大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月03日更新

レズビアンでも性病に感染する?どうやって防げばいい?

ゲイの方はHIVなどの感染リスクが高いことは有名ですが、レズビアンの方はどうでしょうか。「女性同士なら性病に感染しない」は間違い。性病に感染するリスクは十分にあります。その理由と予防法を紹介します。

 

ゲイの方は、HIVなどの感染リスクが高いことは有名です。では、レズビアンの方はどうでしょうか。「女性同士なら性病に感染しない」は間違い。クラミジア、淋病、HIV、尖圭コンジローマなどの性病に感染するリスクは十分にあります。その理由と予防法を紹介します。 

 

レズビアンでも性病になる

ゲイの方はアナルセックスをすることが多いため、HIVへの感染率が高いという話は割と有名ですよね。

では、レズビアンの方の場合はどうなのでしょうか。 女性同士で性行為をする場合でも、性病になる可能性はあるのでしょうか。

皆さまの中には、「女性同士なら性病には感染しない」と思っている人もいるかもしれませんが、 残念ながら、答えはYESです。

そもそも性病の多くは、病原体を含んだ体液や粘膜同士の接触で感染します。 つまり、性行為をする相手が男性か女性かはあまり関係なく、性病に感染する原因(病原体をうつす行為)さえあれば、性病にかかる可能性は十分にあるのです。

 

ちなみに、女性同士の性行為で感染する可能性がある性病には、次のようなものがあります。

・エイズ(HIV):膣分泌液や血液から感染する

・クラミジア:粘膜同士の接触や膣分泌液から感染する

・膣トリコモナス症:膣トリコモナス原虫が寄生することで感染。性行為だけでなく便座や浴槽から感染することもある

・性器ヘルペス:病変部への接触によって感染する

・淋菌感染症:粘膜同士の接触や膣分泌液から感染する

 

感染率を気にしてもあまり意味がない

このように、女性同士でも性病に感染する可能性はあります。 そうなってくると、気になるのが性病に感染する確率(感染率)ですよね。

ただし、性病への感染率を気にすることにあまり意味がありません。例えばHIVについて言うと、 何の対策もしないでHIV感染者と行為(クンニリングス)をした場合、感染する確率は約0.1%です(舐めた側が感染する確率)。

感染率0.1%ということは、1000回に1回の確率でHIVに感染する可能性があるというわけです。 感染率が低いと思う人もいるでしょう。しかし、これはなにも、1000回目のクンニリングスで感染するという意味ではなく、 1回目のクンニリングスで感染する可能性も十分にあるわけです。

性病への感染率が気になる気持ちは十分にわかりますが、実のところ、感染率を気にすることにあまり意味はないのです。 「感染率が高いから危険」「感染率が低いから大丈夫だろう」といったことを気にするのではなく、 1回1回の性行為に対して、性病予防の意識をきちんと持つことが大切なのです。

 

レズビアンの性病対策はデンタルダム

では、レズビアンの方が性行為をする場合、どのような性病予防に取り組めばいいのでしょうか。

女性同士の性病対策には、デンタルダムを使うことをおすすめします。

デンタルダムというのは、ラテックス製のシート(薄くて丈夫なゴム)のことです。 これで膣を覆った状態でクンニリングスをすることで、性病感染を予防することができるのです。

 

サランラップをデンタルダム代わりに使っている人もいるそうですが、 サランラップは破れたり、すぐにクシャクシャすることがあるため、あまりオススメできません。 コンドームほどの知名度はありませんが、性病予防効果は期待できるため、ぜひ活用してみてください。

また、性病予防には、お互い定期的に性病検査を受けることも大切です。 性病に感染していない同士ならば、いくら性行為をしても性病に感染することはないため、安心できますよね。

婦人科に行かずに郵送で気軽に検査を受けられるサービスもあるので、 気軽な気持ちで性病検査を受けてみることをおすすめします。

 

まとめ

「レズビアンは性病感染には無関係」というのは大きな間違いです。女性同士であっても、性行為をする際は性病予防の意識を持つようにしてください。 特に女性の場合は、男性と比べて性病に感染しても症状が出ないケースが多くあります。 しかし、だからといって放置しておくと、相手にうつしたり、症状が悪化して治療が大変になったり、将来、不妊症の原因になることもあります。 少しでも不安に思うことがあれば、検査キットを使ったり、婦人科を受診するようにしてください。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。