大人女子のためのWebメディア
検索
2016年08月17日更新

妊娠?PMS?生理前の「吐き気」の原因と予防法を紹介

10658

生理前の不快な症状を月経前症候群(PMS)と言い、その症状のひとつに吐き気があります。では、なぜ生理前になると吐き気が起こるのでしょうか。今回は、生理前に起こる吐き気の原因や対処法について解説します。また、妊娠初期の吐き気との見分け方も紹介します。

 

生理前の吐き気の原因は「プロスタグランジン」

生理前になると、吐き気をもよおすことはありませんか。 生理前に起こる不快な症状を月経前症候群(PMS)といいますが、吐き気もPMSの症状のひとつです。

生理前になると体内では、プロスタグランジンという物質が分泌されるようになります。 プロスタグランジンは陣痛のときにも分泌される物質で、子宮の収縮をうながし経血を体の外に排出しやすくする働きがあります。

一方、プロスタグランジンの分泌量が増えすぎると、子宮のすぐそばにある胃や腸の働きにも影響を与え、 腹部の強い痛みや、下痢、吐き気などの症状を引き起こすことがあるのです。

これが、生理前に起こる吐き気の原因となります。

 

生理前の吐き気を予防する方法

生理前に起こる吐き気は、お薬を使ったり、生活習慣を見直すことで、予防することが可能です。

 

低用量ピル

低用量ピルで、生理前の吐き気を予防することができます。

低用量ピルには、避妊だけでなくホルモンバランスを整える働きがあります。 そのため、吐き気をはじめ、PMSによるさまざまな不快症状(下腹部痛、便秘、むくみ、イライラ、憂鬱など)を改善する効果が期待できるのです。

低用量ピルを服用し始めたころは、副作用として吐き気があらわれてしまうことがあります。 体が慣れていないために一時的に副作用としてあらわれる場合がほとんどで、徐々になくなっていきます。

ただし、処方されたピルが体質とあっていないケースも考えられます。 気になる場合は、医師に相談するようにしてください。

 

漢方薬

漢方薬でも、生理前の吐き気を予防することができます。

吐き気の症状があるときには、漢方の考え方では「水滞(すいたい)」が考えられます。 「水滞」とは体の中の水が滞ることで、特に胃腸に溜まりやすいと言われています。

この症状に有効なのが、下記のような漢方薬です。

  • 帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • ・五苓散(ごれいさん)
  • ・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
  • ・半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
  • ・当帰呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • ・呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

漢方薬は種類が多く自身で選ぶのは難しいため、医師や薬剤師に相談して症状に合った漢方薬を使うようにしてください。

 

食事

子宮の収縮をゆるめたり、子宮の収縮をやわらげて緊張を抑えたりする栄養素を摂ることで、吐き気の原因となるプロスタグランジンの分泌を抑える効果が期待できます。

マグネシウムやビタミンB6などが該当します。

 

【マグネシウムを多く含む食材】

  • ・あおさ(100g当たり約3200mg)
  • ・干しエビ(100g当たり約520mg)
  • ・ひまわりの種(100g当たり390mg)
  • ・ごま(100g当たり約360mg)
  • ・アーモンド(100g当たり270mg)
  • ・きな粉(100g当たり約240mg)
  • ・するめ(100g当たり約170mg)
  • ・くるみ(100g当たり約150mg)
  • ・ピスタチオ(100g当たり約120mg)
  • ・大豆(100g当たり約110mg)
  • ・わかめ(100g当たり110mg)

 

【ビタミンB6を多く含む食材】

  • ・にんにく(100g当たり1.5mg)
  • ・まぐろ/びんなが(100g当たり0.94mg)
  • ・酒粕(100g当たり0.94mg)
  • ・牛肉/レバー(100g当たり0.89mg)
  • ・まぐろ/赤身(100g当たり0.85mg)
  • ・まぐろ/脂身(100g当たり0.82mg)
  • ・鶏ひき肉(100g当たり0.68mg)
  • ・いわし/丸干(100g当たり0.68mg)

 

冷えを改善

体を冷やさないことも、生理前の吐き気予防には有効です。

体が冷えると全身の血行が悪くなり、子宮を収縮する力も弱くなってしまいます。 すると、子宮をより強く収縮させるためにプログラスタンジンを過剰に分泌してしまい、吐き気をもよおす原因となってしまうのです。

入浴や食事など日々の習慣を見直して、冷えを招かないように注意してください。

 

ツボを刺激

PMSの吐き気に有効なツボがあります。 手首にある内関(ないかん)と呼ばれるツボと、足にある公孫(こうそん)と呼ばれるツボです。

 

・内関(ないかん)

手の平から肘に向かって指3本分のところにあります。

 

・公孫(こうそん)

足の親指の付け根のへこみから指1本分後ろにあります。

吐き気がもよおしそうなときは、これらのツボを押すと良いでしょう。

 

妊娠初期の吐き気との見分け方

生理前に起こる吐き気がPMSによるものだと思っていたら、実は妊娠による吐き気だったというケースもあります。

妊娠すると女性の体にはさまざまな変化が起こり、「つわり」も始まります。 つわりの症状には、食欲がなくなる、食べ物の好みが変わる、唾液の分泌が増えるなどがあり、吐き気もよく見られる一般的なつわりの症状です。

PMSによる吐き気と、妊娠初期のつわりによる吐き気はよく似ているため、吐き気だけでは見分けるのは難しいです。

次のような症状もないか合わせてチェックしてください。 下記に該当する場合は、妊娠している可能性が高まるため、産婦人科を受診するようにしてください。

  • ・生理予定日が1週間以上過ぎている
  • ・基礎体温が3週間以上、高温期の状態が続いている
  • ・胸がむかむかする
  • ・トイレが近くなった気がする
  • ・乳房が張る
  • ・おりものの量が増えた
  • ・日中眠くなる
  • ・食べ物の好みが変わった
  • ・妊娠検査薬で陽性反応が出た

 

まとめ

生理前のPMSによる吐き気は、つらいものです。 婦人科で治療を受けたり、生活習慣を見直すことで、症状を改善できる場合があります。 我慢してやり過ごすのではなく、何かしらの対応を取ることをおすすめします。

また、吐き気の原因が、妊娠による場合もあります。 妊娠初期は流産の可能性が高いため、妊娠の疑いがある場合には妊娠検査薬で確認し、産婦人科を受診するようにしてください。 妊娠に早く気づくためにも、日頃から基礎体温を付けておくこともおすすめです。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。