大人女子のためのWebメディア
検索
2016年09月01日更新

妊娠するために彼氏にやめてほしい3つのこと

妊娠はお互いの努力なくては達成できません。では、男性にはどのように協力してもらえればいいのでしょうか。妊娠しやすくするために彼にやめてほしいことがあります。

結婚を意識するカップルの中には、もしかしたら妊娠を意識しているカップルもいるかもしれません。そうしたカップルは恐らく人生の逆算をしていることでしょう。

例えば32歳に結婚、33歳に出産したとして、あなたが60歳のころには子どもが27歳です。同じように子どもが32歳で結婚し、33歳にお孫さんができるとすると、あなたは65歳で初孫ということになります。ランドセルを購入してあげる頃になるともう70歳を超えてしまう計算になります。

そう考えてくると、アラサーカップルが結婚と妊娠を意識するのも当たり前のように思えます。しかし妊娠はお互いの努力なくては達成できません。では、男性にはどのように協力してもらえればいいのでしょうか。

 

(1) ブリーフやボクサーパンツはNG

ブリーフは精子を弱くします。男性は女性と違い、性器を冷やした方がいいのです。ですから、ブリーフだと温度が高く、蒸れてしまいますので妊娠には向いてません。締め付けも良いので、ボクサーパンツも同様のようです。なので、トランクスが最も妊活に向いている下着となります。

 

(2) インスタント食品もNG

食生活もとても大切です。

コンビニのお弁当など、彼はよく食べていませんか?これは妊娠にはよくありません。妊活中の女性に良いとされる亜鉛も、男性にとって効果的となりますから、そうした成分が含まれる食生活の見直しが必要となってきます。インスタント食品やコンビニのお弁当をやめましょう。

 

(3) タバコもアルコールも控えよう

もちろん、タバコもよくありませんし、アルコールの過剰摂取もよくありません。やめさせた方がいいことの一つです。けれどすべてをやめることは簡単なことではありませんし、ストレスも良くないことの一つですから、ストレスにならない程度に控える程度にしましょう。

 

 

計画して行動しよう

アラサーカップルともなれば、様々なことを計画して行う必要があります。結婚もそうですし、出産もそうです。育児もそうですし、これから先、たくさんの受難が二人を襲うことでしょう。だからこそ、しっかりと協力し合い、しっかりと計算して行動しましょう。それがいつまでもラブラブでいるために必要な努力なのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。