出会いがない看護師さんへ|看護師のリアルな婚活事情と彼氏を作る方法

「看護師は出会いがない」は本当なのか?現役看護師さんのリアルな意見を参考にしながら、実際に看護師として働く女性が男性と出会っている場所を紹介します。看護師にとっての恋活&婚活を成功させるコツと出会いが見つかる場所は?


看護師って本当に出会いがない…彼氏欲しいし結婚もしたい!

キャッチ画像69201

看護師と聞くと、忙しい女性の仕事の代名詞のようなイメージがありますよね。看護学校を出て現場に出て、一人前にバリバリ仕事ができるようになって、生活に余裕が出来てくる20代半ば~20代後半、ふと気づけば……。「あれ?彼氏いない」

学生時代の友達は次々と結婚してるのに、私だけ彼氏がいない…というか出会いもない…。

そんな状態になっていませんか??

看護師のみんなはどこで出会ってるの?

キャッチ画像69202

そんな中、同世代の看護師の結婚話を聞くと内心穏やかではないですよね…。祝福する気持ちはあっても、「どうやって出会ったの!?」とモヤっとした気持ちになるはず。

そんな、結婚を意識しはじめた看護師さんのために、素敵な男性に出会うための方法を紹介します。素敵なパートナーと出会い、仕事だけでなく私生活も充実させちゃいましょう。

データが証明!看護師は婚期も遅い

キャッチ画像69203
看護師であるあなたは、周囲を見渡せば分かると思いますが、看護師さんは総じて婚期が遅く、20代では95%以上が未婚です。

未婚率が高いのは、あなたの周囲だけの現象ではなく、2005年に総務省が行った「看護師の年齢別未婚率・有配偶率調査」のデータからも明らかです。

キャッチ画像69204

女性の多い職場である看護師は、会社務めの一般女性と比較すると圧倒的に出会いのチャンスが少なく、未婚率も全年齢層で一般女性より高い傾向です。

また、看護師は年収が同年代の男性より高いという点、夜勤や休日勤務などの不規則でハードな勤務体勢であるという点で、看護師は晩婚化の傾向が顕著であると考えられます。

子どもを望むなら結婚を本気で考える30代でも、約半数が未婚という看護師の現状は決して軽視できるものではありません。一般女性の7割が30代で配偶者を得ていることからも、看護師の結婚事情の厳しさが伺えます。

出会いがないと言われる5つの理由

①仕事が忙しすぎて恋愛をするヒマがない

キャッチ画像69205
人の命に関わる仕事であり、夜勤や休日勤務を日々こなす看護師の仕事はとてもハード。精神的な強さを求められる職場である上に、睡眠時間が不規則なため、心身の疲労回復に時間がかかります。休日は恋愛よりゆっくり休みたい、と考えるのは自然なことです。

また、土日休みの会社務めの一般男性とは、予定が合わないことも多くデートの約束もままなりません。急な夜勤や休日出勤でデートの約束を守れないこともあります。看護師の勤務体制に、よほど理解のある男性でないと、恋愛関係になっても続かないというパターンも多く見受けられます。

さらに、日本では看護師をはじめ医療従事者の人材不足も深刻化していて、仕事に多くの時間を取られ、さらに仕事に対する高い知識やスキルも求められます。どうしても日常が仕事中心となってしまいますので、「看護師はぶっちゃけ、恋愛をするヒマも時間もない」というのが現状です。

②そもそも女性ばかりの環境に慣れてしまっている

キャッチ画像69206
男性看護師も増えてきてはいますが、看護師の世界はまだまだ女性中心の社会。看護師同士、気心が知れて親しくなると、プライベートでも男性と過ごすより看護師仲間と過ごす方が気兼ね無く楽しい、ということも……。

また、看護師同士はお互いにフォローし合ったり、仕事上でも「戦友」とも呼べる特別な連帯感があります。看護師同士だからこそ分かり合える、仕事のやりがいや苦労、喜びなどの感情を共有しているので、男性パートナーがいなくても孤独感を感じることが少ない傾向にあります

さらに、周囲が未婚女性だらけなので、彼氏がいないことや未婚であることへの危機感が薄くなりがちです。女性ばかりの環境に慣れて当たり前になってしまうと、積極的にパートナーを求めなくなる傾向があります。

