大人女子のためのWebメディア
検索
2022年11月16日更新

お寿司屋の彼とお家デート♡→思わず出た彼の”職業病”に笑いが止まらない!

プライベートと仕事を完全に区別するのって難しいですよね。

普段仕事に一生懸命な人ほど、プライベートで思わず”職業病”がでてしまうことも。

今回は、クスッと笑える「恋人と職業病」にまつわるエピソードをご紹介します。

   

スポーツ選手の彼氏の影響

--------

私が大学の時に付き合っていた彼は、実業団の陸上選手で毎日練習に励んでいました。
一方、私は1人暮らしの大学生。
自炊をするのが面倒で朝は菓子パン、昼は卵かけご飯、夜は惣菜という生活でした。
そんな私を心配して、彼は泊まりにくると必ず食事を作ってくれました。

美味しい食事を作ってくれたので嬉しかったです。
しかし、彼が作ってくれるのは長距離選手と同じ大量のタンパク質中心の食事。
私は段々と太ってしまい、細い彼と並ぶのが恥ずかしくなってしまいました。
(女性/専業主婦)

--------

美味しい食事に思わぬ落とし穴…!

美味しい食事を彼氏が作ってくれると嬉しいですよね。
彼と一緒に走ってみたら、運動にもなるし楽しいかもしれませんね。

お寿司屋さんの職業病が露呈…!

--------

以前、お寿司屋さんでバイトをしていました。

自宅に彼女を招いたときのことです。
彼女から「そのお皿を取って」と言われ、バイトの勢いで「ガッテン承知」と大声で返事…。
彼女に大笑いされました。

(男性/会社員)

--------

場面が想像できてほっこり

きっと彼はお寿司屋さんで頑張って働いているのだろうと想像でき、なんだかほっこりしました。

職業病が出てしまうと恥ずかしいですが盛り上がるので、たまにはいいのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター