大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • 自律神経の整った妊婦でいるため〜マタニティヨガ・ピラティスの...
2015年10月08日更新

自律神経の整った妊婦でいるため〜マタニティヨガ・ピラティスのススメ

マタニティヨガには、妊娠中の自律神経を整えるためのストレッチングがたくさん組み込まれています。「安産」のためというのも良いのですが、「自律神経の整った妊婦でいるため」という意識をもって、ゆっくりエクササイズを続けてみて下さい。妊婦自身が快適にマタニティ期を過ごす事が「胎教」という点でも大いに有効なのではないでしょうか?

マタニティーヨガ

マタニティエクササイズは、「安産のため」と妊婦さんが取り組みますが、実際、マタニティエクササイズに取り組めば、「難産」にならないというわけでもありません。

 

ただ、妊娠が発覚してからのマタニティ期である約8~9か月間に、女性の身体の中で、いろいろな変化が起きる事で、精神的にも、肉体的にも、普通ではいられない時期がでてくるものです。

 

妊娠中はやはり、母として赤ちゃんが元気かどうか不安を感じる事が度々あり、自分自身の体調や気分がすぐれなかったり、ホルモンバランスの変化や血液量の変化、体重の変化による腰痛や頭痛、肩こりや足のつり等の症状が続く事もあります。

 

普段、自身の体調や気分の浮き沈みをコントロールできていた女性も、妊娠すると自分の身体は自分だけのものではなくなります。「自分の身体は自分が一番よくわかっている!」と無理をすることは禁物なのです。

 

妊娠前に、自分にきびしく活動していた方こそ、分からないことだらけになるマタニティ期に不安を感じるのかもしれません。

 

マタニティ期は敏感です。

そのため、自立神経を崩しやすい時期です。

 

マタニティヨガやピラティスのエクササイズには、妊娠中の自律神経を整えるためのストレッチングがたくさん組み込まれています。

「安産」のためというのも良いのですが、「自律神経の整った妊婦でいるため」という意識をもって、ゆっくりエクササイズを続けてみて下さい。

 

余裕のある時間にDVDで行うのもよし、教室に通うのもよしです。

妊婦自身が快適に、気持ちよくマタニティ期を過ごす事が、「胎教」という点でも大いに有効なのではないでしょうか?


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • 自律神経の整った妊婦でいるため〜マタニティヨガ・ピラティスの...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。