大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月29日更新

生理不順と妊娠の関係って?生理不順でも妊娠するには?

生理不順が原因で妊娠できないと悩んでいる女性のために、生理不順と妊娠の関係について解説します。

生理不順と妊娠の関係

子供は欲しいけど、なかなかできない…。生理不順が原因かなと悩んでいる女性も多いと思います。この記事では、生理不順だけど妊娠したいと考えている女性のために、生理不順と妊娠の関係について解説します。

生理不順について

皆さんは、どこからが生理不順と呼ばれるのか知っていますか? まずは、生理不順の定義について紹介します。

・生理周期で判断する

生理不順かどうかを判断するのにかかせないのが、生理周期です。

生理周期は、「前の生理が始まった日から次の生理が始まる前日までの日数」で表します。 ポイントは、生理が終わった日ではなく始まった日から数えるという点です。

この生理周期が、25日~38日の間に入っていれば問題ないとされています。 つまり、生理は正常であると判断出来ます。

しかし、24日以下だったり39日以上の場合は、生理不順と呼ばれます。

生理不順でも妊娠できるの?

このように、周期が安定しない生理不順だと妊娠しにくいのではと、不安に思う女性が多いようです。

・生理不順だと妊娠しにくいといわれる理由

生理不順の原因として、ホルモンバランスが乱れていることが考えられます。 そのため、卵子自体の質が落ちていたり、子宮内膜が成長しづらいなどの症状が起きている可能性があるため、妊娠しにくいとされています。

また、生理不順だと生理周期が安定しないため、妊娠しやすいといわれている排卵日について予測することが難しいことも、理由のひとつにあげられます。

しかし、生理不順だからといって妊娠できないとあきらめる必要はありません。 生理周期が安定しなくても、きちんと排卵されていれば、妊娠できる可能性はあります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。