大人女子のためのWebメディア
検索

何を調べる?いくらかかる?痛みは?子宮内膜症の検査について

子宮内膜を早期発見するには、重い生理痛や下腹部痛といった気になる症状があったら検査を受けることが大切です。ただし、子宮内膜症の検査内容を何も知らない状態では、敷居が高く感じてしまうかもしれません。今回は、子宮内膜症の検査内容と費用について紹介します。

超音波・血液・MRI検査

子宮内膜症の検査では、超音波を使って、子宮や卵巣、卵管の様子などを詳細に調べます。

検査方法には、器械を膣の中に入れる経膣法や、器械をお腹に当てる経腹法がありますが、 よりはっきりとした画像が得られる経膣法を行うのが一般的です。

また、診察はこれだけではなく、腫瘍マーカーの数値を調べる血液検査(子宮内膜症になると増加する物質を測定する)や、 超音波エコーよりも詳しく見ることができるMRIを行うこともあります。MRIとは、磁気を使った断面図画像診断のことで、かなり詳細に子宮の状態を確認することができます。 ただし、あまりにも小さい腫瘍などは見ることはできないため、万能というわけではありません。

確定診断

これまで紹介した検査は、子宮内膜症かどうかを推定する検査です。 熟練した医師なら、問診、内診、超音波検査からだいたいの診断を行うことができますが、 病気を確定するには腹腔鏡検査を行う必要があります。

腹腔鏡検査は、全身麻酔を使いお腹に0.5~1cm程度の穴を開けて、腹腔鏡(内視鏡器具)を入れて行う 大がかりな検査のため、入院が必要になります。 直接体内を確認し、病巣が見つかった場合には、検査と同時に悪い部分を切除したり、 癒着をはがしたりする治療が行われることもあります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。