大人女子のためのWebメディア
検索

覚えておきたい!妊娠率を左右する女性ホルモンの基礎知識

女性ホルモンという言葉は聞いたことがあっても、女性ホルモンって何だろう?と考えるとよく分からないという人も多いかと思います。そこで今回は女性ならば理解しておくべき、女性ホルモンの基礎知識をご紹介していきましょう。生理や妊娠のしくみをきちんと理解しておくことも大人女子ならば重要です。

女性ホルモンという言葉は比較的ポピュラーですよね。

しかし女性ホルモンって何だろう?と考えるとよく分からないという人も多いかと思います。

女性ホルモンは女性の健康の鍵を握る大切なもの、今回は女性ホルモンについてご紹介します。

そもそも女性ホルモンって何?

ホルモンとは、生命を維持するためのさまざまな働きをコントロールしているとても重要な役割を果たすものです。そんなホルモンの中の一種が女性ホルモンです。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

 

エストロゲンは卵巣の中にある卵子を成長させたり、子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすいよう準備を整える働きをします。

生理が始まった直後から排卵前後にかけて分泌量が増えていきます。

 

もうひとつのプロゲステロンは、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜の厚みをキープしたり体温を少しだけ上げて子宮周りの血流を増やす働きをします。

排卵が終わってから次の生理が始まるまで分泌量が増えます。

 

つまり排卵と生理の開始を境に2種類の女性ホルモンは分泌量を調整しているのです。

女性ホルモンの役目って何?

女性ホルモンの役目は「常に妊娠するための準備を行う」これに尽きます。

前述した女性ホルモンの働きでも分かるように、卵子を成長させる・排卵させる・子宮内膜を厚くさせる・体温を上げるといった妊娠に向けた働きを担っているのです。

 

妊娠の希望の有無にかかわらず、女性の体は妊娠するために毎月同じ体調リズムを繰り返しています。

女性ホルモンがバランス良く分泌されると正常な生理周期が形成されて、女性本来の体の機能を保つことにつながります。

 

逆に女性ホルモンの分泌バランスが崩れると生理周期が乱れ、生理のさまざまな異常だけでなく不快な症状が出てきます。

そして妊娠そのものが難しい、いわゆる妊娠率の低下につながっていくのです。

 

このように女性ホルモンは女性にとってとても重要な働きをしています。

健やかな毎日を過ごすためには女性ホルモンの分泌バランスを整えることが近道だといえるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。