大人女子のためのWebメディア
検索
2016年09月09日更新

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?

10658

生理前はイライラしたり、眠くなったりしますよね?そのせいで、仕事が手につかなかったり、子育てに疲れたり…。このように日常生活の中で、生理前の不調(PMS)が原因で起こるトラブルは多くあります。日常生活に影響があるPMSだからこそ、PMSが招くトラブルやその対策を知っておきましょう。

 

1.そもそもPMSって何??

■ PMSとは生理前にあらわれる心身の不調

PMSとは、Premenstrual Syndromeの略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれます。

排卵後から体や心にさまざまな不調があらわれやすくなり、生理の1週間~2、3日前になると顕著になり、生理が始まると症状が消える、もしくは軽減するのが特徴です。

腰痛や乳房のはりなど体の症状に加えて、イライラや日中の過度の眠気など心の症状があります。 実に200種類以上の症状があるといわれ、程度には個人差があります。

PMSの主な原因は、女性ホルモンの分泌量の急激な変化です。 また、ストレスなども症状を悪化させるといわれています。

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10605_16.jpg

 

■ 日常生活でトラブルを起こすことも…

イライラや眠気などの不調も起こすPMSは、日常生活でトラブルを起こす原因になることがあります。 多くの女性が、PMSのときの人間関係に悩んでいるのではないでしょうか?

次からは、PMSによる場面ごとのトラブル、そしてその予防法や改善法について紹介します。 まずは、「仕事場でのトラブル」についてです。

 

2.PMSのトラブル&対策~仕事編~

■ 私だけじゃない?仕事場でのトラブル

仕事のときにPMSの症状があらわれると、さまざまな失敗やトラブルの原因になることがあります。 例えば、下記のようなことです。

 

・いつも以上に小さいことが気に障って、イライラする

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_0.jpg

すぐに腹が立って、上司や同僚と口論が多くなったり、後輩の小さなミスを必要以上に怒ってしまったりする。

 

・強烈な眠気に襲われる

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_1.jpg

しっかり寝たはずなのに、デスクワークや会議中に居眠りをしてしまったり、会話の内容が思い出せなかったりする。

 

・仕事がはかどらない

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_2.jpg

体調不良や集中力のなさで、つまらないミスをしたり、仕事をこなすのにいつも以上の時間がかかったりする。

 

思い当たるものはありましたか? もちろん、これ以外にもPMSが原因で起こる仕事のトラブルはあります。 特に職場では、対人関係が多くあるので、PMSの「精神的な症状」がトラブルを招くことが多くあるようです。

 

PMSのときの仕事場でのトラブル改善法とは?

では、仕事場でのPMSによるトラブルを改善する方法を紹介します。 ポイントは2つあり、「PMSの症状や期間について自覚すること」「できれば周りの人にも理解してもらうこと」です。

具体的には、下記のような方法です。

 

・自分の生理周期を把握して仕事を調整する

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10605_15.jpg

自分の生理周期を把握していれば、「特にPMSの症状が重い日は、仕事を軽めにする」などの対策を取ることができます。 自分の基礎体温や生理がきた日などを、手帳などにメモしておき、仕事量を調節するとよいでしょう。

 

・生理前は、特に丁寧な仕事を心がける

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_3.jpg

PMSのときは、いつも以上にケアレスミスがないか入念に確認したり、確認する回数を増やしてみるなど、丁寧に仕事をこなすように意識しましょう。

 

・身近な女性の同僚などに、生理前はPMSの症状が出やすいことを伝えておく

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_4.jpg

生理前は体調がすぐれないことや、イライラしやすいことを周りの人に伝えておくのもおすすめです。 仕事をサポートしてもらえたり、トラブルが起きても理解してもらえるかもしれません。 また、PMSを隠れて我慢する必要がなくなるので、自分の気持ちも楽になります。

 

上であげたケースは、あくまでもPMSが原因となるトラブルを改善する例です。 PMSの症状そのものがひどい場合には、我慢せず医師に相談することが大切です。

 

3.PMSのトラブル&対策~夫・彼氏編~

■ パートナーとのトラブルが増える…

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_5.jpg

生理前になると、仕事でのトラブルだけでなく、夫や彼氏との口論が増えたりしませんか? たとえば、下記のようなことに思い当たりませんか?

  • ・夫や彼氏の些細なことにイライラして、ケンカになったり、八つ当たりしてしまう
  • ・夫や彼氏に、いつもは言わないような暴言を吐いてしまう
  • ・ヒステリックになって怒ったり泣いたりして、自分でも感情をコントロールできなくなる
  • ・彼氏とケンカして、勢いで自分から別れ話を切り出してしまう

 

PMSによって、生理前に精神状態が不安定になることがあります。 その結果、生活の中で関わることが多い夫や彼氏とぶつかることも多くなってしまうのです。

PMSのせいとはいえ、自分の大切な人を傷つけてしまうのは悲しいことですよね。

 

■ パートナーとうまくやっていくコツは?

