大人女子のためのWebメディア
検索

【妊活コラム⑦】排卵タイミングを計ることの大切さ

妊娠できるタイミングというのは、女性側の排卵のタイミングを計る必要があります。というのも、妊娠は、女性の排卵が起こって、そこに精子が受精して起こることです。そのため、女性が排卵しない限り、いくら行為に及んでも妊娠は成立しないのです。

妊娠活動スタイル

 

赤ちゃんを望む方は、旦那さんと行為をしますよね。
普通はお互いの愛を確かめあう行為として行うことですが、早く赤ちゃんと出逢いたいがために、機械のように行為を行うカップルやご夫婦も、実は多いのです。

妊活コラム

そのため、嫌々行為をすることで、どんどんカップルの間に愛情がなくなるというケースも散見されます。
それなのに、赤ちゃんがいつまでたってもできない。
妊活中の人にとっては最大の悩みですよね。

 

妊娠できるタイミングというのは、女性側の排卵のタイミングを計る必要があります。

というのも、妊娠は、女性の排卵が起こって、そこに精子が受精して起こることです。
そのため、女性が排卵しない限り、いくら行為に及んでも妊娠は成立しないのです。

 

 

排卵のタイミングを計りましょう。

 

では、排卵のタイミングはどのようにして計ればよいのでしょうか。
基本的には、基礎体温を測ったり、オリモノの状態をみたり、排卵検査薬の使用をしたりします。

 

まず、基礎体温での確認ですが、女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれています。
通常、排卵が起こるころには高温期にはいり、月経がはじまる直前に低温期にはいります。
規則正しく、基礎体温を測っていて、月経周期が毎月順調にきているのであれば、この基礎体温を確認して排卵が起こるタイミングを計ることができます。

 

 

オリモノの状態からも排卵タイミングを計ることができます。

 

また、オリモノの状態としては、排卵が起こるあたりには、オリモノの粘り気が強くなります。
これは、もしも卵子が受精すれば、子宮内膜でしっかりと受精卵をキャッチできるようにするためです。
そのため、オリモノを指で伸ばすと5センチほどの長さに伸びるくらいの粘り気がでます。
これを目安に排卵タイミングを計ることができます。

 

さらに、排卵検査薬の使用です。
薬局に置いている排卵検査薬を使用すれば、自分が排卵しているかどうかを確認できます。

そして、この排卵タイミングを見計らって、パートナーと行為をすれば、妊娠できる確率がグッと上がります。
妊活中の人は、自分の排卵タイミングを一度確認してみてくださいね。

 

Photo by Vive La Palestina 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。