大人女子のためのWebメディア
検索

妊婦さんの体型維持トレーニング ~妊婦でもトレーニング可能?!~

妊婦さん向けに、妊娠中の体型維持トレーニングの紹介です。出産時のいきみに必要な筋肉も強化できます。特に最近の妊婦健診では、体重増加に対して厳しく指導があることがいわれています。安定期に入ると、少し安心感が増し、マタニティエクササイズを始める妊婦さんが多くいらっしゃいます。

「妊娠中はできるだけ安静に身体を大切に」というのはもちろんの事ですが、妊婦だから何もしてはいけないわけではありません。

特に最近の妊婦健診では、体重増加に対して厳しく指導があることがいわれています。安定期に入ると、少し安心感が増し、マタニティエクササイズを始める妊婦さんが多くいらっしゃいます。

ただ、妊婦さんによっても体力に違いはあります。

ずっと仕事を変わりなく続けている方もいれば、家で寝たきりの方もいらっしゃいます。

今回のエクササイズは、比較的元気な妊婦さんにむけてのエクササイズです。

妊娠中、一日の内にウォーキング(仕事中含む)を2~3時間行っているくらいの活動レベルの妊婦さんは、身体も身軽です。

そんな妊婦さん向けに、妊娠中の体型維持トレーニングの紹介です。

 

また割スクワット

 

まず、両腕を左右に伸ばし、両足をその両肘の幅くらいにひらけて立ちます。

足の指先は外側に向けて下さい。

マタニティーヨガ2

両膝を曲げて、おしりと両手を地面にむけてできるところまで下ろしていきます。

マタニティーヨガ3

バランスが悪いかたは前につかまるものを用意しておいてください。

マタニティーヨガ

下まで下がったら、両足の裏でしっかり地面を押して、膝を伸ばして立ち上がります。

 

7~15回、呼吸を止めずにゆっくりと脚の筋肉を使って続けてみて下さい。

このエクササイズは脚全体と股関節(脚の付け根)、おしりの筋肉のトレーニングです。

出産時のいきみに必要な筋肉も強化できます。

妊娠中、雨天で外出できない日などに、身体のメンテナンスとして取り組んでみて下さい。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指し専門学校へ進学。卒業後、スポーツチーム専属のトレーナーとして10年間活動。NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)取得。その後、ピラティス・マスターストレッチ・ZUMBA、インドリシケシにてYOGAの資格取得。結婚を機に自身のスタジオを閉鎖し、現在はイタリア在住。Twitter:https://twitter.com/Yokopozzer
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。