大人女子のためのWebメディア
検索

30歳は妊活適齢期、妊活費用は35歳を超えると20代の10倍以上に〜「妊活・妊娠・子育てに関する意識と実態調査」

妊活開始年齢は、現在妊活中の女性の平均は30.9歳、妊娠中の女性では29.7歳、子育て中の女性は29.8歳で平均29.7歳でした。 30歳が妊活開始の適齢期といえます。35歳を超えるとぐっと妊活率も上がります。

30歳は妊活適齢期。妊活費用は35歳を超えると20代の10倍以上に 

妊活

妊娠・出産・育児までをトータルでサポートするスマートフォン向け情報サイト『ルナルナ ファミリー』を提供する株式会社エムティーアイでは、会員の妊活中の女性、妊娠中の女性、子育て中の女性を対象に、「妊活・妊娠・子育てに関する意識と実態調査」を実施しました。

 

赤ちゃんが欲しいなら“妊活”するのはもはや常識!?
妊娠中の女性のうち、妊活を経て妊娠したのは56.6%と半数を超え、 35歳以上の妊娠中の女性の妊活率は74.2%に。年代が上がるほど妊活による妊娠が多く、「赤ちゃんが欲しいなら妊活」はもはや常識のようです。

妊活_妊娠の経緯

 

30歳が妊活開始の分岐点

妊活開始年齢は、現在妊活中の女性の平均は30.9歳、妊娠中の女性では29.7歳、子育て中の女性は29.8歳で平均29.7歳でした。

30歳が妊活開始の適齢期といえます。35歳を超えるとぐっと妊活率も上がります。

妊活開始年齢

妊活として実際に行ったことは、

「排卵日に合わせた性交渉(タイミング法)」(92.5%)、

「基礎体温をつける」(85.0%)、

「書籍・Webサイトやアプリで情報を集める」(44.6%)、

「産婦人科・クリニックの受診や検査」(41.8%)
などで、現在妊活中の女性同様、年代が上がるほどさまざまなことを行っています。

また、妊活として効果的だったと思うことは、

「排卵日に合わせた性交渉(タイミング法)」(84.0%)、

「基礎体温をつける」(77.5%)、

「産婦人科・クリニックの受診や検査」(54.5%)、

「ストレスのない規則正しい生活」(43.7%)

となりました。

 

タイミング法は実践率も妊娠率も高い妊活方法ですが、

「ストレスのない規則正しい生活」は実践率は低いものの、妊活効果は高いと評価されています。

効果的な妊活には、あまり悩まずリラックスすることも重要と言えそうです。

 

妊活費用は35歳を過ぎると20代の10倍以上に!
35歳を過ぎると妊娠しにくくなるだけでなく、経済的な負担もずっしり重くなる

妊活にかかる費用

妊活中の女性が妊活にかけているお金の総額は、平均151,866円です。

29歳以下は33,757円、

35歳以上では347,336円、

と10倍以上に跳ね上がっています。

35歳を過ぎると妊娠しにくくなるだけでなく、経済的な負担も重くなることがわかります。 

 

【調査方法】『ルナルナ ファミリー』スマートフォンサイト内にて、会員の妊活中の女性602名、妊娠中の女性376名、子育て中の女性446名を対象に実施。
【調査期間】 2014年8月15日(金)~24日(日)

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告代理店、占いサイトなどの運営を経て、フリーで女性向けライフスタイル情報を発信しています。30、40代の女性が輝ける環境を作っていきたいと思います。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。