大人女子のためのWebメディア
検索

インナービューティで妊娠しやすい身体づくりを

結婚して時間がたつと、家族を作りたい!と願う人は多いのではないでしょうか。 なかなか授からず妊活を始めたりと、悩んでいらっしゃる方も多くいます。 そんな方に是非お薦めしたい普段からできること、気を付けたいことを紹介したいと思います。

結婚して時間がたつと、家族を作りたい!と願う人は多いのではないでしょうか。

なかなか授からず妊活を始めたりと、悩んでいらっしゃる方も多くいます。

そんな方に是非お薦めしたい普段からできること、気を付けたいことを紹介したいと思います。

 

19866101_s

身体の冷えがホルモンに影響

冷え性や低体温だと、血液のめぐりが悪くなっていきます。

血液、身体のエネルギーの素となる栄養素や酵素、身体を整えるホルモンなどを運んでいるので、 これらがうまく身体の全体にいきわたらなければ、女性特有の病気へとつながる可能性が高くなり、卵巣機能、黄体機能などの生殖機能の低下を招きます。

以上のような理由から、身体が冷えていると妊娠しにくくなり、身体を内側からも外側からも温めれば、不妊症を解消できる可能性があるといわれています。

 

冷えと不妊症の関係

・㈰排卵障害の可能性

冷え性により血流が悪くなると、卵胞刺激ホルモンが分泌されにくくなり、排卵障害を引き起こす可能性があります。

卵巣への血流が足りない場合、卵胞の発育が悪くなって排卵しなかったり、 体外受精の際に十分に発育した卵を得られないということにもなりかねません。

・㈪着床、卵管障害の可能性

冷え性によって臓器の働きがよくなくなるということは前にも説明しましたが、それは毎月1回くる女の子の日にも影響を与えるんです。

生理は不要な血液や粘膜を対外に排出します。

冷えによってその力が弱まると排泄されるべき不要なものが体の中に残ってしまうことになります。

その血液が逆流し卵管障害になったり、子宮内膜症、子宮筋腫、卵管狭窄などの原因になる可能性もあります。

 

身体が冷える原因

そもそも身体が冷える原因はどこにあるんでしょうか。

女性は男性よりも身体が冷えやすいといわれています。

その理由は様々ですが、代表的なものを紹介したいと思います。

 

・筋肉が少なく、脂肪が多い

筋肉は熱エネルギーを発生させる役割があります。

その熱によって、温められた血液が全身をめぐり、身体を温めてくれます。

女性は皮下脂肪が多く、一度冷えるとなかなか温まりにくいといわれているので、冷え性の原因になるといわれています。

 

・ダイエット

偏った食事や減量をすると、栄養不足になるためにエネルギーが作られなくなります。

それにより熱が生まれにくくなり、冷えてしまうといわれています。

 

・薄着ファッション

女性はおしゃれしたいですよね。

肌見せコーデや短いスカートなど、流行りのコーディネートは挑戦したいもの。

ただ、これも体を冷やす原因のひとつともいえるのではないでしょうか。

冷えによって血行不良が起きると、臓器へ栄養や酸素が十分に行き渡らなくなったり、ホルモン分泌が上手く出来なくなり、様々な臓器の働きが悪くなります。

子宮の働きが悪くなると、女性ホルモンが上手く分泌されず、卵巣や黄体機能が低下して、卵子の発育悪化や卵子の老化を引き起こすため、不妊の原因になるといわれています。

 

冷え症を改善するためには

・食事

毎日の食事は大切です。

その食事を見つめ直してみましょう。

冷たいものばかり、スナック菓子やスイーツを食べすぎていると体温も下がってしまいます。

また、季節のお野菜に注目することも大切です。

冬の食材のさつまいもや大根には身体を温める作用があるといわれていますし、 反対に夏の食材のトマトやキュウリは身体を冷やす作用があるといわれているので、上手な食材選びも冷えを改善するうえでは大切なことです。

 

・運動

激しい運動やトレーニングではなく、適度な運動が効果的です。

「散歩をする」「ストレッチをする」など、日常生活の中で簡単にできることがおすすめです。

新陳代謝を高めることで、未然に冷えを防ぐことができます。

 

インナービューティが効果を発揮!

腸は第二の脳といわれています。

身体の細胞や血液を作っているのは、毎日私たちが食べて腸で吸収したものでできています。

身体の重要なホルモンも腸でできているので、腸を整えること=インナービューティが大切になります。

インナービューティすることで、不妊症の改善も夢じゃありません。

身体にとってできるだけ自然なもの、消化に負担がかからないものを毎日摂るようにすると、身体が変化していきます。

毎月来る、女の子の日の肌荒れ、腰痛や腹痛など、あらゆる症状が改善していきますよ。

もちろんアンチエイジングやダイエットにも効果ありで嬉しいことばかりです。

 

最近では、バリバリ働く女性も多く、女性進出に伴って食習慣や生活スタイルが乱れがちな気がします。

妊娠しやすい身体になるために身近にできることは意外とあるので、是非この機会に自身の食・生活スタイルを見直してみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

大学生時代から読者モデル、フットサルアイドルとして芸能活動を開始。その後、TV、CMなど広告媒体の出演を経て、IT企業に入社。元々オーガニックや体に良いことが好きでひょんなことからインナービューティと出会う。そして妊娠をきっかけに、食やそれに関わるライフスタイルにより関心を高める。食べるものが毎日のからだを作り、毎日の心のおだやかさを作ると自身を通じて実感。気持ちが整えば、からだも自然と整っていく。女性のライフサイクルのなかで、大事な時期である結婚・出産・育児をメインにした女性・ママライフを癒し・サポートするサロン fougèreの立ち上げ、食やライフスタイルのライターとして、活動中。同じ境遇のプレ花嫁、プレママ、育児ママなど一人でも多くの女性の毎日のハッピーのお手伝いができればと思っています。Instagram Blog

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。