③看護師は高年収なので、自分よりも年収の高い男性が少ない

キャッチ画像69207
看護師の平均年収は約500万。同世代の一般女性の平均年収が200~300万程度なので、約2倍稼いでいることになります。かなり高収入ですね。さらに、同世代の20代男性の平均年収は300~400万程度。看護師の平均年収より100万近く少ないのです。

20代看護師では、実際に出会う男性のほとんどが、自分より年収が低いということになります。「お金が全てではない」とは思っても、やはり自分より年収の低い男性はどうしても魅力に欠ける部分があるのは否めません。

1人でも生活に困らないくらい稼いでいて、プチ贅沢や海外旅行を楽しめる看護師は、わざわざ自分より年収の低い男性との結婚を望まない、というのが現状です。

【体験談】
看護師は、職場での出会いがないので、みんな合コンを開いてました。これは、看護師に限らないかもしれませんけど、やっぱり自分より稼いでる男性を求めていましたね。年収600万以上、MARCH以上、大手企業以上とかボーダーラインを決めたりして(笑)。でも、ステータスが高くて合コンに来る人って、結局のところ「遊び人」か「余り物」なので、恋愛に発展することはありませんでした…(27歳・女性)。

④お金持ちの男性医師を間近で見ていて、無意識に比べてしまう

キャッチ画像69208
看護師の世界は女性社会ですが、一番身近にいて、恋愛対象になりうる異性が男性医師。男性医師は知性があり、総じて年収が高く、衣服や所持品、住居など、どれを取っても一流。育ちや家柄が良く、また、お金持ちの人が多いです。

男性医師という、ある意味結婚相手として理想的な男性と身近に接していると、般男性と出会っても無意識に比較してしまい、なかなか恋愛感情が生まれないということもザラにあります。

日常的に男性医師と接していることから、パートナーに求める条件が必然的に高くなり、結婚へのハードルを上げてしまっているとも言えるでしょう。

⑤男性側がその気になかなかなってくれない

キャッチ画像69209
看護師に憧れる男性は、実はとても多いんです!「白衣の天使」という言葉もありますが、明るく笑顔の素敵な看護師さんは、男性だけでなく子どもだって女性だって好きです。制服を着用して専門職でバリバリ働いている看護師さんは誰の目から見ても魅力的!

ただ、一歩間違うと男性にとって看護師は「高嶺の花」となってしまいます。明るくて、しっかりしていて、仕事ができて、お金も稼いでいて……。

と、非の打ち所がないと(実際はそうでなくても、職業柄そういう風に見えてしまうこともあります。)男性は「自分では釣り合わない」と尻込みしてしまうようです。

どんな男性でも、やはりプライドがあるので、多くの点で自分より優っている相手には、なかなか恋愛感情を抱けないということもあるようです。

みんなどこで出会ってる?リアルな出会いの場5つ

キャッチ画像692010

では、ここからは実際に看護師をしている女性が男性と出会っている場所をリアルに5つ紹介します!

現役の看護師さんが出会いを見つけている場所って、やっぱりこんな感じなんですね~。

①合コン・街コン

キャッチ画像692011
自分自身や友人が仕切る少人数の合コンや、街の活性化を目的に地域全体で行われる街コンなどは出会いのチャンスがいっぱい。

看護師ということでチヤホヤされてモテモテだったりすることもありますが、実際にお付き合いしてみると、看護師の不規則でハードな仕事を理解してもらえず、長続きしないということも多いようです。

街コンなら、「看護師限定」「医療従事者限定」のコンパがあります。医療従事者の忙しさに理解のある人が参加しているので、出会ってお付き合いが始まった後もトラブルが少ないようですよ。

合コンは、忙しい時間を割いてコンパに参加するわけですから、あらかじめ幹事さんに参加メンバーの詳細を確認しておくといいですね。

②恋活パーティー・婚活パーティー

キャッチ画像692012
恋活パーティーや婚活パーティーでも「看護師限定」「医療従事者限定」のイベントが開催されているので、積極的に参加してみましょう!

