大人女子のためのWebメディア
検索
2014年10月09日更新

【妊活コラム⑧】妊活とダイエット

妊活中の人には、できることならダイエットをやめてほしいんです。正直に言うと、声を大にしてこの言葉を伝えたいくらいです。というのも、私自身がダイエットを機に、不妊原因をつくってしまいました。今、ダイエットで月経が止まっている人は、通常の食生活に正すことで月経が来て、妊娠できるようになるかもしれませんよ。

妊娠活動スタイル

 

ダイエット、それは女性にとって永遠のパートナーですよね。
女性であれば美容や体型などを気にする方が多いように思われます。

もちろん、モデルさんのようにほっそりとしている女性は、洋服もきれいに着こなしていて美しいですよね。

 

ダイエットが不妊の原因になることも。

 

実際に、私も思春期以降、雑誌などを参考にしてダイエットを続けてきた部類の人間です。

だけど、妊活中の人には、できることならダイエットをやめてほしいんです。
正直に言うと、声を大にしてこの言葉を伝えたいくらいです。

というのも、私自身がダイエットを機に、不妊原因をつくってしまいました。
流行のファッションに身を包みたい!モデルさんのようなほっそりとした体型になりたい!と思い、ひたすら食事制限と日々の運動にいそしんでいました。

すると、自然に体重が落ちていきました。

そして……ほどなく、月経が止まってしまったのです。

月経が止まる=排卵ができていない証拠=妊娠できない状態。
原因は、言うまでもなく、食事制限による栄養失調でした。

 

 

過度なカロリー制限していませんか?

 

運動量にもよるのですが、20歳から40歳代の女性にとって必要な摂取カロリーは

一日当たり2000キロカロリーと言われています。
そして、ダイエットを試みる人が摂取すべき目安としては、一日に1500キロカロリーほどと言われています。
ただ、ダイエットを続けていくと、体重が減るのが面白くて、ついついカロリーを制限しがちになるんです。
すると、一日に1000キロカロリーを下回る日が続くこともあります。
そうなると、体は非常事態だと思い、まずは自分の生命を維持しようと働き始めます。
そのため、月経が止まってしまうのです。
ですから、最低限必要なカロリーは摂取しておくべきだといえます。

 

 

ダイエット、中断してみませんか?

 

さらに、幸運にも妊娠できたとして、出産へ向けて妊娠を維持するためには、ある程度の脂肪分を蓄えておく必要があります
母親の体のエネルギーを栄養として胎児は育っていきます。
また、胎児が育つ子宮を守ってくれるのが脂肪分です。
そのため、一番妊娠しやすい体型は、多少ぽっちゃりしている体型だとも言われています。

妊活

スリムな体を手に入れるのも良いですが、可愛い赤ちゃんと出逢うためにも、ちょっとだけダイエットを中断してみませんか。
今、ダイエットで月経が止まっている人は、通常の食生活に正すことで月経が来て、妊娠できるようになるかもしれませんよ。

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。