大人女子のためのWebメディア
検索
2016年08月15日更新

それでもする?生理中のセックスが危険な理由を5つ紹介

それでもする?生理中のセックスが危険な理由を5つ紹介

「生理中はセックスをしたくないのに彼が求めてくる…」という女性は多いのでは。「妊娠しないからナマでできる」なんて理由で、積極的にセックスを求めてくる男もいるようです。しかし、生理中のセックスには危険がいっぱいあるのです。

 

膣内が傷つきやすい

生理とは妊娠しなかったために子宮の内側の膜(子宮内膜)がはがれ落ちて、血液といっしょに子宮の外に出てくる現象のことです。

生理中の女性は、ホルモンの影響や免疫力の低下などで体が弱っていることも珍しくありません。 「生理中はいつもより体がダルイ…」「すぐに眠くなる…」という人も多いですよね。

つまり、生理中の女性の体は、免疫力が低下しているため、普段よりも菌やウイルスなどに感染しやすい状態にもなっています。 膣内もとてもデリケートで傷つきやすくなっています。

そのような時期に、膣内に指やペニスを挿入して激しく動かすと、膣内に傷ができるリスクが高まります。 そして、痛みが出ることはもちろん、傷口があると、そこからクラミジアや淋菌などの病原体に感染しやすくなってしまうのです。

 

膣内に細菌が増えやすい

生理中に体の中から外へ排出されるのは、血液だけではありません。血液とともに、いろいろな種類の細菌や微生物なども排出されます。

このような状態のときにセックスをして膣内でペニスを前後に動かすと、 排出された細菌や微生物などが再び体内に戻ることがあります。

すると、せっかく排出した細菌のせいで、性病に感染してしまうこともあるのです。

また、生理中の女性はナプキンなどの影響で陰部周辺が蒸れている状態のため、細菌などが増えやすい環境にもなっています。

細菌に感染しやすく、細菌が増えやすい環境、生理中の膣内はまさにそのような状況です。この時期のセックスが危険であることは、 容易に想像できますよね。

 

妊娠の危険性

巷には「生理中なら妊娠しない」と思っている男性が多いようです。 「生理中は中に出しても妊娠しないから、ゴムなしでセックスしても平気なんだよ」なんて言っている男性もいるそうです (あなたの彼はそんなことを言っていませんか?)。

もちろん、これは勘違いです。女性の体はとても繊細です。ちょっとしたことが原因で生理周期がズレることはよくあります。 しかも、精子は女性の子宮内や卵管内に入った後、1週間ぐらい生きていることがあります。

そのため、いつもよりも生理が少し長く続いて、生理が終わってから1~2日で排卵があった場合、生理中にした「ゴムなしセックス」で射精された精子が、 卵子と出会って妊娠する可能性は十分にあるのです。

繰り返します。「生理中なら妊娠しない」は真実ではありません。生理中のセックスでも妊娠の可能性があることは、絶対に知っておいてください。

 

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜が子宮以外の場所にできる病気です。この病気にかかっても、 自覚症状がないケースも多くあり、無症状のまま進行し不妊症の原因になることもあります。

子宮内膜症の原因はまだ解明されていませんが、血液の逆流も原因のひとつに考えられています。

そのため、生理中にセックスをすると血液が体内に戻されてしまうことがあり、それが原因で子宮内膜症を発症することは可能性としてはあり得るのです。

生理中のセックスが原因で子宮内膜症になり、その結果、不妊症に悩まされる…そのようなリスクがあることも知っておいてください。

 

セックスが嫌いになる

生理痛があり体調も気分も優れないときに無理やり求められて彼とセックスをすると、セックス自体が嫌いになってしまうこともあります。 ベッドやシーツが汚れてしまうことに抵抗を感じる女性も多くいます。

セックスは彼との愛情行為であり、お互いに幸せを感じあう行為です。そのような行為を、生理中のセックスが原因で嫌いになるなんて悲しいですよね。

 

生理中のセックスの断り方

生理中のセックスの危険性がいかに高いかは分かりましたか。それでは、彼が生理中にセックスを求めてきたらどう断ればいいのでしょうか。

これまであげたような「生理中のセックスの危険性」を伝えれば、ほとんどの男性は納得してくれるはずです。 そのさいに、「○日後には生理が終わるからそれまで我慢してね」と追加で伝えておくと、彼はよろこんで受け入れてくれるはずです。

もし、それでも求めてくるような自分本位な彼だったら、付き合うこと自体を考え直した方がいいかもしれません。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。