大人女子のためのWebメディア
検索
2017年05月13日更新

淋病は喉にも感染する?原因、症状、治療法などを解説します

彼が淋病に感染していてオーラルセックスをした場合、喉への淋病感染が気になる人もいると思います。この記事では、淋病が喉に感染した場合の症状や治療法、さらには予防法も解説します。

彼が淋病に感染していてオーラルセックスをした場合、喉への淋病感染が気になる人もいると思います。この記事では、淋病が喉に感染した場合の症状や治療法、さらには予防法も解説します。

1.淋病の喉への感染

「淋病が感染するのは性器だけでしょ?」と考えている人もいるかもしれませんが、淋病は喉の粘膜に感染することもあります。

 

・オーラルセックスで感染する

淋病が喉に感染する主な原因は、オーラルセックスです。 淋病に感染している彼にフェラチオをすることで、喉の粘膜に病原体がうつってしまうというわけです。

よくある感染例としては、彼氏が風俗に行ってフェラチオサービスを受けて性器に淋病が感染し、 その後彼氏にフェラチオをした女性の喉に淋病がうつってしまうというケースです。

 

・ディープキスでの感染もある

喉に淋病が感染している人とディープキスをすると、喉から喉へ淋病が感染するケースがあります。 しかし、性器からの感染に比べてそれほど多くはありません。

ディープキス以外の軽いキスや、ペットボトルの回し飲みなどでは、感染のリスクはほとんどありません。

 

・喉への感染は増えている

また、現在では、性行為の際にオーラルセックスをすることが当たり前になっているため、喉に淋病が感染するケースが増えていると言われています。 性器と喉の両方に感染することもあり、性器に淋病が感染している人の10~30%は喉にも感染していると言われています。

ちなみに2015年の淋病感染者は、8,698人います。そのうちの30%、約2,600人が喉にも感染しているというわけです。 当然、喉だけに感染している人もいるため、喉の淋病感染者は少なくても年間3,000人以上いると考えられます。

参考サイト:性感染症報告数|厚生労働省

 

続いては、淋病が喉に感染した場合の症状について見ていきましょう。

2.喉にあらわれる症状

喉に淋病が感染すると、下記のような症状があらわれます。

・喉の腫れ

・喉の痛み

・発熱

このように、風邪に似た症状が出ることがあります。

 

・実際は症状が出ないケースがほとんど

ただし、上記のような症状が出るのはまれで、症状がまったく出ないケースがほとんどです。 そのため、喉に感染していても気づかずに過ごしてしまう人が多く、性器への淋病感染の原因にもなっています。

自覚症状がないからと安心しないで、例えば彼氏が淋病に感染した場合は、あなたも感染している可能性があるため、念のために検査を受けることをおすすめします。

3.淋病検査について

続いては淋病検査について、検査を受ける場所や検査内容を紹介します。

 

・検査は婦人科か耳鼻咽頭科で受ける

喉の淋病検査は、婦人科や耳鼻咽頭科で受けることができます。

検査自体は簡単で、生理食塩水を口に含み、うがいをして吐き出すだけです。 また、病院によっては、喉の奥の粘膜を綿棒で軽く擦る場合もあります。 「おえっ」とすることもありますが、痛みはありません。

※うがいによる検査の方が、口の中全体の微生物を採集できるため、精度が高いという報告があります。

 

・検査キットでも受けられる

検査は、病院に行かなくても、検査キットを購入して自宅で受けることも可能です。

検査キットなら、誰にもばれずに感染しているかどうかを確認できるため、病院に行くのが恥ずかしい人や、病院に行く時間がない人には都合のいい方法です。

検査キットについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

淋病が喉に感染している疑いがある場合は、性器にも感染しているケースがあるため、性器と喉の検査をまとめて行うことをおすすめします。 また、クラミジアに同時感染している可能性もあるため、クラミジアの検査もあわせて行うと安心です。

婦人科では、医師にその旨を伝えればまとめて検査を行ってくれるはずです。 また、検査キットでは、複数の検査をまとめて受けられる商品があります。

4.喉の淋病の治療法

検査を受けて感染が発覚した場合は、治療を行います。

 

・抗菌薬を注射する

喉の淋病治療では、性器の場合と同じように、淋病に効果のある抗菌薬を使います。 「セフトリアキソン」または「セフォジジム」というお薬を注射で投与します。

性器の場合は1回の投与で済むことがほとんどですが、 喉の場合は、性器に比べてお薬の効きが弱くなるため、複数回の投与が必要になることがあります。

自己判断で治療をやめてしまうと淋病がまだ完治していないことがあり、症状の再発や、感染の拡大を招くことがあります。 お薬の投与後には必ず「再検査」を受けて、医師から完治と言われるまで治療を続けるようにしてください。

5.治療期間中の注意点

治療期間中は、下記の点に注意してください。

 

・性行為やディープキスを控える

治療期間中に性行為やディープキスをすると、相手に淋病をうつす可能性があります。 相手にうつしてしまうと、あなたが治療を終えても、今度はその相手から淋病を喉や性器にうつされる恐れがあります。

特に女性の場合、性器に淋病が感染すると、「不妊症」や「子宮外妊娠」の原因にもなります。 性行為やディープキスは、治療を終えてから行うようにしてください。

6.再感染しないために

淋病は治療を受けて完治させても、何度でも再感染することがあります。 再感染を防ぐために、次のことに気をつけてください。

 

・性行為の相手はひとりにする

性行為の相手が複数いるほど、淋病の感染リスクは高くなります。 これは、淋病に限らず、クラミジアなどほかの性感染症にも言えることです。

 

・相手の性器をよく確認する

女性では症状があらわれにくい淋病ですが、男性は尿道から膿が出たり、排尿痛があるなど、わかりやすい症状が出やすい傾向にあります。

彼の性器にそのような症状があったら、淋病の疑いがあります。 その場合は、オーラルセックスなどの性行為は控えてください。

 

・彼を風俗に行かせない

風俗に行ってフェラチオサービスを受けた男性が、性器に淋病を感染してしまうケースは多くあります。 その後で、彼と性行為をすると、淋病に感染する確率は非常に高くなるため、風俗には行かせないようにしてください。

 

・定期的に性病検査を受ける

淋病は性器や喉に感染しても、自覚症状があらわれないことが多くあります。 そのため、淋病の予防や早期発見のために、たとえ症状がなくても定期的に検査を受けることは大切です。

7.最後に

淋病は喉にも感染しますが、症状があらわれないことがほとんどです。 そのため症状がないからといって安心するのではなく、感染の不安がある場合は、検査を受けることが大切です。

何も症状がないのに婦人科などに行きにくい場合は、検査キットで調べることもできます。 少しでも不安があるのなら、アクションを起こすようにしてください。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。