大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • 淋病の潜伏期間はどれくらい?期間を過ぎて症状がなければ大丈夫...
2020年03月03日更新

淋病の潜伏期間はどれくらい?期間を過ぎて症状がなければ大丈夫?

彼氏が淋病と診断され、その彼氏と性行為をしていた場合、自分も感染しているかどうか不安になりますよね。淋病の潜伏期間はどれくらいなのか?潜伏期間を過ぎて症状があらわれなければ感染していないと言えるのか、解説します。

1. そもそも潜伏期間とは

まずは、「潜伏期間」について簡単に説明します。

 

・感染してから症状が出るまでの期間

「潜伏期間」という言葉を聞いたことはありますか?

潜伏期間とは、病原菌(病気の原因となる菌やウイルスのこと。淋病なら淋菌)に感染してから、体に症状が出るまでの期間のことをいいます。

たとえ病原菌に感染しても、症状は感染直後に出るわけでなく、一定の潜伏期間を経てから出るのが一般的です。 ちなみに、毎年大流行するインフルエンザの潜伏期間は約2日間です。 では淋病の場合、潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。

2. 淋病の潜伏期間について

・男性は2~7日間

まずは男性からです。一般的に、男性では淋病に感染してから2~7日後に初期症状があらわれると言われています。 つまり、潜伏期間は2~7日間というわけです。

この潜伏期間を過ぎると淋病の初期症状があらわれ、尿道から膿が出たり、強い排尿痛や、尿道のかゆみなどを感じるようになります。

 

・女性は特定できない

一方、女性は淋病に感染すると、おりものが増えたり、不正出血が出ることもありますが、まったく初期症状が出ない場合がほとんどです。 男性のようにわかりやすい初期症状が出ないため、潜伏期間を調べることが難しく、約何日間とは特定できません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra
  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • 淋病の潜伏期間はどれくらい?期間を過ぎて症状がなければ大丈夫...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。