大人女子のためのWebメディア
検索

女性ホルモンの分泌をUPさせる方法

女性ホルモンは妊娠の成立において大切な働きをしているため、きちんと分泌されていることが大切です。そこで今回は、どうすれば女性ホルモンの分泌をUPできるのかについてご紹介しましょう。女性ホルモンは妊娠だけでなく女性の健康維持の鍵を握っています。分泌量のUPとともに分泌バランスを崩さないような生活を意識しましょう。

女性ホルモン

女性ホルモンは妊娠の成立において大切な働きをしているため、きちんと分泌されていることが大切です。

そこで今回は、どうすれば女性ホルモンの分泌をUPできるのかについてご紹介しましょう。

 

女性ホルモンってなに?

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも言われ、卵巣の中で眠っている卵胞の成長を促す作用をします。

性交渉の後に精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促したり、子宮内膜を厚くする働きもしています。

もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンは黄体ホルモンとも言われ、主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をやわらかくしたり、体温を上げる働きをします。

 

女性ホルモンの分泌をUPさせるには?

 

どちらの女性ホルモンも分泌の指令は脳の視床下部が出しています。

この脳の視床下部という部位はストレスにとても弱く、ストレスを受けすぎるとすぐ指令に乱れが出てしまいます。

すると生理周期をコントロールしにくくなって生理不順や無排卵といった妊娠しにくい原因をつくってしまうことになるのです。

ストレスをためないよう上手に解消しつつ、次のようなことも意識すると良いですよ。

 

・適度な運動

ウォーキングやストレッチなどゆっくり呼吸しながらできる運動をすると、血流がよくなって体があたたまり、女性ホルモンの分泌が低下していた場合は分泌量を高めることができます。

 

・イソフラボンを摂取する

豆腐や納豆などの大豆製品に含まれるイソフラボンは、エストロゲンに似た分子構造を持っています。

エストロゲンの分泌量が減ってくるとそれをカバーし分泌量UPを助ける働きをするといわれていますので、積極的に摂るといいでしょう。

 

・たっぷり睡眠をとる

睡眠不足が続くと自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れやすくなります。

6~8時間程度の睡眠を毎日とって脳の視床下部の働きをよくすると、女性ホルモンの分泌量が増やせますよ。

 

女性ホルモンは妊娠だけでなく女性の健康維持の鍵を握っています。

分泌量のUPとともに分泌バランスを崩さないような生活を意識しましょう。

 

 


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。