大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月14日更新

私がデート代”全額”負担!?「元カノは払ってくれた」比較しまくる最低彼氏にうんざり!

お付き合いが長くなると、彼との価値観の違いに悩むことはありませんか?

自分が常識だと思っていることが相手にとって常識ではなかった場合、喧嘩に発展してしまうことも…。

今回は「それってどうなの?受け入れられなかった彼氏の行動」についてご紹介します。

   

「元カノは~…」

1年前に付き合っていた元彼の話です。

10歳ほど年上の方で、初めは上手くいっていました。

しかし、デートでかかる食事代などの費用はほとんど私の負担。

彼は私の5倍ほど稼いでいたのですが、いつも金欠だと言い、払ってくれませんでした。

せめて割り勘でと言ったら「元カノはデート代を払ってくれた」「デート代が払えないなら引っ越してくれ。そうしたら俺がそこに引っ越すから」と…。

その日から、ことあるごとに元カノと比較されてうんざりしました。

(女性/会社員)

元カノとよりを戻せば?

「元カノはやってくれた!」と主張する男性…。

「そんなに元カノが良いなら、よりを戻せば?」と思わず言ってしまいそうです。

元カノに執着するような彼氏なら、見切りをつけて別の男性を探すのも良いかもしれませんね。

痛いところをつかれて逆ギレ

感染症が流行り始めた頃、彼の職場は希望があれば休んで良いという会社でした。

彼は感染症が不安だったようで、会社を休むことを決意。

しかし、平気で友だちと遊んでいたので「不安だから会社を休んでるんじゃないの?」と聞いたところ「じゃあ遊ばなきゃ良いんでしょ!」とキレ気味に言われて呆れました。

私より2つ年上なのに、年下のように思えたので別れを決意…。

別れることができてすっきりしました。

(女性/会社員)

ただのサボりでは…?

感染症が心配で仕事を休んでいるはずの彼氏が、友だちと遊んでいると「仕事をサボりたいだけなのでは…?」と疑問に思ってしまいますよね。

彼女の指摘に対して、逆ギレをする男性…。

別れて正解だったかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター