大人女子のためのWebメディア
検索
2016年09月20日更新

妊活は体だけではなく心の準備も

妊活というとすぐに思い浮かぶのは食生活や生活スタイルの見直しですが、同じくらい必要なのが心の準備です。 そこで欠かせないのが、女性の体を妊娠しやすい状態に整える幸せホルモン! 幸せホルモンを活発にする方法をお伝えします。

妊活は心の準備も

体だけでなく心の妊活?

「妊活」と聞いて皆さんが思い浮かぶことはどんなことでしょう?

妊活で食生活や生活スタイルを変えることによって、妊娠しやすい体をつくり、赤ちゃんを育てていく良い環境を整え、更に女性としての魅力をあげることもできます。

では、妊娠するには体の準備だけでよいのでしょうか?

妊活にかかせない幸せホルモンって?

妊娠しやすい体をつくるにはホルモンが密接に関係しています。

赤ちゃんを授かり育む役割を担う「子宮」もホルモンの働きによって、大きな変化を伴います。

最も妊娠に密接に関係しているホルモンに「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「セロトニン」いうものがあり、これは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

エストロゲンとは、女性の体を女性らしい=妊娠しやすい状態に整える 作用があります。

セロトニンが幸せホルモンと呼ばれるのは、ドキドキしたり嬉しいことがあると脳内にドーパミンが分泌され、それを合図にエストロゲンも分泌を開始します。

エストロゲンが多く分泌されることによって、脳内は幸せホルモン(セロトニン)で満たされ、エストロゲンとセロトニンの分泌は比例するので、幸せな気持ちになればなるほど、女性は美しく妊娠しやすい体になっていくのです。

また、セロトニンが不足していると情緒不安定になったり、不眠や体の不調など様々な症状が現れます。

 

幸せホルモンを活発にさせるには

率直にいうと、幸せホルモンを多く分泌させるには、たくさん幸せな気持ちになればいいのです。

しかし、実際どうすればいいの?と思う方が多いと思いますが、実は普段のちょっとした生活の中にも幸せホルモンを活発にさせる出来事はたくさんあるのです。大切なのは自分が「幸せだ」と感じること。

実はこんなちょっとした出来事でも幸せホルモンは分泌されるんです。

 

1.趣味や好きなことをして気分転換

自分の好きなことをしているとき、「幸せだなぁ」なんて感じる事はありませんか?

実はそれが幸せホルモンを活発にさせている証拠なんです。

好きなスイーツを食べたり、好きな音楽を聴きながら読書をしたり、体を動かして汗を流して気分転換をすることで、妊娠の最大の敵であるストレスを発散し穏やかな気持ちになることで、脳内は満足感で満たされセロトニンが分泌されます。

またストレスを溜めないことで、精神的な安定を保つと共に倦怠感などの体への負担も軽減されます。

特別なことをしなくても、自分が「楽しい、落ち着く」と思うことであれば、それだけで十分な効果があります。

 

2.よく笑い、よく話す

家族や恋人、友人などと会話を楽しみ、たくさん笑うことでセロトニンをたくさん分泌させることができます。

また、スキンシップをとりながら会話をすることで楽しさや安心感を得られ、よりセロトニンの分泌量が増え、ストレスや不安を和らげてくれる効果が期待できます。

大切なのは会話を「楽しむ」こと。愚痴などを聞いてもらいストレス発散するのも一つの方法ですが、楽しい明るい会話をするほうがいでしょう。

 

2.ときめきを増やす

普段の生活の中でときめきを感じる事はありますか?

恋をすると様々なことでドキドキすることが増えますよね。恋愛することはセロトニンを増やす効果があるといわれているんです。

普段、ときめくことはあまりない。という方は無理に恋愛をするのではなく、恋愛ものの映画やドラマ、漫画の主人公を自分に置き換えてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

大切なのは赤ちゃんを想う気持ち

妊活は体の準備だけでなく、心の準備も。心と体は密接に関係しています。

体だけ準備をしていても、気持ちがついていかないと後々不安に繋がることもありますよね。

赤ちゃんはお腹の中でも、お母さんの「楽しい」「悲しい」などの気持ちを読み取ることができるといわれています。

「赤ちゃんを授かれますように…」と不安やストレスで気持ちを追い詰めると、ストレスの原因になり悪循環です。

「いつでもきていいように準備しておくからね!」と少し心に余裕をもって、体だけでなく「心の妊活」もしっかりと行い、幸せホルモンをたくさん分泌することで、心も体も赤ちゃんを快く迎えられるよう、前向きに自分のペースで準備をしていきましょう。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

貿易関係、Webメディア運営に関わった後、男の子を出産。趣味は読書、ウォーキング、子育て情報リサーチなどなど。現在は慣れない育児に奮闘する毎日。女性が幸せになれる情報をお伝えしたいと思っています。

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。