大人女子のためのWebメディア
検索

尖圭コンジローマは口にもうつる?症状は?口内炎との違いは?

彼の性器にイボやブツブツがある場合、尖圭コンジローマかもしれません。そして、その彼にオーラルセックスをすると、口の中に感染する可能性があります。口の中の尖圭コンジローマについて、症状や口内炎との違いなどを解説します。

尖圭コンジローマ 口にうつる 口内炎

彼の性器にイボやブツブツがある場合、尖圭コンジローマかもしれません。そして、その彼にオーラルセックスをすると、口の中に感染する可能性があります。この記事では、口の中の尖圭コンジローマについて、症状や口内炎との違いなどを解説します。

1. 尖圭コンジローマとは

まずは、「尖圭コンジローマ」について簡単に説明します。

・主に性行為で感染する

尖圭コンジローマは、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスが引き起こす性感染症です。 このウイルスには、主に性行為で感染し、粘膜や皮膚の目に見えないような傷口からウイルスが侵入します。

・症状は特徴的なイボ

尖圭コンジローマを発症すると、主に女性は「大陰唇」「小陰唇」「膣」「子宮頸部」「会陰部」などに、 男性は「亀頭」「カリ首」「包皮」などに、うすいピンク色や茶色のイボができます。 また、「肛門内」「肛門周辺」「直腸内」にイボができることもあります。

・イボは大きくなり数も増える

尖圭コンジローマでできるイボの大きさは、直径1~4mm、高さ2~15mm程度です。 イボは次第に大きくなり、数も増えて、「カリフラワー」や「ニワトリのトサカ」のように見えることがあります。

イボができても、痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどありませんが、性交時に痛んだり、出血することもあります。

・イボは感染3週~8カ月後にあらわれる

尖圭コンジローマの症状があらわれるのは、感染してすぐではなく、3週~8カ月ほど過ぎてからです(平均2.8カ月)。 そのため、いつの性行為でウイルスに感染したのかを特定できないケースが多くあります。

2. 口には感染する?

・尖圭コンジローマは口にも感染する

上でも書きましたが、尖圭コンジローマのウイルスは、粘膜や皮膚の見えないような傷口から感染します。 当然、口の中にも粘膜があるため、感染者の性器にオーラルセックスをすると、ウイルスに感染してしまうことがあります。 口の中に傷口があると感染のリスクは、さらに高まります。

・口の中にイボができる

口の中に感染した場合も、性器や肛門などと同じような症状があらわれます。 まずは小さなイボがあらわれ、徐々に大きくなり数も増えて、「カリフラワー」や「ニワトリのトサカ」のような形に成長していきます。 痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。

また、これらのイボは、「唇」や「喉」にもあらわれることがあります。 そのため、唇に症状がある人とキスをすると、キスだけでもうつるリスクがあります。

・口腔外科を受診する

口の中に尖圭コンジローマによるイボができた場合は、治療を受けなければ治りません。 放置して症状を悪化させると、治るまでの時間も長くなってしまいます。 相手にうつすリスクもあります。

口の中のイボが大きくなったり、数が増えたりしている場合は、尖圭コンジローマの疑いが強いため、なるべく早く「口腔外科」を受診するようにしてください。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra