大人女子のためのWebメディア
検索

若い女性に急増!子宮頸がんの症状を初期から末期まで解説します

子宮頸がんは20~30代の女性を中心に急増し、日本では毎年1万人以上の女性が子宮頸がんを発症し、3000人以上が亡くなっていると言われています。子宮頸がんの症状を初期から末期まで解説。予防や早期発見のポイントも。

10661

子宮頸がんは、20~30代の女性を中心に急増しています。日本では毎年1万人以上の女性が子宮頸がんを発症し、3000人以上が亡くなっていると言われています。今回は、子宮頸がんの症状を初期から末期まで解説。予防や早期発見のポイントも紹介します。

子宮頸がんの基本

子宮頸がんの発症は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染が原因であることが明らかになっています。
このHPVは、性行為で簡単に感染するとても身近なウイルスで、セックス経験のある女性の50~80%が感染したことがあるといわれています。
ただし、HPVに感染したからといって、すぐに子宮頸がんになるわけではありません。 多くの人は体に備わっている免疫力で、1~2年以内にウイルスを排除するため、子宮頸がんを発症することはありません。
ところが、10%程度の人はHPVを排除することができないまま感染が続いて、前がん病変(がんになる前の正常ではない細胞)を形成します。 このうちの多くは自然消失しますが、一部は5~10年の年数を経てゆっくりと進行し、やがてがんになってしまうのです。

子宮頸がんの症状-初期

子宮頸がんは、初期に症状があらわれることがほとんどありません。

まれに、性交時に出血や痛みが出る人もいますが、ごく軽い症状です。 そのためこの時点では、子宮頸がんを疑うことはなく、「気のせい」と見逃してしまうのです。

ちなみに、同じ子宮のがんである子宮体がんでは、初期のうちから不正出血がみられます。

初期ではほとんど自覚症状があらわれない子宮頸がんですが、進行するにしたがって、さまざまな症状があらわれるようになります。

子宮頸がんの症状-進行期

子宮頸がんが進行すると、次のような症状があらわれることがあります。

  • ・性交時の出血
  • ・不正出血
  • ・血液やうみの混じったおりもの
  • ・下腹部痛
  • ・腰痛
  • ・むくみ

 

子宮頸がんは、進行すると性交時の出血に加え、不正出血(月経時以外の出血)などが起こるようになります。 また、おりものに血が混じって、ピンクや褐色のおりものが見られるようになり、量も増えていきます。

さらに子宮頸がんが進行すると、不正出血の量や回数が増え、おりものは強い悪臭を放つようになります。

ある程度がんが大きくなると、がんが骨盤内の神経を圧迫して、陣痛に似た下腹部痛や腰痛などを引き起こすことがあります。 これらは、がんが進行するにつれて症状が悪化し、あまりに激しい痛みに転げ回るほどになります。

また、がんがリンパの流れをさまたげるようになり、足がパンパンにむくんでしまうこともあります。

子宮頸がんの症状-末期

さらに子宮頸がんが進行して末期になると、次のような症状があらわれることがあります。

  • ・血尿
  • ・血便
  • ・感染症
  • ・体重減少
  • ・骨折
  • ・麻痺
  • ・呼吸困難
  • ・腸閉塞
  • ・神経障害

 

末期になると、がんは子宮を越えて、膀胱や直腸に広がり、血尿や血便が出るようになります。
さらに、リンパ節、肺、骨、肝臓などにも転移し、それらの場所ががんによるダメージを受けるようになります。
免疫力が低下して、ウイルスや細菌による感染症を起こしやすくなったり、体重が減少することも珍しくありません。 精神面でも影響を受けて、抑うつなどの症状が出ることもあります。

がんが全身に転移すると、完治させるのはかなり難しくなってきます。

気になる症状があれば婦人科を受診

このように、子宮頸がんは初期のうちは無症状であることが多く、症状が自覚できるころには、ある程度がんが進行している状態になっているケースが多く見られます。

そのため、上であげたような症状がある場合は、すぐに婦人科を受診するようにしてください。

もちろん、「性交時の出血」「不正出血」「血液やうみの混じったおりもの」などに該当したからといって、子宮頸がんだと確定したわけではありません。 単に体調が悪かったり、子宮内膜症、子宮筋腫(良性の腫瘍)、性器クラミジア感染症などでも、このような症状があらわれることもあります。
自己判断で怖がりすぎたり、逆に楽観視したりしないで、きちんと検査を受けるようにしてください。

早期発見や予防には検診が大切

初期症状がほとんどあらわれない子宮頸がんを早期発見するには、定期的に検診を受けることが何よりも大切です。

子宮頸がんは、HPV感染から長い年月をかけて、がんへと進行します。 そのため、定期的に検診を受けていれば、がんになる前の状態(異形成)で発見することも可能です。

HPV感染から子宮頸がんになるまで、少なくとも3年はかかるといわれています。 2年に1回のペースで定期検診を受け続ければ、異形成ががんに進行するのを防ぐことができます。

まとめ

子宮頸がんは、性交経験のある女性なら誰でもかかる可能性がある病気です。 しかし、早期発見できれば100%完治するがんでもあります。
子宮頸がんの症状が出たときには、すでに進行している場合もあるので、予防や早期発見のためには、定期的に検診を受けることが何よりも大切です。 検診を受けるのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、子宮頸がんの検診は短時間で簡単に済みます。 大切な体を守るためにも、検診を受けるようにしてください。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。