大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月10日更新

背中がびっしょり!背中の多汗症の症状や原因、対処法について

多汗症には、全身に汗をたくさんかく全身性多汗症と、体の一部分に汗をかく局部性多汗症とがあります。この両者の違いはどんなところにあるのでしょうか。また、背中の多汗症の症状や原因、対処法などを知っておきましょう。

多汗症には、全身に汗をたくさんかく全身性多汗症と、体の一部分に汗をかく局部性多汗症とがあります。この両者の違いはどんなところにあるのでしょうか。また、背中の多汗症の症状や原因、対処法などを知っておきましょう。

全身性多汗症と局部性多汗症について

多汗症と呼ばれる症状には、2種類あります。 全身性多汗症と局所性多汗症です。 全身性多汗症は、体の部位を問わず、全身に大量の発汗がある病気です。 多汗症のケースとしては多いほうではなく、多汗症を抱えている人の約1割くらいが全身性多汗症とされています。

一方で、体の一部分だけに大量の発汗がある場合を局所性多汗症といいます。 こちらの方が多汗症としては症例が多く、約9割がこれにあたります。 手のひらや足の裏、背中、頭、顔、ワキの下など汗腺がたくさんある部位の一つ、またはいくつかで大量の汗をかきます。 同時にいくつかの場所から汗をかくこともあります。

手に汗握るという言葉があるように、局所性多汗症には精神的な影響が大きいといわれています。 体の一部にたくさんの汗をかいてしまうので、服に汗染みができたりして恥ずかしい思いをすることで、さらに発汗が促進されてしまうケースも少なくありません。

局所多汗症の種類と症状

局所性多汗症には、発汗の部位によって、次のような種類があります。 また、症状としては、冬でも汗をたくさんかく、一日に一回以上の頻度で大量の発汗がある、特に暑さや運動といった誘因がないのに大量に汗をかくという場合は多汗症の可能性があります。

・手掌(しゅしょう)多汗症・・・手のひらの多汗症です

・足蹠(そくしょ)多汗症・・・足の裏の多汗症です

・背面多汗症・・・背中の多汗症です

・頭部多汗症・・・頭皮の多汗症です

・顔面多汗症・・・顔の多汗症です

・腋窩(えきか)多汗症・・・ワキの下の多汗症です

 

全身性多汗症も局部性多汗症も、どうして発症するのか原因は未だ解明されていません。 発汗を司る交感神経が関与しており、遺伝的な要素も影響しているといわれています。

また、一部の免疫・代謝系の病気でも多汗症を引き起こすことが知られています。

多汗症を引き起こす病気には、次のようなものがあります。

・バセドー病

・糖尿病

・自律神経失調症

・更年期障害

・褐色細胞腫

・急性リウマチ

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra