大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月08日更新

お薬なしで改善することも。生理痛予防に良い習慣とダメな習慣

我慢できないほどではなくても、生理痛が気になる女性は大勢いると思います。生理時期を快適に過ごすには、生理痛予防に良い習慣とダメな習慣を知っておくことは大切です。お薬に頼らなくても、日々の生活を見直すことで、症状が改善できる場合もあるのです。

生理痛

我慢できないほどではなくても、生理痛が気になる女性は大勢いると思います。生理時期を快適に過ごすには、生理痛予防に良い習慣とダメな習慣を知っておくことは大切です。お薬に頼らなくても、日々の生活を見直すことで、症状が改善できる場合もあるのです。

 

血流を良くするのがポイント

血流の悪さは、生理痛を引き起こす原因になります。

血流が悪いと子宮の筋肉は十分に収縮できないため、経血を押し出せなくなってしまいます。 すると、血行を良くしようと血管を拡張するプロスタグランジン(痛みの原因にもなる物質)が過剰に分泌され、 その結果、生理痛が起きてしまうのです。

つまり、生理痛予防のポイントは、血流改善なのです。

 

運動やストレッチで血流改善

血流を改善するには、汗ばむぐらいの運動を習慣にすることが大切です。 日ごろ運動をしていない人は、まずは週末にウォーキングをするなど、軽い運動から始めてみてはどうでしょうか。 同じ距離でも、大股・早足で歩くとより効果的です。

また、体を伸ばしたりさすったりするストレッチやマッサージもおすすめです。

湯船の中でやさしくもみほぐしたり、お風呂上がりにゆっくりとストレッチをしたりすると、血流も改善していきます。 寝る前にマッサージを行う際には、ボディクリームやオイルを塗ってすべりを良くして行うのがおすすめです。

 

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。