大人女子のためのWebメディア
検索

20〜30代でも現れる若年性更年期障害って!?原因と予防法を知っておこう

更年期障害なんてまだまだ自分には関係ない、と思っていませんか?でも違うんです。日々感じる単なる体調不良だと思っているその症状、もしかしたら「若年性更年期障害」かもしれません。 更年期障害という言葉はほとんどの人が耳にしたことがあると思いますが、若年性更年期障害とは全く別物。若年性更年期障害はホルモンバランスとも大きく関係しているんです。

更年期障害なんてまだまだ自分には関係ない、と思っていませんか?

でも単なる体調不良だと思っているその症状、もしかしたら「若年性更年期障害」かもしれません。

そもそも更年期障害とは

更年期障害という言葉はほとんどの人が耳にしたことがあると思いますが、具体的にご存知でしょうか?

まずは更年期障害について、きちんと理解しておきましょう。

女性の閉経前後、約10年間ほどの期間を「更年期」と呼びます。

日本人女性の閉経は平均50歳前後と言われているので、早ければ40代くらいから月経不順や冷え症、頭痛、顔のほてりなどの更年期障害症状が表れる方もいるでしょう。

原因のひとつとして女性ホルモンのエストロゲンが急激に減っていくこと。

歳を重ねるごとにエストロゲンが減少していき、閉経に繋がります。

エストロゲンの分泌量ピークは20代で40代になるとピーク時の半分にまで減少。

閉経に向けて急激に減少していくことが、更年期障害の症状である体調不良に繋がるというわけです。

若年性更年期障害とは

本来であれば更年期障害にはならない20.30代の年齢の方が、更年期障害と似ている症状に悩まされる人が増えてきています。

更年期障害と症状がほぼ同じということから、若い世代がなる更年期障害として「若年性更年期障害」という呼び名になったわけですが、原因は全く異なります。

若い世代では閉経に向けてエストロゲンが急激に減少するにはまだ早いですから、当たり前ですよね。

若年性更年期障害の原因として考えられているのが、ストレスや生活習慣の乱れ、過度なダイエット、初潮年齢の若年化など。

自立神経が乱れたり、体内のリズムが狂うとホルモンのバランスが崩れ、更年期障害の様な症状が出るのです。

若年性更年期障害の症状チェック

思い当たる症状はありませんか? まずは自己診断してみましょう。

 

・生理不順や不正出血がある

・頭痛や胃痛がある

・肩こりや腰痛がある

・体の疲れが抜けない、だるい

・手足は冷たいのに顔だけ暑くなる

・体のふしぶしが痛い

・めまい、耳鳴りがする

・些細なことでイライラする

・眠りが浅い、寝つきが悪い

・動機や息切れがすぐ起こる

・肌荒れが治らない

・便秘や下痢になりやすい

・注意力や集中力が低下した

・笑うことが減った

・些細なことで泣いてしまう

・仕事や家事をさぼりたくなる

・人と話すことが面倒くさい

・気持ちが落ち込むことが多い

・急に不安な気持ち、劣等感に襲われる

・抜け毛や白髪が増えた

・著しい体重の変化がある

・食欲がない

・トイレに行く回数が増えた

 

何個も当てはまったからといって、若年性更年期障害だと決めつけるのはまだ早いです。

あくまでも、自己診断です。

もしも体調不良や上記の項目に当てはまる症状が多く、辛い場合が続くのであれば、病院できちんと診てもらうことをオススメします。

体調不良であればまず内科を受診することが多いかと思いますが、もし内科にかかっても症状が改善されない場合は婦人科を受診しましょう。

予防方法

若年性更年期障害は稀な早期閉経でない限り、ホルモンバランスの崩れによって起こります。

ですので、ホルモンバランスが崩れない様に気をつけていれば予防になると言えるでしょう。

規則正しい生活を送ること、これが1番の予防法です。

栄養バランスのとれた食事をして、適度に身体も動かす、良質な睡眠をとる。

自分ではストレスが溜まっている気がしなくても、知らず知らずのうちに溜まってしまっているかもしれませんので、定期的にリフレッシュする時間を設けるのが◎。

自分のストレス発散方法を見つけて、とにかく溜め込まない事が大切です。

消化する事が難しいのであれば、いかに上手にストレスと付き合っていくかを考えてみるのも良いかもしれません。

又、女性ホルモンと似た働きをしてくれる「イソフラボン」を積極的に摂るのもオススメです。

 

更年期障害と若年性更年期障害は呼び名こそ同じものの、原因は全く異なり、別物です。

単純に症状が似ているというだけです。

まだ、更年期障害になる年齢ではないからと放っておくのはよくありません。

忙しい日々の中でも、自分の身体や心の声によく耳を傾けてあげましょう。

 

written by tomo.


このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。