大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月29日更新

PMSってなに?生理前の不調を理解して改善しよう

生理前は体や心に何かしらの違和感を覚える人も多いはず。「生理前だから仕方がない」と、何も対策をせずにやりすごしていませんか?その不調はPMSかもしれません。長く付き合っていく生理に伴う問題だからこそ、PMSについてきちんと理解し、自分にできる対策をとることが大切です。

生理前は、体や心に何かしらの違和感を覚える人も多いはず。「生理前だから仕方がない」と、何も対策をせずにやりすごしていませんか?でも、その不調はPMSかもしれません。長く付き合っていく生理に伴う問題だからこそ、PMSについてきちんと理解し、自分にできる対策をとることが大切です。

PMSってなに?

・PMSとは生理前にあらわれる不調

あなたの生理前にあらわれる体や心の不調は、PMSかもしれません。 PMSとは、「Premenstrual Syndrome」の略で、日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。

排卵後から体や心にさまざまな不調があらわれやすくなり、生理の1週間~2、3日前になると顕著になり、生理が始まると症状が消える、もしくは軽減するのが特徴です。

・女性の8割がPMSを経験

実に、生理のある女性の約8割がPMSを経験しています。 つまり、PMSはほとんどの女性が抱えている問題であり、決して珍しいことではないのです。

PMSの症状

・PMSの症状は200種類以上ある

PMSの症状は、200種類以上あり、多岐にわたります。 体と心に分けて、主な症状を紹介します。

・体の主な症状

・頭痛・頭が重い

・乳房・下腹部がはる

・便秘・下痢

・むくみ

・おりものが増える

・肩・腰・背中・お腹が痛い

・ほてり

・めまい・立ちくらみ

・手足の冷え

・体重が増える

・のどが渇く

・吐き気・しびれ・耳鳴り

・肌荒れ・にきび

・心の主な症状

・イライラ・攻撃的になる

・だるい

・眠気が増す・不眠

・食欲増加・低下

・甘いものが無性に食べたくなる

・無気力・ボーっとする

・憂鬱・落ち込む

・落ち着きがなくなる

・感情がコントロールできない

・楽しくない

・集中力の低下

・性欲の増加・低下

・不安になる・弱気になる

・悲しくなる・涙もろくなる

 

このように、PMSにはさまざまな症状があります。 もちろん、症状には個人差があり、毎回の生理ごとに症状が異なることもあります。

・PMSは年齢や出産経験にも関係する

PMSの症状は、ライフステージにも関係します。 特に20~40代の女性に多くみられ、20代は体の症状が多く、30代は体の症状に加えて、心の症状があらわれやすいといわれています。

また、出産の有無にも関係があり、出産経験がある人のほうが、心の症状が出やすいといわれています。

・症状がひどい場合は婦人科を受診

PMS自体は珍しい症状ではないため、上であげた項目に複数当てはまっても心配しすぎる必要はありません。 ただし、日常生活に支障が出るほどの場合は、婦人科の受診をおすすめします。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。