大人女子のためのWebメディア
検索
2022年11月28日更新

「実は借金があるんだ…」彼氏の言葉は嘘まみれ…!?→最低すぎる男にサヨナラを決意。

恋人と過ごしていると、多少のことには目をつむるようにしていても、自分の中でどうしても許せないことってありますよね。
今回は恋人に対して「これだけは許さん…」となったエピソードをご紹介します。

   

「嘘」だらけの彼!

彼には小さい嘘から大きい嘘まで、さまざまな嘘をつかれていました。
最も大きい嘘は、彼が抱えていた多額の借金。
小さい嘘に関しては、日常の些細なことまで、数え切れないほど…。
結局最後は何が本当で何が嘘だったのかもわからなくなり、2人の関係は終わってしまいました。
(女性/会社員)

2人の関係も嘘にしないで

たとえ小さな嘘だとしても、日頃から何度もつかれるのは許しがたいことですよね。
信じていた彼からの裏切りとも言える嘘の数々に、今までの関係さえ何だったのかわからなくなってしまうこともありそうです。

「私の何を見ていたの?」彼の衝撃発言にショック

彼と付き合って半年が過ぎた頃、些細なことで喧嘩が始まり、売り言葉に買い言葉で大荒れ状態に。
私がわがままだったせいもあるのでしょうが、彼から「結局君は自分が大好きで、誰かに優しくしたり、誰かを愛したりすることができない人なんだよ」と言われ、ショックを受けました。
彼を思ってしてきたことはたくさんあるし、両親にも日々感謝して生きています。
だからこそ、何を思って言ったかわからない彼からの言葉は、本当に許せませんでした。
(女性/会社員)

言っていいこと、悪いことがある

彼も喧嘩で熱くなりすぎたのでしょうが、言っていいこと、悪いことがあるのは事実。
人格を否定するような言葉を言われたら、たとえ相手が恋人でも許せないこともあるのでしょう。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター