大人女子のためのWebメディア
検索
2022年11月25日更新

「いい男が見つかるまでの”繋ぎ”だった」綺麗な自慢の彼女…”付き合っていた本当の理由”を告げられ言葉も出ない!!

何気なく発言した一言が、思わぬ形で相手を傷つけてしまうこともあります。
どんなに好きな恋人でも、思いやりのない一言は傷つくもの…。
そこで今回は、「恋人に何気なく言われて許せないと感じた一言」をご紹介します!

   

上から目線の発言

私には不釣り合いなほどに綺麗でかわいい彼女だったのですが、付き合ってしばらくしたときのこと。
「あなたは滑り止めだった。良い男が見つかるまでの繋ぎのつもりだったけど、このままでも良いよ」と言われました。
ツンデレというわけでもなく、思っていてもそんなこと言うかと引いてしまいました。
(男性/会社員)

彼女の傲慢な態度にイラッ

一緒にいたいと思ってくれたのは嬉しいですが、「滑り止め」なんて言葉を使われると傷つきますよね。
彼氏を悲しませないためにも、こうした傲慢な発言をしないように気を付けるべきでしょう。

容姿をバカにする一言

ファッションセンス抜群の彼女と付き合った際に、恥をかかせないようにと、自分も頑張ってオシャレをしました。
あるとき、彼女にファッションのアドバイスを求めたところ、「あなたは体型がダサイから何を着ても似合わないよ」と一言。
そんなことを言われてしまってはもう何を頑張っても仕方がないですし、心ない発言が悲しく…。
彼女に恥をかかせないように頑張っていましたが、そこで一気に力が抜ける感じがして別れることに。
(男性/会社員)

頑張る彼氏を突き放す一言にがっかり

寄り添う彼氏の姿勢に見向きもせず、ただ突き放すような一言…。
力が抜けてしまうのも無理はないでしょう。
彼氏がアドバイスや悩み相談をしてきたときは、真剣に聞き入れてあげるといいかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター