大人女子のためのWebメディア
検索

女性ホルモンが減少して起こる意外な3つの事実

女性の皆さんなら「女性ホルモン」が、女性の美や健康に関係することは知っていますよね。 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経リズムによって分泌量が増えたり減ったりします。 また、年齢と共に徐々に減少していきます。 女性ホルモンが最も活発になる時期は、仕事や家庭生活や、恋愛なども充実する時期。 20代前半がピークと言われています。 女性ホルモンの代表は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」。 とても重要なホルモンです。 分泌の現象が始まる時期は個人差がとても大きく、30代後半から始まる人、50歳を過ぎてから始まる人など、様々なようです。 ただ、充実した生活の裏で卵巣機能は少しずつ衰えてきて、エストロゲンの分泌が低下していきます。 この時期にがんばり過ぎて、心や身体に負担がかかる状態が続くと、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

女性の皆さんなら「女性ホルモン」が、女性の美や健康に関係することは知っていますよね。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、月経リズムによって分泌量が増えたり減ったりします。

また、年齢と共に徐々に減少していきます。

 

attractive young woman with flower wreath on her head with sunset in background.

女性ホルモンと自律神経

女性ホルモンが最も活発になる時期は、仕事や家庭生活や、恋愛なども充実する時期。

20代前半がピークと言われています。

女性ホルモンの代表は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」。

とても重要なホルモンです。

分泌の現象が始まる時期は個人差がとても大きく、30代後半から始まる人、50歳を過ぎてから始まる人など、様々なようです。

ただ、充実した生活の裏で卵巣機能は少しずつ衰えてきて、エストロゲンの分泌が低下していきます。

この時期にがんばり過ぎて、心や身体に負担がかかる状態が続くと、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

自分はまだ若いからと、油断は禁物!

特に責任のある仕事を任されたり、仕事と子育ての両立をしていたり、何かと慌ただしい時間が増えていくと要注意。

特に「自律神経」とホルモンはお互いに大きく影響し合っていて、自律神経に乱れが生じることで、ホルモンバランスの崩れが引き起こされます。

その反対に、ホルモン分泌に乱れが生じると自律神経のバランスが崩れることになるのです。

 

1,シワやシミ、白髪が増えた

最近、お手入れしてもなかなか化粧ノリが悪い…。急にシミが目立つようになった…。白髪が増えてショック…。

そんなことも全部、女性ホルモンと関係があります。

化粧品のせいではなかったのですね。

 

2,発汗、ほてり、ホットフラッシュ(のぼせ)、イライラ

女性ホルモン現象によって、これらの症状が出ることはよく知られていますよね。

これに似ていますが、さらにうつ症状(うつ病に似た症状が出ること)が出てしまう人がいます!

睡眠障害、落ち込み、気力がない、など、思い当りませんか?

 

3,加齢臭がするようになった

気が付くとなんだか首回りが臭い…。いくら洗っても加齢臭みたいな匂いがする…。

これも女性ホルモンが減少しているサインです。

女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位になります。

その結果、男性と同じように加齢臭が出てしまうのです!

 

快感を呼ぶドーパミンや、幸せな気分や癒しをもたらすセロトニンといったホルモンが分泌され、その影響を受けて女性ホルモン「エストロゲン」の分泌も活発になるのだそう。

恋愛はもちろん、疑似恋愛でもOK。

好きな人にドキドキして前向きになることは、ホルモン分泌を促すためにとても良いことです。

そんな「ドキドキ」や「癒し」の時間を作って、女性ホルモンをたくさん分泌しましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。