大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 「スキが制御不能です」男性が本命女性に無意識にとってしまう行...
2022年12月21日更新

「スキが制御不能です」男性が本命女性に無意識にとってしまう行動3つ

無意識な行動は、自分でコントロールするのが難しいですよね。
だからこそ、男性の本音を知る絶好のヒントになります。
今回は、男性が本命女性に無意識にとってしまう行動を紹介していきましょう。

一緒に歩くとき速度が遅くなる

一緒に歩いているとき男性の速度が遅いと感じるなら、あなたに好意を抱いている可能性があります。
「少しでも長く一緒にいたい」「早く歩くとすぐ到着してしまう」という思いから、男性の歩みが無意識に遅くなる場合があるのだとか。
男性はできれば立ち止まって、ずっとあなたと話していたいのかもしれません。
歩みの遅さは、本命女性との離れがたい男性の気持ちを表しているのではないでしょうか。

目が合うと逸らすけどまた見る

男性は好きな女性をつい見てしまうのだとか。
しかし、目が合うと恥ずかしくて反射的に逸らしてしまうようです。
それでもまた無意識に見てしまうことがあります。
男性から目を逸らされると「嫌われてる?」と思うかもしれません。
しかし、何度も目が合ったり逸らしたりを繰り返すなら、男性からの好意のサインかもしれません。

「わかる」「オレも」など共感の言葉が増える

本命女性と仲良くなりたい一心で、男性が無意識に共感の言葉を言うことがあります。
集中して話を聞き、少しでも共通点があると「わかる」「オレも」と共感や肯定をしてくれるのだとか。
女性にとって共感は身近な優しさかもしれませんが、男性の中には特別な意味を込めている人もいるようです。
あなたの話にじっくり付き合ってくれ、たくさん共感してくれる男性がいるなら、好意が無意識に出てしまった可能性があります。

 

男性は無意識にとってしまう行動は「本命女性と一緒にいたい」「少しでも好かれたい」という思いから出るようです。
好きな男性がいるなら、あなたへの好意を見極めるヒントにしてはいかがでしょうか。

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 「スキが制御不能です」男性が本命女性に無意識にとってしまう行...