大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月30日更新

すぐにできる!自宅や職場での生理痛対策

生理痛に困っているすべての女性に送ります。すぐにできる!自宅や職場での生理痛対策。この記事ではOLさんの1日を例にして、自宅や職場でできる生理痛対策を紹介します。

自宅や職場での生理痛対策

生理痛に困っている女性は多いのではないでしょうか?何か対策をしたいけれども、実際にはできていない人も多いと思います。そこで、この記事ではOLさんの1日を例にして、自宅や職場でできる生理痛対策を紹介します。

1. 生理痛は過剰な子宮の収縮が引き起こす

そもそも生理痛はなぜ起こるのか、知っていますか。 実は生理痛は、過剰な子宮の収縮が引き起こしているのです。

・子宮の収縮にはホルモンの働きが関与

子宮の収縮の主な原因は、生理直前や生理前半に多く分泌されるプロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンには、子宮を収縮させ子宮内で不要になった「子宮内膜」を血液とともに体外に押し出す働きがあります。

この分泌が多くなりすぎると、子宮の収縮が過剰になりすぎて下腹部などに痛みを引き起こすのです。

・冷えやストレスも影響する

プロスタグランジンの分泌が多くなる原因には、冷え、食習慣の乱れ、ストレスなどがあげられます。 これらの原因には、多くの女性が当てはまると思います。

生理痛の原因が分かったところで、具体的な生理痛の対策を見ていきましょう。 OLさんの1日のスケジュールを例に、自分でできる簡単な改善方法を紹介します。

2. 朝の生理痛対策

まずは、朝にできる生理痛対策です。

・コーヒーの変わりにココアやハーブティーを飲む

朝にコーヒーを飲む人は多いと思いますが、コーヒーや紅茶に含まるカフェインが、子宮の収縮を促すプロスタグランジンの分泌を過剰にするため、生理期間はおすすめできません。
生理中は、それらの代わりにココアやハーブティーを飲むようにしてください。
ココアは、特に無糖のカカオパウダーがおすすめ。 ハーブティーは、カモミールティー、ラズベリーリーフティー、サフラワーなどが、生理痛改善に効果的といわれています。

・グレープフルーツでイライラや貧血を予防

グレープフルーツに多く含まれる「ビタミンC」と「クエン酸」には、ミネラルの吸収を良くする働きがあり、生理時のイライラや貧血の予防などに役立ちます。
また、血流を良くする働きもあり、体の冷えを防ぎます。
さらにグレープフルーツには、美肌や疲労回復にも効果があるといわれています。 いいこと尽くしのグレープフルーツは、積極的に食べることをおすすめします。

・ヨーグルトで便秘を改善

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を良くして便秘を防ぎ、生理痛改善にも役立ちます。 またミネラルも豊富なので、イライラした気持ちを穏やかにする効果も期待できます。 忙しい朝でも手軽に摂れるため、特に生理中は意識して食べてみては。

・締め付けない服や冷え対策で血流悪化を予防

タイトスカートやスキニ―ジーンズなど、腰回りを締め付ける服装は、血行不良を起こして、プロスタグランジンの過剰分泌につながります。 生理中はワンピースなどのゆったりめの服装を心がけましょう。

さらに、冷えは生理痛の大敵です。 特に下半身を冷やさないように、ミニスカートや生足は避けて、ストッキングやソックスを履くなどの対策をしてください。

もちろん、薄着もあまり良くありません。 特に夏は、冷房除けの羽織るものを持ち歩くなど、体を冷やしすぎないように注意してください。

・ヒールはやめてフラットな靴を履く

ヒールの高い靴は、骨盤がゆがむ原因になり血流を悪くする恐れがあります。 生理中はもちろん、普段からもスニーカーなどのフラットな靴を履くのがおすすめです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。