看護師限定パーティでは、看護師の忙しさに理解のある男性が参加費を払って参加するわけですから、本気度が違います。本気で看護師と出会いたい人が参加しているので、マッチングの確率はググッとあがります。

③職場関係

キャッチ画像692013
医療の現場は、圧倒的に女性が多いですが、それでも医師、作業療法士、理学療法士、臨床検査技師、放射線技師など男性の医療従事者はたくさんいます。

他にも、病院事務職、医療機器メーカーの営業さん、製薬会社の営業さん、病院に出入りしている業者さんなど、男性との出会いは思った以上にたくさんあるものです。

看護師のハードな仕事に本当の意味で理解があるのは、すぐ近くでその仕事ぶりを見ている同じ職場の人です!職場での飲み会やサークル活動など、いろんな人が来る集まりに積極的に参加して、出会いに繋げましょう。

④知人の紹介

キャッチ画像692014
知人の紹介で出会う、というのもよくあるケースです。ただ、知人友人から紹介してもらいたいなら、仕事の忙しさにかまけて関係が疎遠になっている、という状態は避けたいですね。

どこに素敵な出会いが待っているかは分からないので、学生時代からの交友関係は大切にしましょう。

特に、男性との交流が多い女友達は、男性との交流の少ない看護師にとっては「頼みの綱」。日頃からマメに連絡を取り合い、コミュニケーションをとっておくことで素敵な人がいた時に紹介してもらえる確率も格段にアップします。

⑤もっとも現実的なのは婚活サイトやアプリ

キャッチ画像692015
いろんな男性と出会って、恋に発展させて……、という恋愛ステップを踏む時間がどうしても無い、でも結婚したい!というなら、婚活サイトや婚活アプリを使うのも一つの手です。

特に、「こんな男性がいいわ!」というビジョンがハッキリしている人は、婚活サイトやアプリを利用した方が、より理想に近い人と出会いやすいと言えます。

ネットでの出会いに抵抗がある人もいますが、登録会員数の多い「Match(マッチ・ドットコム)」「Pairs(ペアーズ)」などは看護師さんの登録者もとても多いですよ。

登録は無料だし、登録に多くの時間は必要ありません。結婚を真剣に考えているなら婚活サイトも賢く利用してみましょう!

【BEST3】現役の看護師が使っているスマホアプリ

定番!世界的に有名な「マッチドットコム」

キャッチ画像692016

本気の出会いを探すなら、恋活・婚活アプリとしても有名なマッチドットコムは外せません。世界25ヶ国でサービスを展開し、国内には187万人の会員(2022年現在)がいる人気抜群なアプリだからです。会員の7割は結婚を希望しているため、成婚率の高さからも人気があるのが特徴。アプリ内で付き合った男女の44%が1年以内に結婚した実績もあるので、安心して相手の男性と出会うことができますよね!

また、女性無料が多いマッチングアプリには珍しく、男女共に同額の月額有料制のシステムを採用しているので、女性もそれだけ出会いに本気と書いてガチ。そのため必然的に男性も真剣に将来を考えている人が多く登録しています。年代も20代〜40代と結婚適齢期の男女の利用が目立っています。

登録自体は無料で会員検索やプロフィール作成が可能なので、まずはどんな男性がいるのかをチェックしてみてくださいね!
キャッチ画像692017
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!
▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

安心!国内最大級の恋活アプリ「Pairs(ペアーズ)」

キャッチ画像692018

会員数が1500万人を突破している「Pairs(ペアーズ)」『マッチングアプリを利用するなら、まずはPairs』のイメージから毎日約8000人の登録があり、登録してから平均4ヶ月で恋人ができる実績があるのも安心して利用できる理由ですね。

特に20代~30代の利用が多いPairsは、まずは友達から!という軽い出会いでもOKなのが人気を集めているポイントかもしれません。

コミュニティ機能が充実しているため、自分の趣味のコミュニティに参加しておくと、同じ趣味や考え方の人とマッチングしやすく、早い気の合うお相手を探すのにぴったり。共通の趣味嗜好を持った相手と出会えるため、マッチング率が高めという評判もあります。

キャッチ画像692019

コミュニティの中には、「看護師・ナース・看護婦」「看護師と付き合いたい」などカテゴリーに「看護師」を含むものが多数あり、それぞれかなりの数の登録者数がいるので、『出会いが少ない……』とお嘆きの看護師さんもマッチングしやすくなっています

Pairsの登録は無料です。女性はほとんどの機能が無料で使えるので、恋活&婚活をスムーズに進めることができますよ

キャッチ画像692020
(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

無料診断で自分に合う人を見つけられる「オーネット」

キャッチ画像692021
本気の恋をしたいと思ってはいるけど、なかなか自分に合う相手が見つけられないという人も多いはず。そんな時は、無料診断で自分に合う異性を探してみませんか?

