大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月03日更新

彼の精液に血が混じっている…血精液症とはどんな病気?

血精液症という病気を知っていますか。血精液症は男性によく見られる病気で、もし、彼の精液に血が混じっていたら血精液症かもしれません。
10103

ある日突然、彼が射精したときに精液に血が混じっていたり、精液がピンク色をしていたという経験はありませんか? もしかしてそれは、血清液症という病気かもしれません。

血精液症の多くが精のうや前立腺での出血

血精液症とは、精液に何らかの原因で血が混じる病気のことです。 通常の精液の色は、乳白色です。そのため、血が混じっていることにびっくりして、慌てて病院を受診する人も少なくありません。

精液は、ほとんどが精のうと前立腺で作られ、残りの一部分が精巣や精巣上体、精菅で作られます。 そして、精液に血が混じっている場合のほとんどは、精のうや前立腺での出血が疑われます。

精のう

膀胱の裏側に付着した細長い5cmほどの臓器です。精子に活動エネルギーを与えて、 精液の成分となる精嚢液を分泌します。また、精子を貯蔵する器官でもあります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。