大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月16日更新

寝言で呼んだのは”知らない女の名前”!?彼氏の”開き直った発言”にドン引き…

浮気されてショックだった記憶は、ある意味一生忘れられないほど衝撃的なこと。
そこで今回は、彼氏に浮気されたエピソードを2つご紹介します。
興味のある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

嘘だらけだった彼の正体

職場恋愛で付き合った彼がいたのですが、すぐ嘘をつくタイプでいいわけも多い人でした。
仕事中に彼が腰を痛めて早退したという話を聞き、心配して連絡しましたが電話もLINEも通じず、折り返しの連絡もなし。
翌日、彼が仕事を休んでいると聞いて、再び連絡するとやっと繋がり「病院へ行っていた」と。
今どんな状態なのか聞いてみたところ、話が色々おかしいのです。
状況的に絶対違うのにヘルニアだと言われたとか、安静にしないといけないとか、すぐに嘘だとわかりましたが「お大事に」とだけ言って電話を切りました。
すると職場にいる彼の同僚が「奥さんから休みの連絡がきていたよ」と言っているのを聞き、驚いて耳を疑いました。
彼はまさかの既婚者だったのです。
(女性/会社員)

既婚者の浮気は嘘が増える

彼が嘘をつくタイプだったのは、単純に既婚者であること隠すために嘘を重ねた結果からなのでしょう。
なぜ既婚者だとバレないと思ったのか、嘘を平気でつく男性には要注意ですね。

寝言で呼んだ名前は誰?

3年ほど前の話になります。
私と元カレが学生だった頃、自宅デートをして過ごすことが多く、幸せな時間を過ごしていました。
ある日、彼が全然起きなかったため、私もまだ寝られると思って寝たところ「○○ちゃん」という彼の寝言が聞こえたんです。
慌てて彼をたたき起こし「○○ちゃんって誰?」と聞くと「なんのこと?」と何も知らないふり。
彼の態度を見て「問い詰めても無駄だな」と感じたので、自分の手で真実を見抜くことにしました。
携帯で探ってみると、彼がマッチングアプリをして浮気しているのが判明!
彼にLINEすると「お前なんて最初から彼女として見てないから!」という返信がきました。
こんなことなら、彼氏なんて作らなければよかった!
(女性/介護福祉士)

寝言でバレるとは彼も思わなかったはず

浮気相手の名前をうっかり寝言で言ってしまうなんて、彼自身も相当焦ったことでしょう。
バレたときの彼のセリフには、心底呆れてしまいますね。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター