性から告白するのも悪くはありません。

【アプリ攻略法】初心者がつまづく3つの問題と改善方法

キャッチ画像2963719

アプリで付き合う流れはなんとなくわかっていても、「そこがうまくいかなくて困ってるんだよ~!」と思った人もいますよね。そこでここからは、アプリ初心者がつまづやすい3つの問題と、その改善方法を解説していきます。

メッセージを送るときのちょっとした工夫やプロフィールの修正をするだけで、マッチングアプリで付き合うことは可能になるでしょう。

①「いいね」がこない…。マッチング率が悪いときの対処法

アプリを始めたてのときにまず悩むのが、「いいね」がこない問題ですよね。
「いいね」がこなければマッチングは成立しないため、アプリで出会うのが難しくなってしまいます。やっぱり外見が…なんて自信を失いそうになりますが、実は美醜よりもプロフィールの載せ方がアプリでは問題の場合が多いのです。

プロフィール写真を撮り直す

いいねがこないときは、まずは使っているプロフィール写真を変えてみましょう
例えば、どんなに可愛く、またカッコよく写真が撮れていても、それが自撮りだった場合はアプリでの印象は悪くなる場合があります。

プロフィール写真が自撮りの人は、まずは友達に他撮り写真を撮ってもらいましょう。また、趣味をしているところの写真など、普段の雰囲気がわかる写真を使うのもおすすめです。上記のポイントを踏まえた写真に変更するだけでも、いいね数は変わってくるでしょう。

自己紹介文を見直す

キャッチ画像2963720

自己紹介文が「〇〇です。真剣に彼女探してます。よろしくお願いします」など定型文のような内容しか書かれていない場合は、見直しが必要かもしれません。何を書けばいいか迷ってしまうことも多いですが、短文の場合も印象は悪くなります。

自己紹介文は、何系の仕事をしているか、休みの過ごし方(もしくは趣味)、恋人とはどう付き合っていきたいかの3項目は必ず入れるようにしましょう。この3つで、人柄はある程度想像ができるでしょう。なるべく200文字以上になるよう構成していくのもポイント。アプリでは長文の自己紹介は本気度が高いと見られる傾向があるからです。

趣味のコミュニティに参加する

趣味が同じだと、初対面であっても話題に困ることが少ないですよね。アプリでもそれは同じです。趣味のコミュニティにはなるべく多く参加しましょう。趣味に関する形でメッセージも送れるため、出会いのきっかけになりやすいのです。また、入っているコミュニティから相手の雰囲気がわかることもあるため、自己PRにもつながるでしょう。

ログイン回数を増やす

キャッチ画像2963721

マッチングアプリを始めたら、ログインは毎日しましょう。ほとんどのアプリには、会員のピックアップ機能が搭載されていますよね。アプリのトップページやコミニュティのページには、ログインの多い会員が優先的に表示されることがあります。つまり、ログイン回数が多いと、それだけ相手に自分のプロフィールが表示されやすくなる可能性があるのです。

また、ログインしていると恋人を探していることがわかるため、本気度が高いことも伝わりやすくなります。基本的にログイン回数が多い方が「いいね」がきやすく、マッチングもしやすいのです。いいねがこないときは、ログイン回数をあげていきましょう。

「いいね」する相手を平均以下にする

いいね数が多い人気会員はやはり惹かれるものが多く、いいねを送りたくなる気持ちになりますよね。しかし、そういった人気会員にいいねを送っても、実は返ってくることは少なめです。いいね数が多い会員は、他ライバルからもいいねがたくさんきているために、スルーされてしまうことが多いからです。

いいねをもらいたいときは、いいね数が平均以下の相手を狙うのがおすすめ。いいね返しをしてきてくれる確率は、圧倒的に上がります。

②メッセージが続かない…。デートにたどり着けないときの注意点

マッチングまでいっても、その後のメッセージが続かない…というパターンもアプリにはあるあるです。デートまでたどり着けない場合は、以下のポイントを見直してみましょう。

返信は2時間以内が基本

キャッチ画像2963722

メッセージの返信は、あまり時間を空けすぎるとよくありません。基本的にアプリのやりとりは数人と同時進行で進んでいるため、返信が遅いと印象も薄くなってしまいます。ライバルに先を越されてしまい、仲良くなる前にフェードアウトされてしまうことも…。

特にマッチング当日から1週間程度は、返信の頻度や速度は多めの早めにすることが大切。
仕事をしていたら即レスは難しい場合もあると思いますが、隙間時間を見つけるたびにマメに返事を返すことが相手の心を掴むポイントになります。

送るメッセージは2行以上3行以内を意識

メッセージのやりとりを長く続けるには、長文を送らないことがポイントになってきます。長文への返信は、「面倒だな」と思われやすいからです。特に長文のメッセージが続くと、やりとりを負担に感じてしまうでしょう。かといって1行の短文でメッセージを送るのも、「コミュニケーションをとる気がないな」と思われてしまうので要注意です。

送るメッセージは、基本的に2行以上3行以内を意識するのが大切。また、質問は1つのメッセージで1つに留めましょう。毎回メッセージであれこれ質問ばかりするのではなく、1つの話題を出したら、しばらくそれを掘り下げるのがやりとりが長く続くコツです。

メッセージはオウム返しの質問で構成する

キャッチ画像2963723

相手のことを理解していることを印象付けるのに有効なのが、オウム返しです。オウム返しすることで、相手は共感されたように感じるため、距離は縮まりやすくなります。

特に相手から質問されたときは答えを書くだけではなく、「〇〇さんはどう?」とオウム返しの質問を取り入れると、話題に困ることはありません。

デートの約束をしてもやりとりは続けること

特に男性に多いのですが、デートの約束をとりつけるとそこで満足してしまい、その後の連絡が疎かになる人がいます。たとえデートの約束を取り付けたとしても、メッセージのやりとりは続けましょう

やりとりがない間に、相手の気分が変わることはよくあることだからです。ドタキャンやフェードアウトされてしまう原因にもなるでしょう。デートの約束をしたからこそ、より深いコミニュケーションをメッセージで取り続けることは、実は非常に大事なことなのです。

③デートが初回で終わる…。次のデートを約束できるテクニック

デートまで相手とできたら、付き合うまではあと一歩ですよね。しかし、そのデートが1度で終わってしまうことも、アプリの悩みとして出てきます。デートが続かなければ、恋人になることは結果的にできません。次のデートを約束するために、初デートで意識したいポイントをおさえておきましょう。

初デートは2時間で終わらせる

キャッチ画像2963724

初デートは短めに設定しておくのが、次のデートにつなげやすくなるコツです。もうちょっと話したかったな…と相手に思わせられれば、次のデートの話題も出やすくなるでしょう。どんなに話が盛り上がったとしても、初デートは一度引く姿勢が後々で役に立ってきます。目安としては2時間以内に終わらせるのがおすすめです。

相手のプロフィールをよく読んでおく

相手の情報は、前もってよく確認しておきましょう。初デート前に、相手のプロフィールはよく読みこんでおくのがおすすめです。趣味や休日の過ごし方など、話のネタになりやすい情報も多いので、当日の会話もスムーズに進みやすいでしょう。

また、そういった相手の情報を話題に出すことで、「真剣に考えてくれているんだな」と良い印象を与えることができます。

無難な服装を心がける

キャッチ画像2963725

初デートとなると、どうしても服装は気合いが入ってしまうものですが、無難な服装を心がけましょう。誰にでも似合って、誰からも印象が良い服装にすることが大事だからです。

女性は明るい色のブラウスとスカートやワンピース、男性は無地の白シャツにパンツを合わせるスタイルが無難と言えます。髪型やメイクなども、派手さよりも「地味かな…」と思うくらいが、相手には好印象を与えます

次のデートの誘いは数日以内にする

次のデートの誘いは、可能ならその日の帰り際にするのが良いでしょう。言い出せなかった場合でも、数日以内には連絡するのが、2回目デートのOKをもらうコツになります。初デートの余韻があるうちに誘ってしまわないと、印象はどんどん薄れていってしまうからです。

2回目デートの誘いは男女問わず、どちらから言っても問題ありません。積極的に次のデートの約束は誘っていきましょう。

マッチングアプリで付き合うのは意外と簡単かも…!

キャッチ画像2963726

マッチングアプリで出会って付き合いまで発展するのは、他の出会い方よりも簡単なことが多いです。もし、うまくいかない…とつまづいたときは、今回紹介したポイントを参考にしてみてくださいね!

この記事で紹介した優良サービス
交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)