大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月21日更新

一生許さない…!苦手な料理をがんばった彼女に“衝撃発言”…!→彼が帰ったあと、悲しすぎる結末…

信頼している彼氏だからこそ、どうしても許せなかったことってありますよね。

たとえ相手が恋人だとしても、言っていいこととダメなことがあるのは事実!

今回は、彼氏の絶対に許せない仕打ちを2つ、エピソードとしてご紹介します。

手料理を食べた彼の最低なひとこと

料理が苦手な私は、レシピ通りに作ってもなぜかおいしく作れません。

ですが、一生懸命作って上手になろうと自分なりに努力していました。

あるとき彼氏に料理を作ったんですが、彼の感想は「まずい」のひとこと。

まずいのは仕方がないことだけど、何のフォローもなくストレートすぎて悲しかったです。

彼が帰ったあと、残った料理はすべて捨てました。 それ以来、私が料理嫌いになったのは言うまでもありません。

(女性/主婦)

作ってくれた人の気持ちを考えてほしい!

誰にでも得意・不得意があるのは当然のこと!

料理が苦手な彼女なりに、頑張って作った気持ちをもっと考えてほしかったですね。

恥ずかしいのはどっち?

私は以前、足の靭帯を損傷し、素早く動けない状況にありました。

あるデートのとき、人が多く混雑している場所で、階段を上る必要があったんです。

しかし、私の足では1歩ずつゆっくり階段を上るしかできません。

階段を上る前、彼から「あの遅さでこの階段上るのか、恥ずかしいな」と、衝撃のひとこと!

恥ずかしいのは私なのに、彼がそんな風に思っていることにイラっとし、その日はほとんど口をきいてやりませんでした。

(女性/会社員)

もっと彼女のことを考えるべき

彼女の足の状態を配慮していたら、そもそも人混みのデートは避けてもよかったはず。

階段を上るのをサポートするどころか、周囲の目ばかり気にする彼にはガッカリして当然かもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター