大人女子のためのWebメディア
検索

何を調べる?いくらかかる?痛みは?子宮内膜症の検査について

子宮内膜を早期発見するには、重い生理痛や下腹部痛といった気になる症状があったら検査を受けることが大切です。ただし、子宮内膜症の検査内容を何も知らない状態では、敷居が高く感じてしまうかもしれません。今回は、子宮内膜症の検査内容と費用について紹介します。

https://rucora.com/images/10683.jpg

子宮内膜を早期発見するには、重い生理痛や下腹部痛といった気になる症状があったら検査を受けることが大切です。ただし、子宮内膜症の検査内容を何も知らない状態では、敷居が高く感じてしまうかもしれません。今回は、子宮内膜症の検査内容と費用について紹介します。

まずは問診

子宮内膜症の検査は、一般的に婦人科で受けます。婦人科に行って受付を済ませると、問診票を記入します。 いつから、どのような症状があるのか、初経の年齢、生理周期、妊娠・出産の既往歴などに答えます。 どの情報も子宮内膜症の重要な診断材料になります。 正しく答えるのはもちろん、できるだけ具合的に伝えるようにしてください。

 

□ 主な問診内容

いつごろからどこに症状があるのか

・月経痛

・性交痛

・排便時の痛み

・初経の年齢

・生理周期

・妊娠・出産の既往歴

・手術歴

事前にメモなどに整理しておくことをおすすめします。

つづいて内診

問診を終えると、内診を行い実際に膣の様子を診察します。 子宮内膜症は、子宮以外に内膜ができる病気のため、どの部分に内膜ができているのかを調べる必要があります。

具体的には、医師が手の指を膣の中に入れて、もう一方の手でお腹をおさえようにして、子宮や卵巣の状態を確認します。 実際に触れて確認することで、子宮全体が大きく腫れていないか、動きが悪くなっていないか、卵巣に腫れがないか、子宮や卵巣に痛みがないか、などをチェックします。

内診の状況によっては(病変の可能性がある、性交痛や排便痛がある)、直腸診も行います。 肛門から指を入れて、直腸にしこりなどがないかを確認します。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。