大人女子のためのWebメディア
検索

30代から始める、女性ホルモンとの上手な付き合い方

年齢を重ねるにつれ、気になってくる女性ホルモン。

でも実際は、あまりよく分からない…何をどうすればいいの?という悩みを抱える方が多いのも事実です。

そこで今回は女性ホルモンとの上手な付き合い方をご紹介します。

 

美女

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは、ホルモンと呼ばれる物質の中で、女性の性腺に大きく関与しているホルモンの事を言います。

大きく分けて卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類に分類されます。

大豆イソフラボンの化学構造式が女性ホルモンのエストロゲンにそっくりで、その働きもエストロゲンに似ていることから、「大豆イソフラボンは女性ホルモンを増やす」とも言われています。

別名「美のホルモン」と呼ばれるエストロゲンには、お肌を整えて気分を明るくしてくれる作用もあります。

 

バランスが崩れると…

ホルモンバランスが崩れると、様々な部分で身体に影響を及ぼします。

 

・生理不順
・生理痛
・不正出血
・PMS(月経前症候群)
・自律神経失調症
・不妊
・更年期障害
・肌荒れ、ニキビ

 

生理がきたというだけでブルーな気分になりがちですが、生理は女性のホルモンバランスを知る大切な周期です。

ホルモンバランスが崩れていないかのセルフチェックには、まず生理周期や生理痛などに着目してみましょう。

 

女性ホルモンの量を知るには

女性ホルモン検査を婦人科などで受け、自分の女性ホルモンの量を知ることが出来ます。

ホルモン検査とは、採血を行い、その血液中のホルモンの量を調べるという検査です。

 

・エストラジオール(エストロゲン)の検査
・プロゲステロン(黄体ホルモン)の検査 
・FSH(卵胞刺激ホルモン)の検査
・LH(黄体形成ホルモン)の検査
・プロラクチンの検査
・AMH(アンチミューラリアンホルモン)の検査

 

など、様々な検査方法があります。

血液検査は…と抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、数値でホルモンバランスを知ることで、その後の対策もお医者様からアドバイスが頂けるので、ホルモン検査を受けた事がない方は1度調べてみてはいかでしょうか。

正しい値を知って、ホルモンバランスを見直しましょう。

 

30代から女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンはとても繊細です。

ストレスや不規則な生活、食生活の乱れ、睡眠不足、過度なダイエット、更年期による影響など、様々な要因がホルモンバランスを崩す原因となります。

ホルモンバランスが崩れる原因に、心当たりはありませんでしたか?

女性ホルモンを増やす為に、豆乳をたくさん飲んでも、生活リズムが崩れていると女性ホルモンの分泌の支持を出す脳が正常に働いてくれません。

ホルモンバランスの乱れの原因は人それぞれです。

自分のホルモンバランスの乱れの原因を解決することが一番です。

忙しい現代ですが、ランチのひとときにでも美味しく、彩りのあるお料理を楽しく食べて、女性ホルモンとお腹を満たしましょう。

女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンを含む納豆や豆腐、そして女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6を含むマグロ、カツオ、レバー、ナッツ類、ビタミンEを含むアボカド、かぼちゃなどをバランスよく積極的にとることをお勧めします。

カフェでマグロ納豆アボカド丼なんていいですね。

自分の身体の状態を正しく知り、女性ホルモンと楽しく付き合っていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。