大人女子のためのWebメディア
検索
2016年08月19日更新

性病の可能性も。女性器にできるイボやブツブツの正体

女性性病

性病に感染すると、女性器にイボやブツブツのような異常があらわれることがあります。尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、梅毒といった病気の可能性があります。もちろん、性病以外でもイボができることもあります。女性器にできるイボについて、さまざまな角度から解説します。

 

尖圭コンジローマの場合

ある日突然、自分の性器にイボができていたら、「これってなに?もしかして性病…」と不安になりますよね。

女性器にイボができる性病には、まず尖圭コンジローマが考えられます。 尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することで発症する性病です。

発症すると、性器や肛門周辺に薄ピンク色もしくは茶色のイボがあらわれます。

初期のころは、イボの大きさは小さいですが、進行するにつれてイボは徐々に大きくなり、形もニワトリのトサカかカリフラワーのようになっていきます。

 

治療はイボの切除

尖圭コンジローマの治療は、一般的に外科的手術でイボを切除します。 クラミジアや淋病などの性病のように、お薬を服用して体内にいるウイルスを退治することはできないのです。

イボを切除する方法には、「電気メスや炭酸ガスレーザー」「液体窒素による凍結療法」などがありますが、 症状が軽い場合は、軟膏を使って治療することもあります。

尖圭コンジローマは、イボを切除してもウイルス自体を完全に取り除くことは難しいため、 3カ月以内に25%が再発してしまうともいわれています。そのため、切除してからも最低3カ月間は、再発がないかどうかを観察する必要があります。

 

性器ヘルペスの場合

性器ヘルペスを発症すると、女性器に異常があらわれることがあります。

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することで発症する病気です。 ヘルペスウイルスは非常に感染力が強く、セックスやアナルセックス、オールセックスといったあらゆる性行為で感染します。 また、ウイルスのついた手で性器に触っても感染することがあります。

発症すると、性器周辺(外陰、膣の入り口、肛門など)に、水ぶくれや潰瘍(ただれ)ができます。 初感染時には、排尿ができないほどの痛みに襲われることもあります。

ヘルペスは一度感染すると治療をしてもウイルスは体内に潜伏し続けるため、疲れやストレスなどで免疫力が低下するとウイルスが増殖して再発することがあります。 再発時には、初感染時よりも症状が軽くなることが一般的です。

 

梅毒の場合

近年、感染者数の増加が問題になっている梅毒でも、女性器に異常があらわれることがあります。

梅毒には、セックスやアナルセックス、オールセックスといったあらゆる性行為で感染し、性器や肛門などにブツブツができることもあります。

ひと昔前は、梅毒は不治の病として恐れられていましたが、現在では有効な治療薬もあり完治できる病気になりました。 しかし、症状が進行すると、心臓や血管、目などに重い障害が残ることもあり、妊婦さんが梅毒に感染すると死産や流産のリスクを高めてしまうこともあります。

また、梅毒に感染しているとHIVに感染しやすくもなります。 そのため、梅毒と診断されたらすぐに治療を受けて完治させるようにしてください。

 

腟前庭乳頭症の場合

膣前庭とは、膣からクリトリスにかけての小陰唇内側部のこと。 腟前庭乳頭症とは、膣前庭部分や膣に小さなツブツブができる症状のことです。

これは、性病ではなく生理的現象です。そのため、相手にうつす心配もなく、治療の必要もなく、放置しておいても問題はありません。

ただし、尖圭コンジローマと症状が似ているため、腟前庭乳頭症だと思って放置していたらブツブツが大きくなり、 「実は尖圭コンジローマだった」となっては大変です。腟前庭乳頭症のぶつぶつは、左右対称にできるという特徴がありますが、 自己判断が難しいケースもあります。医師に診てもらうと安心です。

 

まとめ

このように女性器にイボやブツブツができると、性病に感染している可能性があります。 女性器にこうした異常があらわれるとショックかもしれませんが、性病感染に気づく絶好の機会とも言えます。

性病に感染していても何も症状が出ないケースは多くあります。 その場合でも、体内には病原体がいるため病気は進行し、その結果、不妊症などの原因になることがあります。

そのような状況に比べたら、早い段階で性病感染に気づいた方が、肉体的にも、精神的にも、治療の面でも断然プラスです。 女性器にイボやブツブツなどの気になる症状がある場合は、放置したりしないですぐに検査を受けるようにしてください。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。