そこで、ここからは大切なパートナーと上手にやっていくコツを紹介します。

 

・夫や彼氏にPMSについて伝える

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_6.jpg

夫や彼氏に「PMSとは何なのか」「どのような症状が出るのか」などを、丁寧に説明しましょう。 そのときに注意すべきことは、「PMSは生理現象なのだから仕方がない」と、開き直らないことです。 「私も気をつけるけど、PMSの時の私についても知ってほしい」という謙虚な気持ちを、忘れないようにしてください。

 

・大切な話や難しい話は避ける

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_7.jpg

PMSのときは、なにかと気持ちがマイナスに進みがちです。 取り返しのつかない決断をPMSのときにしてしまうことがないよう、 自分もパートナーもPMSの時期を把握し、大切な話し合いはPMS以外の時期にするようにしましょう。

 

・積極的にひとりの時間を作る

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_8.jpg

PMSのときは、夫や彼氏との時間を控えて、自分ひとりの時間を作るのもおすすめです。 自分磨きをしたり、自分なりのリフレッシュ法を実践して、ストレスフリーに過ごすようにしましょう。

 

・デートを工夫する

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_9.jpg

PMSのときは、待ち時間などでストレスを感じやすくなるため、人ごみの多い遊園地や渋滞のあるドライブなどは避けましょう。 映画館やウォーキング、カフェなど、ゆったりとしたデートを心がけてください。

 

パートナーと上手くやっていくコツをいくつか紹介しましたが、 この中で特に大切なのは、「夫や彼氏にPMSについて伝えること」です。

「どうせ男の人には生理のつらさをわからない」と責めたり諦めたりしないで、わからないからこそ、自分から伝える必要があるのです。 ずっと一緒にいたいパートナーだからこそ、PMSについて知ってもらうようにしてください。

そのためには、あなた自身が、自分のPMSの周期や症状をきちんと把握することも重要です。

 

4.PMSのトラブル&対策~子育て編~

■ つい怒鳴ってしまう…子育てでのトラブル

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_10.jpg

次に紹介するのは、子育てでのPMSのトラブルです。 育児をしている女性の多くは、PMSと育児の両立の大変さに、悩まされているのではないでしょうか?

子育て中のPMSのトラブル例としては、下記のようなものがあります。

  • ・子どもの失敗を、いつもは言わないような暴言を吐き、怒ってしまう。
  • ・子どもが言うことを聞かないので、ついつい手をあげてしまう。
  • ・PMSでうつ状態になってしまい、子育てが辛い・子育てをしたくないと思ってしまう。

 

このように、子育て中のPMSは自分ではどうすることもできず、悩んでいる女性が多いようです。 また、「子どもにあたる自分は良い母親ではない」と、自己嫌悪してしまう人も多くいます。

 

PMSと子育てを上手に両立するには?

そこで、PMSのときの育児で心がけて欲しいことを紹介します。 上記2つのパターンと同じように、まずは「自分自身でPMSの時期を把握すること」が大切です。

また、子育ては自分ひとりで行うものではないため、「夫の理解」も必要です。 きちんと夫に、自分のPMSについて伝えておきましょう。

ほかにも、うまく両立させるためには、下記のようなことがおすすめです。

 

・ 完璧に家事をこなそうとしない

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_11.jpg

肩の力を抜いて、たまには買ってきたお惣菜を夜ごはんに出してみたり、部屋の掃除は明日に後回しにしてみたり、無理をしないようにしましょう。 ストレスを溜めすぎると、PMSの症状悪化を招いてしまいます。 この時期だけでも、良きお母さんをお休みしてみては?

 

・意識してゆっくり過ごす

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_12.jpg

子どもにはお気に入りのテレビを見せて、その横で自分はお茶を飲んだり雑誌を読むなど、リラックスしてみましょう。 また、そのときに子どもと体を触れ合っていると、お互いよりリラックスした気分になり、なお良いでしょう。

 

・子どもと一緒に早く寝る

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_13.jpg

夜遅くまでテレビを見たりスマホをいじったりしないで、子どもが寝る時間に一緒に寝てみましょう。 質の良い睡眠を取ることも、PMSの症状改善にはおすすめです。

 

・子育てから解放されてみる

PMSのときの人間関係トラブル…どうすればいいの?_10658_14.jpg

可能ならば、近所の一時保育に子どもを預けたり、夫や両親に面倒を見てもらったりして、少しの間、子育てから解放されてみましょう。 一回子どもと離れて自分の好きなことでリフレッシュできたら、また前向きな気持ちで子育てができるようになるはずです。

 

いかがでしたか。 休みがない子育てだからこそ、PMSのときぐらい、少し手を抜いてみたり、自分の時間を過ごしてみたりすることが大切です。 子どもにとっても、お母さんの笑顔が一番うれしいしいものです。 お母さんである自分自身が、PMSのときも笑顔で過ごせるように、生理前は特に工夫して生活してみましょう

 

5.最後に

このように、日常生活のさまざまな場面で、PMSが引き起こす不調からトラブルが生じます。 そして多くの女性が、PMSによって起こる人間関係のトラブルに悩んでいます。 PMSのときの人間関係をスムーズにするために大切なことは、特に2つあります。

1つ目は、「自分がきちんと生理の周期を理解しPMSの時期を把握すること」です。 基礎体温などを測り、自分の体についてきちんと知っておきましょう。

2つ目は、「信頼できる誰かに伝えること」です。 同僚や夫など、自分に近しい人には、恥ずかしがらずにPMSについて伝えましょう。 ただし、開き直る気持ちではなく、謙虚な気持ちを持って伝えることが大切です。

また、少しでも不安に思ったり辛い場合は、婦人科を受診することも大切です。 PMSの治療で婦人科に通院している方はたくさんいます。 気負いすぎずに、婦人科の先生に相談するようにしてください。

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。