大人女子のためのWebメディア
検索
2018年09月20日更新

PMSってなに?不調に悩む女子達が実践する「PMSの乗り切り方」3つ

PMSの乗り切り方

PMSとは、“Premenstrual Syndrome(月経前症候群)”の略。
人によって症状はさまざまですが、イライラ、頭痛、乳房の張りなどが代表的で、月経開始予定日の3~10日前ぐらいから始まることが多いと言われています。
そのPMSを乗り切るにはどのような方法が効果的なのでしょうか。
筆者の友人・知人に“自分流の乗り切り方”を教えてもらいました!

1. 食生活を整える

「昔からPMSがひどくて、生理前になると頭痛で目を開けるのも辛いなんて日もありました。その内、母親から『食生活のバランスが偏ってるから不調になるんだ』と言われて半信半疑で食生活に気を遣ってみたんです。1人暮らしなのもあって、普段はコンビニ弁当やカップ麺ばかり続く日もあったんですけど、できるだけ自炊して魚とお肉と野菜をきちんと摂るようにしてみました。最初はあまり効果は感じられなかったけど、3ヶ月ぐらいその生活を続けたら頭痛が軽くなってきて!今でも痛くなるにはなるけど、前ほどじゃないので節約にもなるし自炊続けてます。」(26歳・音楽関係)

 

PMSを乗り切るためにバランスの良い食事を摂る。
今後のことを考えたとしても、食生活を改善させるのは大切なことですよね。
また、カップ麺ならまだしも、コンビニ弁当や外食はコストが高いため、自炊で節約できるのも嬉しいポイント。
やはり人間のカラダは正直なのですね。

2. 周囲に話しておく

「生理前にイライラして旦那とケンカしてしまうこともしょっちゅうあるから、わたしは『今イライラしやすいからね』と伝えるようにしてるよ。旦那からしたら『そんなの関係ない』と思ってるのかもしれないけど、何も知らないより、知っててイライラされてる方がいいかなと思って。結局、先に言っておいた月は旦那も当たらず触らずであまり接触してこないから、この方法がわたし向きなんだと思う!」(30歳・主婦)

 

普段から接することの多い人には、最初から話しておくだけで気持ちにゆとりがうまれますよね。
『相手もわかってくれてる』という安心感からなのでしょうか。
男性も、わざと怒らせないように立ち振る舞ってくれているのかもしれませんね。

3. リラックスする

「わたしはいつもより長くお風呂に浸かったりハーブティーを飲んだり、できるだけリラックスできるように心がけてます。PMSにはコーヒーは控えたほうがいいって聞いたから、大好きなコーヒーもその時だけは我慢。ゆっくりできる時間って、わたしにとってとっても大切なんです。」(29歳・事務)

 

リラックスするとイライラが落ち着くため、それがPMSに効果があるという声は多いですよね。
何の日というわけではなくても、ゆっくりする時間が取れるだけでホッとひと息。
イライラしているからとその気持ちのまま相手にぶつかってしまうのは、あまりに大人気ないですよね。
それが原因で嫌われたとしても自業自得。
そうならないためにも、自分で自分の感情をコントロールする術は身に着けておきたいところです。

 

いかがでしたか?
PMSを治すという決定的なクスリは存在しないため、自分でどうにか乗り越えるか低用量ピルなどで生理そのものを軽くする方法しかありません。
お金をなるべく使わずに、手軽にできる方法と言えば、上の3つの方法が効率的なのではないでしょうか。
長年付き合っていかなければいけない分、うまく共存していきたいですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。