大人女子のためのWebメディア
検索
2020年02月25日更新

クラミジア治療を途中でやめるとどうなる?完治の条件は?

クラミジアは10~20代に多い性感染症で、不妊症の原因にもなります。クラミジア治療は比較的簡単ですが、途中で治療をやめてしまい、完治に至らないケースも少なくありません。この記事では、クラミジアの完治条件や治療を途中でやめるリスクについて解説します。

クラミジア治療

クラミジアは10~20代に多い性感染症で、不妊症の原因にもなります。クラミジア治療は比較的簡単ですが、途中で治療をやめてしまい、完治に至らないケースも少なくありません。この記事では、クラミジアの完治条件や治療を途中でやめるリスクについて解説します。

1. クラミジアの治療

クラミジアは、日本で最も感染者数の多い性感染症です。 感染力が非常に強く、主に性行為で感染するため、10~20代の若い世代での感染が目立っています。

・クラミジアに感染したら必ず治療を受ける

クラミジアに感染したら、風邪などと違って自然に治ることはありません。 そのため、「尿道がかゆい」「おりものが増えた」などの自覚症状がない場合でも、治療を受けて治す必要があります。

治療を受けずにいると、クラミジアをパートナーにうつしたり、子宮や卵巣などにダメージを与えて不妊症の原因になることがあります。

・クラミジアの治療では抗菌薬を使用

クラミジアの治療薬は市販されていないため、感染した場合は婦人科や泌尿器科で治療を受ける必要があります。

クラミジアの治療では、病原菌に効果のある抗菌薬を使用します。 抗菌薬にはいくつか種類がありますが、飲み方で分けると大きく「単回内服タイプ」と「数日間内服タイプ」の2種類あります。

・単回内服タイプ

治療期間中1回だけの服用で済むタイプ。1回の服用で、効果が約10日間持続します。

・複数回内服タイプ

7日間程度服用するタイプ。お薬の種類によって、1日1~2回服用します。

どちらのタイプでもクラミジアを完治させることは可能ですが、単回内服タイプには飲み忘れる心配がないメリットがあります。

2. クラミジアの完治条件

続いては、クラミジアの完治条件について見てみましょう。

・抗菌薬を飲んでも完治しないことがある

クラミジアは抗菌薬よって治療しますが、抗菌薬の有効率(病原菌に効く割合)は90%程度です。

そのため、正しく服用しても完治できないケースもあります。 もちろん、1回でも飲み忘れをしたり、飲み方を間違えたりすると、有効率はさらに低くなってしまいます。

クラミジア治療では、「お薬を決められた期間飲めば、間違いなく完治する」とはいえないのです。

・クラミジア治療では必ず再検査を受ける

クラミジアが完治しているかどうかを判定するには、お薬を飲み終えてから2~3週間後ぐらいに、医師による再検査を受ける必要があります。

この再検査を受けて、クラミジアが体内から完全にいなくなったことを医師が確認して、初めてクラミジアが完治したことになるのです。

・クラミジアの完治条件のまとめ

・処方された抗菌薬をきちんと飲み続ける

・再検査を受けて体内にクラミジアがいないことを確認する

 

以上がクラミジアの完治条件です。 クラミジアが完治するまでの期間は、服薬開始から再検査までの期間を含めて1カ月程度かかります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。