大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • クラミジアが原因で結膜炎に!?「封入体結膜炎」を分かりやすく...
2017年08月20日更新

クラミジアが原因で結膜炎に!?「封入体結膜炎」を分かりやすく解説します

性器に感染したクラミジアが原因で、結膜炎になることを知っていますか。この結膜炎を、「封入体結膜炎」といいます。この記事では、封入体結膜炎の原因、症状、治療法、予防法を分かりやすく解説します。
 
性器に感染したクラミジアが原因で、結膜炎になることを知っていますか。この結膜炎を、「封入体結膜炎」といいます。この記事では、封入体結膜炎の原因、症状、治療法、予防法を分かりやすく解説します。

1.封入体結膜炎ふうにゅうたいけつまくえん とは

▼クラミジアによる結膜炎

封入体結膜炎は、あまり馴染みがない病名かもしれませんが、クラミジアが眼に感染して起こる結膜炎です。

クラミジア(性器クラミジア)とは、10~20代の若い世代で多い性感染症です。 クラミジア感染者と性行為をすることで、簡単にうつってしまいます。 しかも、感染してもあまり症状が出ないため、無自覚で相手にうつして感染が広がってしまう厄介な病気なのです。

では、なぜ性感染症のクラミジアが原因で、結膜炎が起こるのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

 

2.クラミジアが眼に感染する原因

▼性器に触れた手で眼に触れる

封入体結膜炎の感染原因で多いのが、性器クラミジアに感染している性器を触った手で、そのまま目に触れてしまうケースです。 つまり、性器にいるクラミジアが、指を介して目に感染するというわけです。

 

▼精液を顔にかけられる

クラミジア感染者の精液には、病原菌が含まれています。 そのため、精液を顔にかけられて眼に入ってしまうと、封入体結膜炎を発症するリスクがあります。

 

▼プールで感染

非常に稀なケースですが、汚染されたプールの水から感染することもあります。

 

▼出産時に感染

妊婦さんが妊娠中にクラミジアに感染して、無治療のまま出産を迎えた場合、 赤ちゃんが産道を通過するときにクラミジアに感染して、封入体結膜炎を発症してしまうことがあります。

新生児が発症する結膜炎を「新生児結膜炎」といいますが、その30~50%がクラミジアによる結膜炎だと言われています。

 

3.あらわれる症状

クラミジアが原因で結膜炎に!?「封入体結膜炎」を分かりやすく解説します /images/10364_0.jpg
Pressmaster

続いて、封入体結膜炎の症状を、「成人」と「新生児」に分けて解説します。

 

▼成人が発症する封入体結膜炎の症状

クラミジアに感染して2~19日後に、下記のような症状があらわれます。

・充血

・まぶたの腫れ

・目やに

・結膜に小さなぶつぶつ

・耳の前のリンパ節が腫れて、痛みを伴う

 

▼新生児が発症する封入体結膜炎の症状

生後5~14日以内に、下記のような症状があらわれます。

・充血

・まぶたの腫れ

・目やに

・偽膜ぎまく (眼に灰白色の膜ができる)

新生児では、偽膜が多くできることがあります。 また、成人と異なり、結膜の小さなぶつぶつや、耳の前リンパ節の腫れはありません。

ただし、新生児は肺炎を合併するケースがあるため、注意が必要です。

4.封入体結膜炎の治療方法

クラミジアが原因で結膜炎に!?「封入体結膜炎」を分かりやすく解説します /images/10364_1.jpgShin Okamoto

▼眼科を受診する

封入体結膜炎を疑う症状がある場合は、まずは眼科を受診して検査を受けてください。 検査の結果、封入体結膜炎を発症していたら、治療を始めます。

 

▼治療では抗菌薬を使用

封入体結膜炎の治療では、クラミジアに効果のある抗菌薬を使います。 抗菌薬を含んだ点眼液や軟膏などを使用して、治療期間は1~数週間です。

治療途中で症状が回復した場合でも、自己判断でお薬を止めることは絶対にしないでください。 中途半端な治療では、症状が再発する恐れがあります。 医師の指示に従って、最後まで続けるようにしてください。

5.性器クラミジアの検査も受ける

▼性器にも感染している可能性がある

成人が封入体結膜炎を発症していた場合、性器にもクラミジアが感染している可能性があります。性器クラミジアは症状が出ないケースが多いため、症状がない場合でも、念のために検査を受けることをおすすめします。

婦人科での検査が一般的ですが、検査キットを使って自宅で検査を受けることも可能です。

 

▼パートナーにも検査を受けてもらう

恋人や夫婦のうち一方がクラミジアに感染していたら、もう一方も感染している可能性があります。 相手がクラミジアに感染したままだと、せっかくあなたが治しても、またうつされてしまうことになります。

必ずパートナーも、検査を受けるようにしてください。

6.封入体結膜炎を予防する

封入体結膜炎は治療を受けて治しても、再感染することがあります。 再感染を防ぐには、感染のきっかけとなる性器クラミジアの予防が大切です。

次のような予防法を、心がけてください。

 

▼性行為ではコンドームを使う

クラミジア予防の基本は、性行為のときにコンドームを使うことです。 クラミジアは主に感染者の精液や膣分泌液にいるため、コンドームは非常に有効です。 ピルを服用しても、コンドームを使うようにしてください。

 

▼性行為の相手はひとりにする

性行為の相手が複数いるほど、クラミジアの感染リスクは高くなります。 クラミジアをはじめとした性感染症を予防するには、不特定多数との性行為はしないようにしてください。

 

▼相手の性器をよく確認する

男性がクラミジアに感染すると、尿道から膿が出るなど、見た目で違和感を覚える場合もあります。 彼の性器に症状があったり、排尿痛や尿道のかゆみなどを訴えていたら、クラミジアを疑い性行為を控えてください。

 

▼定期的に検査を受ける

クラミジアは感染しても、自覚症状があらわれないことが多くあります。 そのため、クラミジアの予防や早期発見のために、たとえ症状がなくても定期的にクラミジア検査を受けることは大切です。

7.最後に

クラミジアが原因で、結膜炎を発症することがあります。 ある日突然、目が真っ赤に充血なったり、目やにが止まらなくなったら、封入体結膜炎の疑いがあります。 放置しないで、すぐに眼科を受けるようにしてください。

 

出典:あなたのオンライン婦人科 Rucora[ルコラ]


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ルコラは、女性の体内キレイを応援する医師監修サイト。女性の様々な体の不調や悩みに対して、正確でわかりやすい記事でお応えします。 ◇Rucora:http://rucora.com/ ◇Facebook:https://www.facebook.com/rucora/ ◇Twitter:https://twitter.com/ruc0ra

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 女性ホルモン
  • クラミジアが原因で結膜炎に!?「封入体結膜炎」を分かりやすく...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。