大人女子のためのWebメディア
検索

妊娠をめざすならこの食材をとろう!

妊活中の食事には何かと気を使うもの。同じ食事をとるなら体によくて妊娠率をアップさせてくれる食材を選びたいですよね。そこで今回は妊娠をめざす上で積極的に食べたい食材をご紹介します。 妊活中の食事のポイント なるべく早く妊娠したいと思っているなら、妊娠しやすい体をつくることが大切です。

17230515_s

妊活中の食事には何かと気を使うもの。同じ食事をとるなら体によくて妊娠率をアップさせてくれる食材を選びたいですよね。そこで今回は妊娠をめざす上で積極的に食べたい食材をご紹介します。

 

妊活中の食事のポイント

 

なるべく早く妊娠したいと思っているなら、妊娠しやすい体をつくることが大切です。そのポイントとしては体をあたためる力を持っている食材を選ぶことです。

体を温める食材を増やすと同時に体を冷やす食材を使う頻度を減らすといいでしょう。また「○○がいい」と聞くとついその食材を続けて使いたくなりますが、あくまでも食べる回数を増やすという程度の感覚でとらえましょう。

こだわりすぎるとかえって栄養バランスが崩れやすくなって必要な栄養成分が不足する可能性がありますし、何より食事づくりが苦痛になってストレスがたまってしまいます。

気負わずに食材選びをしてくださいね。

 

妊活中におすすめの食材とは

 

では妊活中に積極的に食べたい食材を具体的に挙げていきましょう。

 

○根菜

土の中で育つ根菜類はもともとミネラル成分が高く、カロリーも低く抑えられる良質な食材です。また体をあたためる効果をもつものが多いのも特徴的ですね。

特ににんじんやさつまいもは体をあたためる効果が高いといわれていますので、煮たり蒸したりして食べるといいでしょう。

 

○大豆食品

大豆にはもともと女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た成分が含まれています。エストロゲンが不足していると卵子が成長しにくくなったり質が低下したりしますので、サプリメントなどの摂取に抵抗がある人は納豆や豆腐などを継続して食べるといいでしょう。

 

○魚

魚に含まれるDHAやEPAといった成分は抗酸化作用があり、健康維持のために大切な成分といわれています。体をあたため血行をよくする鮭、ホルモン生成を活発にするイワシやニシンなどがおすすめですよ。

 

これらの食材を食べれば必ず妊娠できるというわけではありませんが、積極的に食べることで栄養バランスがとれて体調が整えば自然に妊娠できる確率は上がるはず。

毎日のことですから食材選びは意識しておきたいですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。