大人女子のためのWebメディア
検索
2015年12月29日更新

【新年開運風水】2016年「土の気の年」へ意識をスイッチ!

風水では、2016年2月4日から、「二黒土星」の一年が始まります。ひと月の間に、「木の気」の年から「土の気」の年へ意識をスイッチしておくことが、運気の波に乗るために不可欠!あたらしい自分の「土台」を創っていく、そんな一年を過ごしていきましょう。

風水style生活

こんにちは!Achikaです。2015年ももうすぐ終わり…。

そして風水では、2016年2月4日から、「二黒土星」の一年が始まります。

ですからこれからひと月の間に、「木の気」の年から「土の気」の年へ意識をスイッチしておくことが、運気の波に乗るために不可欠!

大きくくくると、「時間の流れ」がイケイケ!スピードモードから、ゆっくりゆったりコツコツモードへ…。

22582316_s (1)

 

2015年は「東の年」。

東に上る朝の太陽は、地平線を越えるやいなや、周囲はパーッと一気に明るくなりますね。そんな風に、ぐずぐずしないでパッパと行動することが、「東の年」に欠かせない開運行動でした。

人間で言えばやんちゃな少年のように、ちゃっちゃと動いてぐんぐん成長していく…。そう、「木の気」の表す「成長」もキーワードでしたね。

 

さて、皆さん、2015年はどんな年でした?

きっとどなたも、全力で、後ろを振り返るイトマもなく、目の前のことをこなし続け、追われるように走り続けていらしたのでは。

それはあたかも、伸ばした枝を上へ上へと伸ばしてゆく、真っすぐな「木」のように。

そして気が付けば去年より少し、「成長」したあなたが今そこにいるのではないでしょうか。

 

対して2016年は「南西の年」。

暖かな日差しが穏やかに差し込む「午後の時間」です。

せかせかするのは似合いません。

どっしりと構えて、すべてを包み込むような優しさ…。

そう、人間で言えば、「お母さん」のイメージでしょうか。

焦らず、騒がず、…そして何事にも柔軟に対応してゆく姿勢が求められます。

「柔軟性」…「土」は乾いて固くなりすぎてもぽろぽろと崩れてしまうもの。

「こうでなくっちゃ」はNGです!

 

それと同時に、「成長」するために吸い付くし、使い果たした根っこの周り…

土台の「土」を見直して、栄養を補ってあげる時でもあります。

だってこれまで蓄えてきた「あれこれ」は全部使って出し切って、

頑張ってきたんですもの!

ここでもう一度自分の「根っこ」に目を向けて、周りの土に肥料をやって耕しておかねばなりません。

だから「不足しているものを補ってあげる」よう、食べ物で言えば栄養、もしくは

新たな目標を達成するために必要な知識、…

そういった「今の自分に足りないもの」が何かを考え、取り入れてあげることが大切です。

 

その過程はきっと地道な作業…。

「南西方位」は「努力」や「根性」を表す方位でもあります。

たとえ誰にも認められず、努力を続けなければならない時も、遠い光を見つめながら、「コツコツと」歩みを進めて参りましょう!

 

そのためには時々ちょっと立ち止まって考えてみる時間…「3時のおやつ」ではないですが、ちょっとゆっくりして、お茶でも飲んで、くつろいで休息する時間も重要。

もちろん夜の「睡眠」も大切です。

 

「家の中」を整えることも大事

そして自分の「ベース」となるもの…「普段の生活=日常」や「家庭や家族」、当たり前のようだけれど、もしそれが無ければ「自分」が成り立たない、そういったモノの大切さをかみしめるときでもあります。

 

例えば家族のためにお菓子を焼いてみる…そして「美味しい」と喜んでくれるご主人やお子さんの笑顔に癒される…そんな日常の「ちょっとしたこと」に感謝し、慈しむことが、何より大切な年なんですねー。

 

だから普段を過ごす「家の中」を整えることも大事。

特にチェックしたいのは「収納」と「リビング」。

 

収納は必要な物を取り出しやすく、機能的に使いやすく。

「南西の年」は「実用的」であることも求められます。

 

「リビング」も「土の気」に属する場所です。

もちろん飾りたいのは、「家族の写真」。

フォトフレームも(土から作られた)陶器製を。

「絵皿」を飾るのもおすすめ。

デザインは「ルーツ」を象徴する「民族的なもの」。

エスニックな雰囲気のものや、アジアン風、フォークロア調、もちろん和風もOK。

また「南西」は「実り」を表す方位でもあるので、フルーツ柄もおすすめ。

いつも食卓にフルーツを置いておくのも良いでしょう。

 

「座ってくつろげる」場所を確保するのも大切。

ソファや椅子が擦り切れたり、ガタガタしてきていたら、新調しておきましょう。

上に乗せるクッションも、フカフカで座り心地の良いものを。

 

「土の気」は低い所に宿りますので、センターラグなど敷物も大切です。古びていたら、買い替えを。落ち着いた気持ちになれるブラウンやベージュ系、また芝生の上でくつろぐ感じになれるグリーン系もおすすめです。

 

いかがでしたか…?

これまで全力疾走してきたあなたも、いまここで少し立ち止まり、「等身大」のあなたを見つめ直してみましょうね。そして1年後、…さらに九星が一巡りする9年後、「どんなあなた」になっていたいですか?そのために今の自分に足りないものは何ですか?そんな風に自問自答し、土を掘り起こし、耕し、栄養を与えながら、あたらしい自分の「土台」を創っていく、そんな一年を過ごしていきましょう。…ではまた!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

風水セラピスト。住宅鑑定風水師。整理収納アドバイザー2級。 ホテルのバンケットプランナーとPCメーカーのテレマーケ勤務を経て、夫の転勤に伴い退職。以後2児の子育てと介護の傍ら、6回の引越し。小林 祥晃先生、李家幽竹先生ほかの本を読みあさり、新居の間取りに合わせた風水を実施。体験から得たお悩み解決ワザをお伝えしていきます。ブログ「風水美宅」:https://www.fusui-bitaku.com/ ・Facebook:https://www.facebook.com/pages/Achika-Kaihaku/867090026648701
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。