結婚相談所で最大級の会員数を誇る「オーネット」では、入会前に無料で結婚チャンステストに挑戦することができます。この診断では、実際にオーネットに入会している異性の中から、どんな相手や人数とマッチングできるのかを簡易的に診断することができるんです。

無料で手軽にお試し診断ができるので、結婚相談所に相談してみたいけど、ちょっと不安という方にもおすすめなんですよ♪

キャッチ画像692022
▼こちらの記事もチェック
オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

アプリで出会いを増やす裏技4選

マッチングアプリに登録するだけでも、出会いは今までよりグッと増えるでしょう。看護師の肩書きは魅力的なため、何もしなくても「いいね」がもらえることも。ただ、いいね数が増えてもいい相手に出会えるかどうかはまた別です。ここからは、より質のいい出会いを増やす裏技を紹介していきます!

ログインだけでも毎日する

キャッチ画像692023

看護師は何かと忙しい日常が続きますが、アプリにログインだけは毎日しましょう。検索をかけるなど動きがなくても、日々ログインするだけで異性に優先的に検索表示されるようになるからです。また、ログイン頻度は相手に表示されるため、何日もログインをしていないと、「もう活動してないのかな」とスルーされる可能性が高くなります。

メイン写真はスナップ感を意識して

マッチングアプリで出会いの数を決めるのは、やはりメイン写真です。かと言って、可愛く撮れている写真が人気かというと、実はそうでもないんです。キメ顔の自撮り写真や加工で盛った写真は、男性は「必死すぎ…」と引いてしまうことが多いからです。

人気が高いのは、写真にスナップ感があること。日常を切り取ったような自然な写真は、相手に身近さを感じさせるため、いいねを送りやすくなります

足跡を積極的に残しておく

キャッチ画像692024
気になった男性には、いいねを直接送るよりも、まずは足跡を残しておくのがおすすめです。足跡の履歴を見る人は多く、そのまま相手ページに飛んでどんな人なのかを確認しています。そのため足跡を残してからいいねを送った方が、相手を知ってる感が強くなり、マッチングが返ってくる可能性が高くなるでしょう。

仕事に一生懸命な男性に狙いを絞る

看護師の職業はアプリで人気が高いため、逆にモテすぎてどんな相手がいいのかわからなくなることもあります。そんなときは、男性が仕事にどれだけ情熱を注いでいるかを見てみましょう。

仕事に一生懸命な男性は、相手の仕事にも理解があることが多いからです。看護師の仕事上、メッセージを返すのが遅くなったとしても、なかなかデートのタイミングが合わなくても、「仕事を頑張ってるんだな」と逆に好感を持ってくれることもあります。

看護師が出会いを探すときに意識したいこと

出会いの目的をハッキリさせる

出会いを探すときは、彼氏が欲しいのか、結婚相手が欲しいのか最終目的をハッキリさせましょう。恋活と婚活とでは、出会う相手の雰囲気や場所も違ってくるからです。相手と目的が合わないままだと、出会ってからも発展する可能性は低くなるので注意が必要です。

経済力をアピールしすぎない

キャッチ画像692025

看護師の収入は一般より高めですが、お金に余裕がある態度を見せると、ダメ男が寄ってくる可能性が高くなります。また、出会ってから相手がダメ男になってしまうこともあるでしょう。出会いの場では、お金には実直な姿を見せておくのが○です。

恋活や婚活する期間を決める

看護師が出会いを探すときは、恋活や婚活する期間を決めてしまうのもおすすめです。忙しい毎日の中で出会いに時間を割いていると、どこかで出会いを探すことに疲れを感じてしまうからです。○月までに相手を探す!と決めてしまえば、その期間だけは出会いに集中できます。看護師の恋活や婚活には効率の良さもポイントです。

【結論】看護師が出会いたいなら、待ちの姿勢はNG

キャッチ画像692026
責任の重い仕事を持って、日々頑張って働いているうちに婚期を逃してしまう、というのは残念ながら看護師さんにはよくあることです。さらに、看護師の世界はやはり女性中心なので、どんなに魅力的な人でも出会いのチャンスが一般女性より少ないというのは事実です。

でも、結婚したい!」と思ったら、すぐに行動に移すことで看護師さんにも出会いのチャンスは必ず訪れます。合コンや街コンに参加する、婚活サイトを利用する、結婚相談所を利用する、など積極的に婚活してみてくださいね。

明るく前向きで、責任感の強い看護師さんがモテないはずはありません。仕事に理解のあるパートナーを見つけ、公私共にもっと充実して輝くことを願っています。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)