大人女子のためのWebメディア
検索

【妊活コラム⑰】仕事と妊活との関係

最近は結婚しても共働きという家庭が増えてきましたよね。しかも、子供ができるまでは稼ぎを第一に考えて、パートよりもフルタイムの仕事、残業もバッチリするという女性が多いです。仕事をやめると、自分の時間ができて、趣味に励んだり、ゆったりとした生活を送ることもできます。そんな余裕のある生活が、月経リズムも整えてくれて、妊娠へと導いてくれますよ。

妊娠活動スタイル

最近は結婚しても共働きという家庭が増えてきましたよね。
しかも、子供ができるまでは稼ぎを第一に考えて、パートよりもフルタイムの仕事、残業もバッチリするという女性が多いです。

ただ、妊活中の女性にとっては、少なからず仕事が負担になることがあります
というのも、仕事をしていくうえでは、どうしてもストレスが切り離せない状態です。

妊活とストレス

責任感のある仕事ならなおさら、精神的な負担にもなってきます。

また、残業の多い仕事であれば、不規則な生活が続いて、食事もままならないということもあるでしょう。

もちろん、このような生活でも妊娠できる人もいますが、ストレスや生活習慣の乱れから月経異常が起こって、妊娠しにくくなる人もいます。

 

また、不妊治療をしている人であれば、排卵日前後の通院や検査通院などで仕事を休まなければならなくなることもありますよね。

休むたびごとに会社に理由を説明するのも辛いことでしょう。

 

そこで、妊活中の人は思い切って、仕事をセーブすることをお勧めします

フルタイムで働いている人であれば、パートタイマー勤務のように時間を短くするだけでも、生活習慣を規則正しく送れます。
また、仕事に関するストレスも多少なりとも減るでしょう。

このように転職することで、実際に妊娠したというケースもあります。

 

他方、仕事を通じて多大なストレスを抱えてしまっている人は、いったん休職や退職を考えてみてもいいかもしれません。
妊娠しやすい体というのは、リラックス状態が続いており、ストレスフリーな生活を送っていると自然にもたらされてきます。

仕事をやめると、自分の時間ができて、趣味に励んだり、ゆったりとした生活を送ることもできます。
そんな余裕のある生活が、月経リズムも整えてくれて、妊娠へと導いてくれますよ。

※関連する記事

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。