大人女子のためのWebメディア
検索
2015年11月11日更新

30代は病気予備軍!30代女性がかかりやすい4つの病気

30代になると体調がすぐれないと病院に通う女性も多いようです。体調不良もなかなか戻らず、病気にかかりやすいと言われている30代ならではの4つの病気があります。その理由と原因をご説明していきます。早い段階から規則正しい生活習慣や食事などに、気をつけて過ごしましょう。

30代女性がかかりやすい病気

30代になると体調がすぐれないと病院に通う女性も多いようです。体調不良もなかなか戻らず、病気にかかりやすいと言われている30代ならではの4つの病気があります。その理由と原因をご説明していきます。

 

30代は病気予備軍

 

30代になると20代の頃の無理なダイエットや崩れた生活習慣の影響で、一見、元気に見えても生活習慣病の予備軍がいるといいます。「私は痩せてるから大丈夫」と安心していても、内臓脂肪が多かったり、肝臓が弱っていたり…と、安心はできません。30代になったら、一度人間ドックを受けることで、病気の早期発見につながります。

 

 

女性ホルモンの減少

 

 「若年性更年期」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、最近では30代でもホルモンのアンバランスや卵巣の機能低下により、生理不順、めまい、ほてり、だるさ、などの更年期の症状を訴える人が多いといいます。早い人だと30代で閉経してしまう人もいるそうです。

 

疲労からの体調不良

 

30代になると仕事では重要なポジションについている人もいるでしょうし、結婚している人は家事や育児に追われることでしょう。それぞれに違う形でストレスも溜まりますし、疲労しやすくなります。

しかし、息つく暇もないくらいに忙しいと、気分転換やストレスを発散する時間もなく、知らず知らずのうちに心身に負担がかかっています。

 

女性が気をつけたい4つの病気

 

①甲状腺に関する病気(バセドー氏病、橋本病)

②女性特有のガン(乳がん、子宮頸がん、卵巣がんなど)

③骨粗しょう症

④糖尿病などの生活習慣病

 

などが挙げられます。20代からの生活習慣や食生活の乱れ、無理なダイエット、おしゃれのために薄着をしていた、などの歪みが30代になると、体調不良として現れてしまうのですね。

また、女性は30代になるとホルモンバランスも乱れる確率も高くなり、自律神経などの乱れも伴い、心身に不調を訴えることが多くなります。これらを改善するには、早い段階から規則正しい生活習慣や食事などに、気をつけて過ごしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。