大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月07日更新

お願い、バレないで!彼氏に内緒で”へそくり”を貯める彼女!?ちゃっかりした理由に衝撃!

大好きな彼に嘘をつくのはダメなのでしょうか…?
でも実は世の中の賢い彼女達は、自分が頑張りすぎないために、上手に小さな嘘をついている人も多いようです。
思わず笑ってしまう「彼氏についている小さな嘘」のエピソードを2選ご紹介します♡

   

彼に内緒で毎月10万円へそくり

同棲していた頃、お互いのお金をすべてまとめて、結婚資金を貯めようと話し合いました。

家計簿などをつけるのが面倒だった私は、細かいお金の計算が大好きな彼に管理してもらうことに。

私は給料が月50万円ほどあったのですが、彼には現金40万円だけ毎月渡し、残りの10万円はへそくりとして貯めていました。

結婚したら給料は共有の財産になるので、独身時代の貯金は確保したかったんです…!

(女性/会社員)

彼が知ったらビックリ!?

彼がもし彼女の多額のへそくりを知ったらきっとビックリするでしょう。

でも将来のことを考えてへそくりを貯めることは悪いことではないのかも…!

彼の家でご飯を作りたくない日は?

彼の家に行く前にスーパーで買い物をし、私が夕食を手作りして彼と一緒に食べるというのが日課でした。

でも疲れていて作りたくない日もありますよね。

そんなときは彼に「今日は友達とご飯を食べる約束をしたから、夕食を済ませてから行くね」と嘘をついていました。

実際はファミレスなどに途中で立ち寄り、サッと食事をしてから彼の家に向かっていたんです。

彼には会いたいけれど、ご飯は作りたくないという日についていた小さな嘘ですね。

(女性/主婦)

たまには嘘をついて手抜きをするのもアリかも

たまに手抜きをする方が、彼も彼女が作ってくれるご飯の美味しさにもっと感謝してくれるようになるかも…♡

彼のためにご飯を作ってあげるのは微笑ましいですが、たまには嘘をついて手抜きをするのもアリかもしれません!

いかがでしたか?

お互いがストレス無く過ごせるような嘘なら、たまにはついてみるのもアリかもしれませんね!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター