大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 勇気を振り絞って言ってます!男性が本命のみに言う異例なセリフ
2022年12月23日更新

勇気を振り絞って言ってます!男性が本命のみに言う異例なセリフ

「好き」という言葉以外のセリフで、男性が好意を伝えようとすることもあるようです。
男性からあまり聞かない発言をされたなら、勇気を振り絞って本命サインを送っているのかも。
そこで今回は、男性が本命のみに言う異例なセリフを3つご紹介します。

「君が彼女だったらいいのに」

男性から「君が彼女だったらいいのに」と言われたなら、かなり核心に迫ったセリフの可能性があります。
「例え話だから、他に好きな人がいるのだろう」と思うかもしれませんが、男性の本心かもしれません。
冗談っぽく言われたとしても、男性は勇気を振り絞って好意を伝えている場合もあります。
付き合いたい気持ちがゼロの女性に「彼女だったらいいのに」と男性は言わないのではないでしょうか。

「実は嫉妬してた」

男性が「実は嫉妬してた」と打ち明けるなら、本命のみに言う異例なセリフかもしれません。
好きだからこそ、男性はつい嫉妬してしまうのだとか。
しかし、嫉妬する自分の小ささに自己嫌悪することもあるようです。
そして、葛藤する自分を本命女性が不思議そうに見たとき、理由を説明する場合も。
嫉妬していた自分を情けないと思いながらも、不機嫌な理由を誤解されたくなくて、勇気を出して「嫉妬してた」と伝えるのかもしれません。

「君といるときが1番楽しい」

楽しい気持ちは、男性が本命に伝えやすい感情のようです。
しかし「1番」がついた場合、男性が勇気を振り絞った異例なセリフの可能性があります。
「君といるときが1番楽しい」には、男性の中であなたが特別な存在だという気持ちが込められている場合もあるのだとか。
男性は簡単に「1番」というセリフを使わないのかもしれません。

男性のセリフを「異例だな」と感じたなら、あなたへの特別な思いを伝えようとしている場合も。
異例なセリフが嬉しいときは、その気持ちを伝えると、心が通じ合うかもしれませんね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 勇気を振り絞って言ってます!男性が本命のみに言う異例なセリフ